◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






お気に入りブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
Bellissimo S...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イチジクとゴルゴンゾーラのオーブン焼き


今年の猛暑で、我が家の美味しいチェリーを実らせてくれる2本の木のうち1本が枯れてしまいました。
それに比べてイチジクの木は、今雨が降ったら雨水の重さで枝が折れてしまいそうな程に、たわわに実を実らせてくれています。
a0058148_4524123.jpg

日本からの帰りの飛行機の中で見つけたレシピで、リセルバの赤ワインがついついすすんでしまいそうな一皿を作ってみました。


Fichi alla Gorgonzola al Forno con Salsa di Aceto di Pomodoro e Miele


材料3人分
イチジク6個・ ゴルゴンゾーラ60g・ 干しぶどう大匙1・ トマトヴィネガー大匙3・ 蜂蜜大匙2・ 塩コショウ


よく洗ったイチジクを半分に切り、耐熱皿に並べ、塩コショウをします。
10分ほどぬるま湯につけて戻した干しぶどうを、上からちりばめます。
12等分にしたゴルゴンゾーラをイチジクの上に乗せて、180度に温めておいたオーブンでゴルゴンゾーラが溶けるまで焼いてください。
トマトヴィネガー(無ければ赤ワインヴィネガーでOKです♪)と蜂蜜をよく混ぜたソースを熱々の上に・・・



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_514738.jpg


う~~~~ん♪ イチジクの甘みとゴルゴンゾーラの塩分が程よく・・・なんともいえない美味しさです♡
ただ・・・
ちょうどオーブンからださなきゃいけないタイミングのときに、電話がかかってきて・・・・
ちょっと、タイミングを逃して、焼きすぎちゃったかも・・・・ ^~^lll
もう少しゴルゴンゾーラの姿が残ってたほうが、よかったかな?
それでも、お味のほうはとってもマイルド! しっかりキリッとした赤ワインにとってもよく合います♪



ところで・・・このトマトヴィネガーとは・・・・・
いつもお世話になっている ◆Mamma ho fame!!!◆ の Buongustaiaさんに教えてもらったもの。
イタリアに住んでいるわたしが知らなくて ^~^;  さすが、Buongustaiaさんです(*^-^*)
今では、バルサミコのように、なんにでもかけて食べちゃう♡ 大のお気に入りです♡
a0058148_521233.jpg






ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   



追記: 2007年9月11日

神戸にある 「ロッソ エ ビアンコ」 というお店で、このトマトヴィネガーが買えるそうです。
個人のお客様を対象に、全国に配送もしてくださるとか・・・♡
この方から、情報を頂きました♪ Grazie(*^-^*)
【ROSSO e BIANCO】 (ロッソ エ ビアンコ)
兵庫県神戸市中央区野崎通3丁目2-13  
TEL:078-241-0131
[PR]
by mo1968 | 2007-08-31 05:25 | L'Antipasto
夏野菜いっぱいの *カポナータ*


シモちゃんのMammaから、カゴいっぱいに新鮮な野菜が届きました。
たくさんの巨大Pomodori・トマトに、とっても皮の柔らかいMelanzane・ナスも山盛りです。

この野菜を、3人家族の我が家で消費する一番のいい方法は・・・
やっぱり、冷めても美味しいシチリア伝統料理の 「カポナータ」 かな?
わたしのカポナータは、ズッキーネを入れないオリジナルレシピから見ると邪道かもしれないけど・・・・ 美味しい野菜があれば、冷蔵庫と相談してなんだって入れてみてください!

ちょうど、ランチにFirenzeから 自転車娘フィレンツェを行く のYossyちゃんも、我が家に遊びに来てくれることになってるし♡ 
野菜をいっぱい食べて、きれいになりましょ~* (*^-^*)





Caponata al Profumo di Africa


材料
大き目のナス4個・ セロリ2-3本・ ズッキーネ3本・ たまねぎ1個・ ミニトマト20個・ 塩漬けケッパー大匙1・ 砂糖大匙1・ 赤ワインビネガー1/4カップ・ フレッシュバジル・ 塩コショウ少々

皮付きのナスを適当な大きさのさいの目に切り、塩水に1時間漬けます。
その後手でよく絞って、たっぷりの油でゆっくり3分ほど揚げ、油をよく切ります。
同じ油で、さいの目に切ったセロリ・ズッキーネ・たまねぎも3分揚げ、ナスと同じように油をよく切ります。
鍋にセロリ・ズッキーネ・たまねぎに、トマト・水洗いしたケッパー・塩コショウを加え、5分煮ます。
ナスを加え、さらに10分弱火で煮込んでください。
最後に砂糖・ワインビネガーを加え、さらに5分煮込みます。
室温くらいまで温度が下がったら、バジルを添えて♪



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6161662.jpg
わたしは、次の日の *きんきん*に冷えたカポナータが大好き♡
すっきりする、冷たいAcqua Gassata・ガスウォーターをお供に・・・・





ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-08-29 06:19 | L'Antipasto
日本もいいけど・・・・


日本に居たときは、 「日本で暮らせたらいいなぁ~」 と密かに思ったことも・・・・
だけど、トスカーナの田舎暮らしも、なかなか捨てたものではありません。

それぞれの国、それぞれの場所・・・

住めば都・・・とよく言ったものです。
a0058148_5321687.jpg

                                        Casa...Dolce Casa...








ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-08-27 05:36 | Le Mie Chiacchiere
Grazie♪ 


1年半ぶりの、1ヵ月半の日本滞在があっという間に終わってしまいました。
本当に早かった・・・・・

今回の滞在は、家族の一員が一人増えるなどの素敵な出来事もあり、家族と過ごす時間が多かったため、イタリアを出発する前は 「あのひとにも、このひとにも・・・」 逢いたいという気持ちがいっぱいだったのに、結局お会いすることができたのは、ごく一部・・・・・

それでも、遠くからわざわざ会いに来てくださった方々もいらして、感謝感謝♡です (*^-^*)
後ほど、皆様のブログにご挨拶に改めて伺いますので、ご無礼をお許しくださぁーい。



帰りの飛行機の中で、ブランケットをかぶって寝ているジョーたん君。
寝ているのかと思ったら・・・・・ 声を立てずに、大きな涙を流しながら泣いています。
「楽しい夏休みが、日本で過ごせてよかったね♪」 って、言いながら抱きしめてあげました。

それでも、食欲は別物・・・・笑)
a0058148_232551100.jpg
チャイルドメニューのPenne・ペンネのパスタも完食。 結構、美味しそうでしょう??? (*^-^*)
a0058148_23315574.jpg
でも・・・・







2度目の食事では・・・・







こんなものを食べていました・・・・・ 笑)
a0058148_23333919.jpg



ジョーたん君・・・ あなたやっぱり日本人なのねぇ・・・・ 笑)









ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-08-24 23:36 | Le Mie Chiacchiere
カツオのお刺身黒サマー・トリフ添え♪


今日は、女3人+ジョーたん君との楽しいディナー♪
久しぶりに、私の手料理で、ミニパーティーを・・・大丈夫かな? 
しばらく、料理を作っていないわたし・・・ちょっと腕がなまってないか不安ですが・・・^~^;

お酒を飲む二人のために、用意した一品は 「カツオのお刺身」。
イタリアンが食べたいという二人のために (*^-^*) イタリア風にアレンジします。


Sashimi di Katsuo al Tartufo Nero Estivo

材料 カツオの刺身・ きゅうり・ EVオリーヴオイル・ バルサミコ酢・ 薄切り黒トリフのオイル漬


きゅうりをかつら剥きにして、細切りにして氷水にさらします。
EVオリーヴオイル・バルサミコ酢を5:1の割り合いで混ぜ合わせ、きゅうりに合えます。
カツオの刺身をさらに並べ、塩で軽く味を調え、きゅうりをその上に盛ります。
最後に薄切り黒トリフオイル漬けを添えて・・・・・・


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_18164.jpg
黒トリフの登場に、歓声を上げて喜んでくれたお二方・・・・ (*^-^*)
喜んで食べてもらえるのが、いちばんです♪ イタリアから持ってきた甲斐があったわぁ~^-^)*


この「薄切り黒トリフのオイル漬け」は、残念なことに日本には輸入されていません。
値段がとんでもなく高くなってしまうので、入れることができないのが現状のようです。
どぉ~~~~~しても欲しい!! という方は、 Rossa Passione (←クリックでリンクします♪) のほうにコンタクトしてみてください。
もしかしたら・・・・特別に入手してくださるかもしれませんよぉ~♪ (*^m^*)





ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-08-08 00:45 | Il Secondo
帆立のカルパッチョ *バルサミコクリーム*


実家に、岩手から直送で こ~~~~んな♪ 美味しい、物が届きました。
a0058148_22413267.jpg

 
大きさを理解してもらえるように、卵を置いてみることに・・・・(*^-^*)
すごいBigサイズです・・・・
イタリアでは、帆立貝をあまり見かけないので、こんな大きな帆立貝・・・・
日本に帰ってきてよかったなぁ~~~~@^-^) と実感する瞬間です♪


Il Carpaccio di Cappezante alla Crema di Aceto Balsamico

材料 新鮮な帆立貝・ EVオリーヴオイル・ アンチョビ・バルサミコクリーム・ アサツキ少々


殻付の帆立を調理する場合は、大きななべにたっぷりのお湯を沸かし、殻ごと湯の中に入れます。
帆立の殻が、ぱくっ☆と開いた瞬間に湯から取り出し、身を貝殻からはずしてください。
a0058148_2248441.jpg
カルパッチョにするので、身を引き締めるために、冷凍庫に約10分入れてください。
その後、冷凍庫から取り出し、お好みの大きさに切りアンチョビをお好みの量帆立の間に挟みます。
EVオリーブオイル・塩を混ぜたドレッシングを上からかけます。
仕上げにバルサミコクリームをたっぷりとかけて、アサツキを散らします。
 


             Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_2256494.jpg



それにしても・・・日本の外食産業は、本当にすごい!!
外食の回数がどうしても多くなってしまいます。
日本で、美味しいご飯を作っていらっしゃる皆様に・・・・頭が上がりませんo^-^o






ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
励みになります! Grazie!(^_-)-☆
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-08-03 22:59 | L'Antipasto