◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
Bellissimo S...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ほうれん草ペーストのファルファッレ・マスカルポーネオレンジ和え


今日の夕方・・・
ブログでお友達になった paris-kyoto セ・ラ・ヴィ のステキなAtsukoさんご一家と、シエナ県にあるRapolano Terme・ラポラーノテルメというところでお目にかかってきました。
ラポラーノテルメの 「テルメ」 は、温泉のこと。
初めてお目にかかるのに、いきなり裸のお付き合いです (*^-^*) と言っても水着着用です、ご心配なく! 笑)
a0058148_7212512.jpg


午後の4時に待ち合わせ・・・・
Atsukoさんご一家は、パリからローマまで飛行機でこられて、そこからレンタカーを借りてトスカーナまでいらっしゃいました。
本当は、お出迎えするくらいじゃなくてはいけなかったのに、午後4時の待ち合わせに10分ほど遅刻してしまったわたしたち、イタリア組。 お待たせさせてしまいました。 ごめんなさい! ^~^;
夕食もいっしょにぜひしたかったのですが、都合が合わず、裸のお付き合いだけ 笑) でしたが・・・
とっても楽しい時間を、ありがとうございました♪ 次の機会を楽しみにしていま~す♥

Atsukoさんたちが泊まっていらっしゃるアグリツリーズモは、 オリーブとブドウ畑のあいだで の t-lifestyleさん にアレンジしていただいたそうで、とてもステキなところだと、仰ってました♪

ブログで世界が広がりますね~♥


午後のAtsukoさんご家族とのイベントの「温泉」もあるし、お昼はパスタで軽く済ませます。




Le Farfalle al Pesto di Spinaci con Crema di Mascarpone e Arancio


材料
ほうれん草のペースト用: 
生食用のほうれん草1握り・ パルメザンチーズ30g・ 松の実小さじ1・ EVオリーヴオイル大さじ5
マスカルポーネクリーム用: マスカルポーネ100g・ オレンジ果汁1/4個分


ほうれん草のペーストを作ります。
生食用のほうれん草をよく洗って、水を切ります。
パルメザンチーズ・松の実・パルメザンチーズ・オリーヴオイルをフードプロセッサーにかけます。
最後にほうれん草を加え、軽く2~3回まわして、フードプロセッサーの熱が伝わらないようにしてください。
マスカルポーネクリームを作ります。
マスカルポーネに、絞りたてのオレンジ果汁を混ぜてやわらかくなるまで混ぜてください。

茹で上がったファルファッレにほうれん草ペーストと、マスカルポーネクリームを混ぜて、盛り付けてください。

今回はよく分かるように、ほうれん草ペーストとマスカルポーネクリームを分けて盛り付けましたが、実際食べるときはよく混ぜて食べた方が、格別に素晴らしく美味しいです(*^-^*)♥



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_774944.jpg


よ~く混ぜて混ぜて・・・・・♪ 「これでもかぁ!」 というくらいまぜてぇ・・・♥ こんな感じにして、召し上がれ♥
a0058148_7101023.jpg
ほうれん草の甘味とオレンジの酸味。 パルメザンチーズの塩気とマスカルポーネの甘味。 最強コンビです♥
ぜひ、お試しあれ♪ (*^-^*)






                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-30 07:13 | Il Primo
チョコラート・フォンデンテのタルト


ジョーたん君がPasqua・イースターでいただいた、たくさんのチョコレート(←クリックでリンクします♪) をそろそろ本腰を入れて片付けないと・・・ と、やっと重い腰を上げました。 

イタリア語で、
ミルクチョコレートは、Chioccolato al Latte・チョコラート アル ラッテ。
ビターチョコレートは、Chioccolato Fondente・チョコラート フォンデンテ といいます。
  ちなみに、Chioccolatoの女性形のChioccolataを使うChiccolata Calda・チョコラータカルダは、ホットチョコレートのこと。 
  おうちで作る簡単チョコラータカルダも、そのうちご紹介しますね☆ 乞うご期待!?
 

