◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
イタリア食材「ベリッシモ...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Provance / 南仏プロヴァンス

Estate/2005 

今年の夏もシモチャンの夏休みは、8月15日の週の一週間のみ。 イタリアはどこにいっても人はいっぱいだし、どこに行っても全てが高い。 イタリア人は夏=海というの脳ミソの構造で、イタリアの海にはうちの家族的には絶対行きたくない...ということで、Franceの Provance地方巡りをしたことなかった、私の意向で行き先決定。 シモチャンは、いわゆる「どーでもイイ」派。 文句は言わないし、どこに言っても楽しんでくれる超簡単だんな様♪ 

Aix-en-Provence

a0058148_20181455.jpg

メインストリートCours Mirabeau に噴水が並び、プロヴァンスらしいしっとりした風情。 さすが、この有名なセザンヌを生んだ町、絵のような美しさでした。 あふれる陽光8月の地元の人は全く居ない観光客のみの町ではなく、本来の姿が見たいなぁ、と... でも、素敵でした。



I'Isle sur la Sorgue

a0058148_20283944.jpg

ここは意外にも意外、本当に素敵なところでした☆ 8月の中旬にアンティーク市が開かれるとのこと。 これがこの旅の本命。 私とだんな様はアンティーク市のみを期待していましたが、小さな水に囲まれたこの町、本当に素敵でしたぁ。 午前中は、食料から雑貨までのマーケットに町中が早変り。 a0058148_23544735.jpg

午後は、静かな中アンティーク会場めぐり。
そしてゆっくりと、コーヒータイム。 でもやっぱりここはフランスで、イタリアのEspressoが飲みたい! でも、甘いもの至りのより格別に美味しいから、コーヒーくらい我慢。


a0058148_20382553.jpg
 
すると、午後遅くには町をぐるっと流れている川でなにやら大騒ぎ。 小さなボートのレースが始まりました。 誰が勝っていて、誰が負けてるのかは全く関係なく町中観光客も大声援!!! 私たちも負けずに、旅の恥はかき捨てといいまして... 「Vai,Vai,Forza!!!!!」a0058148_237569.jpg


人があまり周りに写っていませんが、ゴール地点には人があまりにいっぱいいて写真を取れる状況ではなかったので、場所を移して撮ってみました。



ここで撮った全ての写真を見せたーい☆
一日滞在の予定でしたが、翌日もホテルのあるAvignonから、車でまた次の日も戻ってきました。 車で2-30分だったかな...
Georgeも文句一つ言わず、付き合ってくれました。 Grazie.

www.oti-delasorgue.fr



Nimes

a0058148_23443274.jpg
ニームのコロッセオです。 ローマのものに比べると保存状態もよく、なんと言っても手入れが行き届いています。 Georgeは戦いがいつ始まるのか、本気で待っていました。 いくら説明してもわかってもらえなかった... ☆






Pont du Gard
a0058148_041990.jpg

あまりにニームが暑かったので、午後の4時ごろPont du Gardに向かいました。 ガイド本によると川遊びができるとのこと、Georgeも水遊びしたがったので、行き先決定♪
着いてみるとビックリ、広大な駐車場は完備されていて、人がたくさん。 この時間じゃなかったらきっと、駐車するだけでイライラして(ポジティブなシモチャンは意外と短気)帰ってたかも...

駐車して川の方に向かうと、ポン・デュ・ガール遺跡博物館まである! 
www.pontdugard.fr
5時半で閉館になってしまうので、中には入らずそのまま川へと。 a0058148_0131338.jpg
5分ほど歩くと、わぁっと景色が開け世界遺産の橋が見えてきて...すごい迫力。 どんな権力でこの橋を造ったんだろう...土木事業を得意としたローマ帝国の力を再認識。 建設はB.C.19年水源から50km西のニームに送るために造られたそうで... 本当にすごい、の一言。 
 
遊びたがっているGeorgeを連れて川まで下り、川岸にはまだたくさんの人たちが夕涼みしていました。
もう一度、ランチボックスもってゆっくりと行きたいなぁ♪ 博物館も見たいし...






Avignon

a0058148_03719100.jpg
14世紀から約100年続いた法王庁の宮殿Palais des Papesの前で。  
なんと外壁の高さは50mもあるらしい、とにかく広大。 革命のときに略奪、破壊があり現在残っているのは建物だけといってもいいくらいガラーン、としていました。 暑かったし、Georgeも歩き疲れてしまっていたので、電車型の市内観光カーに乗って一周しました。 一人8ユーロだったかな??  それに乗ると観光スポットをほとんど回ってくれて、らくちん。 あの歌にもなっていて有名な、アヴィニヨン橋Pont D'Avignonも連れていってくれました。

 
   ♪Sur le pont d'Avignon, on y dance y dance
      Sur le pont d'Avignon, on y dance tout en rond♪

a0058148_0374525.jpg17世紀に起きた大洪水の被害で橋の大半は流されてしまったそうです。 現在も橋としては使用できる状態では...ありません。 橋の写真は電車カーの中から。
橋の上にも行って見たかったですが、下からで我慢。
しっとりとした大人の町でした。 

そういえば、イタリアではほとんど見かけないヴェトナム料理のレストランが、さすがフランス!と言うくらいたくさんあり、特にプロヴァンス地方ではアヴィニヨンが一番多かったような気がしました。 もちろん、私たちもヴェトナム料理を、いただきました。o(=^○^=)o
www.avignon-tourisme.com



Marseille- la Ciotat

a0058148_138145.jpg

内陸部からMarseille-マルセイユに移動。 やっぱりこの暑さじゃ海が恋しい☆
しかし、マルセイユの街中は車で大渋滞。
小さな郊外の町に行こうと適当に車を走らせ、映画で有名なla Ciotat-シオタに到着。
こじんまりとしたヨットハーバー前のレストランでランチ。
海が大好きなGeorgeは超ご機嫌、普段あまり好きではない写真もこのとおり、撮らせてくれました。
a0058148_1382646.jpg
それから、シオタのビーチへ。 午後6時くらいまでのんびりと...(まだこんなに明るい!)


a0058148_139825.jpg夜は、
ホテルのあるマルセイユに向かう途中で入った海を見渡す高台のレストランで、ブイヤベースを堪能! さすが本場、美味しい、シモチャンもジョーも「Buonissimo!!」を連発。 きっとどこのレストランでも美味しいのでしょうが、オーナーがイタリア人だったのでイタリア語でOKだったのがシモチャンとしてはポイント高かった...英語もOK。


車でマルセイユへ行く際は、
◆Hotel Restrant Le Rhul◆
    269,Corniche JF Kennedy 13007 Marseille
                   ℡ 04 91 52 01 77   へどうぞ、お勧めです♪




Antibes


a0058148_1281936.jpgピカソの美術館があり、日本人にも有名な町。
ここはGeorgeのPadrini(ゴットファザーとゴットマザー)出身の町。 残念ながらこの町で会うことはできなかったけれど、彼らの空気は感じ取ってきました。 


ランチは、ごった返した中央市場の喧騒の中ムール貝のスープを食し、Georgeはイタリアが恋しいらしくPizzaを...

カンヌを小さくしたような宝石箱のような町。 家の装飾もこんなに洗練です。 色使いが私の住んでいるイタリアのトスカーナの油絵系とはまた違って、水彩画のよう。
a0058148_1284981.jpg















Nice


a0058148_2145139.jpg楽しかったこの珍道中もイタリア方面へと、終わりに近くなってきました。 最後はニースで生魚介類のカクテルを!! ということでいつもニースに来るたびに行く中央市場のレストランへ。 旧市街を歩き回り、おなかを減らし、魚介のカクテルで旅の終わりの乾杯をしました。 来年はどんな旅を計画しようかなぁ、と密かに考えながら...☆
a0058148_2141844.jpg
a0058148_18403971.gif


a0058148_18401996.gif
[PR]
# by mo1968 | 2005-08-21 20:17 | I Viaggi