もちろん、子供たちが好きなのはミルクチョコレートですが、中にはビターチョコレートのイースター卵もありました。
今日は、ビターチョコレートを使って、フランスのお菓子 簡単♪フォンダン・ショコラ を作ってみます。





La Torta di Chioccolato fondente alla Francese

材料18cm型
チョコレート200g・ バター200g・ グラニュー糖140g・ 卵3個・ 小麦粉8g・ オレンジピール少々

チョコレートは湯煎で溶かし、溶かしバターを加えながらゆっくりと混ぜます。
バターがチョコレートにしっかりなじんだら、溶き卵・グラニュー糖・小麦粉の順に加えていきます。
削ったオレンジピールを加え、160℃に温めておいたオーブンで45~50分じっくりと焼きます。
途中表面が焦げてしまう場合には、アルミホイルをかぶせてください。
焼きあがったら、オーブンからだし型に入れたまま冷ましてください。


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_67383.jpg
このお菓子は、ジョーたん君が大好き♥
これを作ると、 「ママ、今度はいつ作ってくれる???」 と聞いてきます。
でもねぇ・・・・ママとしては・・・・・
「こんなにハイカロリーのものは、出来れば作りたくないのよ・・・・・」 と心の中でつぶやきます。
こんなにバターを使ってお菓子を作れば、美味しいのも当然ですけどね(^_-)-☆
と言うことは・・・・買って頂くいわゆる高級フランス菓子のレシピを知ったら、きっと恐ろしいことになるんでしょうね☆

そういえば、フィーユさんも、 ドライフルーツのショコラ(←クリックでリンクします♪) 作ってらしたなぁ。
フィーユ姐さんのレシピも、こんなにバターたっぷりかな? ちょっと覗いてみましょ~ ^-^♪




                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-29 06:18 | Il Dolce
豚肉のスカロッピーナ・白ワイン風味


今朝はちょっと、いつもと違う空気。
天気が変わりつつあるのかなぁ・・・・・・ と思ったら、思った通り。 午後には雨が降り始めました。

ここで田舎暮らしをはじめてから、天気の変わり目までわかるようになってきて、自分でもびっくりします。 笑)
日本にいたときは、そんなことも考えてもいませんでしたが、天気が生活のリズムを変える影響が大きい田舎暮らしは、まるで大きな大きな野外教室のようです。
改めて、自然の偉大さと、大切さを感じます (*^-^*)

お昼は、久しぶりにセコンドのワンプレートランチ* 
旬の、グリーンアスパラを添えてみました♪


Scaloppina al Vino Bianco


材料 2人分
とんかつ用の豚肉(薄目のもの)6枚・ 小麦粉・ 白ワイン・ 塩コショウ・ レモン汁小さじ1・ バター小さじ1


豚肉を肉たたきで叩いて、薄くのばします。
豚肉の表面に軽く塩こしょうをして、両面に薄く小麦粉をまぶします。
フライパンにサラダ油小さじ1を加え、豚肉を入れて、強火で狐色になるまで焼きます。
白ワイン大さじ1を加えて弱火にして、アルコール分を飛ばして火を止め取り出します。
フライパンにレモン汁とバターを加えて、極弱火でトロリとするまでかき混ぜ、肉の上にかけてください。


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6515728.jpg

添え付けのグリーンアスパラは、硬めに茹でてアンチョビ入りオランデーゼソースをたっぷりと・・・♥
以前ご紹介した、 Salsa Olandese・オランダソース (←クリックでリンクします♪)のアレンジ版です☆
アンチョビ入りオランデーゼソースの作り方は・・・・
卵黄2個・ バター60g・ アンチョビペースト小さじ1・ にんにくペースト小さじ1を弱火にかけながら、とろみが付くまでよく混ぜてください。 





                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-28 06:54 | Il Secondo
シチリアオレンジのシャーベット*


南仏でジョーたん君がどうしても欲しがったものがあります。
なんだか、趣味が私といっしょなので、ときどき 「ドキッ♥」 っとすることもしばしば・・・・
それもやっぱり母親の影響が大きいということの、証明なのでしょうか。 (*^-^*)

そういえば、5歳のときのクリスマスに、
         ジョーたん君    「サンタクロースに大きい手袋持ってきてもらうんだ!」
         Mamma         「どうして大きい手袋?」
         ジョーたん君    「ママがオーブンから焼けたお菓子を取り出すときにお手伝いするの!!」
         Mamma         「・・・・・^-^♪」
                            というエピソードもあったほど、料理には興味があるようです。


今日のシェフは、ジョーたん君♪
南仏で買った、キッチングッズを使って、オレンジのシャーベット(アイス・キャンディー)を作ります。 



Ghiacciolo all'Arancia di Sicilia


材料 スティックアイスキャンディー6本分
シチリアブラッドオレンジ2個・ 色の薄い蜂蜜15ml

オレンジを絞り、蜂蜜をよく溶かします。
そして・・・・型に流しいれ、数時間冷凍庫に入れ、固まるのを待つだけ♥
     ◇シャーベットにするには◇
        オレンジ果汁に蜂蜜溶かしたものを、蓋の閉まるタッパーなどに入れて、1時間冷凍庫に入れます。
        スプーンでざっくりかき混ぜ、また冷凍庫へ。 
        キメの細かいシャーベットがお好みの方は、ブレンダーなどで混ぜると、トロトロになります。
        もう一時間後にもう一度かき混ぜ冷凍庫へ戻すを繰り返してシャーベット状にしてください。



                   
                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_4511547.jpg
シェフのジョーたん君も、ご満悦のご様子・・・・ (^m^)♪
オレンジを絞った後の後片付けも、ちゃんと自分でしてくれました。
誰かが言ってましたっけ・・・・ 「料理は、片づけまでして料理」 だと・・・・ い~こと言うなぁ~♥

a0058148_535468.jpg
ローマ時代の貴族たちは飛脚に山の雪を運ばせ、フルーツの果汁をかけて食したとか・・贅沢ですね ^~^; 
現在では、こういうシンプルなものも買ってしまいがちですが、自分で作ると簡単だし美味しいことに気が付きます (*^-^*)
こんな美味しいものが手軽に作れるって事を、忘れていたような気がします。
このアイスキャンディーの形はグレープなので、葡萄の季節になったら葡萄ジュースで作ってみましょう (^-^♪
・・・・・・ジョーたん君の楽しみが、また一つ増えました。                    






                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-27 05:10 | Il Dolce
ツナ・ポロ葱のリコッタ・パイ♪


家の外に出ると、外の空気はさわやかな甘~い香りで包まれています。
その正体は・・・・・
a0058148_5594887.jpg
何のお花かお分かりになる方もたくさんいらっしゃると思います。 (*^-^*)


そう、この花は・・・・Fiore di Sambuco・エルダーベリー・フラワーです♥
ヨーロッパでは、ジュースにしたりジャムにしたり・・・ 用途の幅広い植物です。
去年は、 「エルダーベリー・フラワーのフリット」 も作りましたっけ・・・♥
a0058148_694340.jpg
                   今年は何を作ろうかな・・・・? ^m^ムフフ♪


今日は・・・・・
シモちゃんから、あるリクエスト。 「甘くないパイがお昼に食べたい!」 とのこと (^-^♪
まずは冷蔵庫と相談しなくっちゃ・・・・笑) ゴソゴソ・・・



La Torta di Ricotta Salata con Tonno e Porro


材料
冷凍パイシート・ ポロ葱1/2本・ ツナ缶120g・ リコッタチーズ200g・ 卵1個・ 塩こしょう


ポロ葱を細切れにして、オリーヴオイル小さじ1でしんなりするまで炒めます。
粗熱を取り、よくほぐしたツナ缶・リコッタチーズ・卵と一緒によく混ぜ、最後に塩コショウで味を調えます。
解凍した冷凍パイシートを、18cmくらいのパイシートより一回り小さい耐熱皿にセッティングして具を載せ、最後に余っているパイでひだをつけながら閉じて行きます。
160℃に温めておいたオーブンで25~35分焼いてください。


                    
                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6262455.jpg
         ただ混ぜるだけで、こんなにクリーミーで優しい味のホットパイが出来上がります。
                もちろん、冷めても美味しいですよぉ~♥ (*^-^*)






                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-26 06:38 | L'Antipasto
ボリュームたっぷり* キャベツのクリームパスタ


少しづつ余った、乾燥パスタの残りはどうしていますか?

イタリアの家庭では、時に2~3種類の乾燥パスタを取り混ぜたものが出てきます。
茹で時間12分・8分・6分などなど・・・・
パスタの種類によって茹で時間が変わるので、時間差攻撃しなくっちゃいけないんですけど・・・・^~^;
いろいろパスタだと、ジョーたん君が喜んでくれるし、余ったパスタは片付くしっ♥
                                Mammaとしては、嬉しいことがいっぱいです ^-^♪


La Pasta al Crema di Cavolo

材料 キャベツ1/6個・ にんにく1片・ ポロ葱5cmまたは小たまねぎ1個・ アンチョビ少々・ 薄切り牛肉50g・ 小麦粉大さじ1/2・ 生クリーム100ml・ 白ワイン100ml・ 塩コショウ・飾り用ルーコラ

にんにく・ポロ葱・アンチョビを細切れにして、大さじ1のオリーヴオイルでゆっくり炒めます。
牛肉を細く切り、小麦粉を溶いた白ワインに和えて、ポロ葱と一緒に中火で炒めます。
牛肉に火が通ったら、細切りにしたキャベツを加え、しんなりするまで火を通します。
いったん火を止め、生クリームを加え、塩コショウで味を調えてください。
パスタが茹で上がったら、水をよく切り、クリームソースをよく和えて下さい。
ルーコラと一緒にお皿に盛ってください。


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_1484568.jpg
実はこのレシピ・・・・
我が家の乾燥パスタの在庫が少なかった時に、どうやってボリュームをつけようかと考えてできたレシピ♥
その時冷蔵庫に入っていたキャベツでボリュームをつけて、クリームソースにしてみました。
 (*^-^*)
クリーム系のものが好きなジョーたん君も、いっぱい食べてくれるので、レシピ成功例かな? 笑)




                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-25 01:55 | Il Primo
簡単でも贅沢!? 黒トリフ&カルパッチョ


このところ流行っているインフルエンザは、喉にくるようです。
わたしも例に漏れず・・・ 早速のどの痛み。 それも、すごい痛みなんです・・・

そんなことを言い訳に、近所のお肉屋さんでカルパッチョ用の肉を買ってきて、簡単にお昼を済ませちゃおうという計画・・・
そういう時は、美味しいパンとカルパッチョ好きなシモちゃんは、カルパッチョ一皿で大満足ですが、ちょとしたテクニックを使うことに (*'m')ふふっ♪



Carpaccio di Manzo con Carpaccio di Tartufo Nero Estivo


材料 カルパッチョ用の肉・ バルサミコ酢・ レモン少々・ 粉パルメザンチーズ・ EVオリーヴオイル・ 黒トリフのカルパッチョ(薄切り)EVオリーヴオイル漬け

カルパッチョ用の肉全体に軽くレモン汁を絞り、お皿に並べます。
その上から、バルサミコ酢をかけてください。 (我が家はスプレー式のバルサミコを使っています)
軽く塩を振り、その上から粉パルメザンチーズをたぁ~っぷりかけてください。
そして、黒トリフの薄切りを並べ、ついでにトリフの香りたっぷりになったトリフオイルもかけてください。
その上から、お好きなだけ、EVオリーヴオイルもまた・・・たぁ~~~~~っぷりと♥



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_60769.jpg
もぉ~、たまらない美味しさ♥ 味覚・嗅覚・視覚から攻めてきます! 笑)

この黒トリフのカルパッチョの瓶詰めは、以前にもお話した、私の友人(←クリックでリンクします♪)が自社工場で作っているもの♥
彼は、トリフの師匠・Maestroと言われるくらいトリフに詳しく、イタリア各地のトリフ狩人との交流もあります。
フレッシュなうちに、即座に加工しているため、風味は抜群。
a0058148_682812.jpg

もう他のメーカーのトリフの加工品は、あまりに差を感じてしまって食べれなくなってしまったほどです。
まだ、日本ではあまり親しみの薄い「トリフ」。
この美味しさを分かち合いたいという、大きな野望を抱いている今日この頃です(*^-^*)かな?





                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-24 06:05 | L'Antipasto
ほうれん草とたまごのココット*



最近お野菜を食べなくなってきたジョーたん君。
小さいときは、スティック野菜とかよく食べてたのに・・・・・^~^;

でも、このたまごで隠されている、パンチェッタの入ったほうれん草クリームのココットはよく食べてくれます。
困ったときの、お助けメニュー♪ (*^-^*)



Uova in Cocotte con Spinaci e Pancette

材料 8cm型のココット3個分
冷凍茹でほうれん草120g・ バター大さじ1・ パンチェッタ適量・ 卵3個・ 粉パルメザンチーズ大さじ3・ にんにく1片・ 生クリーム大さじ3・

にんにく・パンチェッタを細切れにして、バターで軽く炒めます。
そこに解凍したほうれん草を加えて5分ほど弱火にかけ、ブレンダーでクリーム状にしてパルメザンチーズ生クリームを加えてよく混ぜ、塩で味を調えます
ココットにバターを塗りつけ、ほうれん草クリームを2/3まで入れます。
その上から卵を落とし、卵の破裂を避けるために、楊枝などで卵の黄身に2~3箇所穴を開けてください。
160度に温めておいたオーブンで、お好みの卵の硬さになったらオーブンから出してください。


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_5452585.jpg
ジョーたん君は、固めの卵がお好みで・・・・ オットのシモちゃんは、超半熟状態がお好みです・・・ 
あ~めんどくさい・・・^~^;
そして私は・・・・ どっちでもいいやぁ! (*^-^*) 皆さんの卵へのこだわりやお好み・・・は???




                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-23 05:48 | Il Secondo
*リンゴのホット・クラフティー*


今日は、29度近くまで気温が上がったトスカーナ。
本当に、日差しが強くって・・・・ 庭仕事も帽子無しではできないくらいでした。
満開のPeonia・牡丹も、強い日差しに負けそう。
a0058148_5333339.jpg



日陰に入ると... サラサラと心地いいゆっくりとした歩調の風が、疲れた体を癒してくれます。
でも・・・5分も経つとちょっと寒くなるくらい・・・
日本に比べると湿度の低いヨーロッパでは、どんなに暑くても日陰に行くと涼しい・・・って経験をされたことはありませんか?

たくさん庭仕事した後のオヤツに・・・・
納屋で見つけたシワシワになってしまったリンゴを使って、クラフティーを焼くことにしました。
「あ~、もったいない」病の私が、オット・シモちゃんが捨てようとしていたリンゴを助け、新しい息を吹きかけたのです・・♥ 笑)


Clafouti alle Mele

材料 <18cm型> 
リンゴ2個・ 卵2個・ 砂糖大さじ6・ 薄力粉20g・ アーモンドパウダー20g・ 生クリーム80g・ 牛乳160g

リンゴの皮を剥き、1/4にカットしてさらに1/3にします。 レモン水につけて置いてください。
卵・砂糖・薄力粉・アーモンドパウダー・生クリーム・牛乳をよく混ぜます。
型にバターを塗って、リンゴを敷き詰めます。
その上から生地をゆっくり流し込み、170度に温めておいたオーブンで、20~30分焼いてください。


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_5564093.jpg
型に入れたまま、少しのあいだ置いておいて・・・・
*ほんわり*温かい温度で、いただきました。 冷たいクラフティーも美味しいけど・・・
温かいクラフティーも、のどに優しくって美味しい (*^-^*)
粉砂糖をさっとかけていただきました♥

                              これで・・・庭仕事・・・もう少し続けられるかな? 笑)
 




                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-22 06:02 | Il Dolce
ホタテのスパゲッティ サフラン風味


                       もうすぐジョーたん君は7歳。

                 だけど・・・たまに・・・こういうこともあるんです (^-^;
a0058148_621257.jpg
私が一人でPCに向かっていた午後11時ごろ 「ママ・・・一人じゃ寝られない・・・ママと一緒に寝たい・・・グスン」
こんなことも度々ですが、今のうちだけかな?
ついつい 「じゃぁ、ママたちのベットに行っていいよ^^」 と言ってしまいます。
ベットに入ったとたん、さっきまで泣いていたジョーたん君は笑顔に変わり、嬉しそう。 (*^-^*)
一体いつ頃まで、ママたちと一緒に寝てくれる寝るのでしょうか ^-^???




「日本では簡単に手に入って、トスカーナではなかなか手に入らない食材」 の一つに、「ホタテ」 があります。
以前ご紹介したオランダの水産会社に頼んで買うか、たまたまお魚屋さんで新鮮な貝つきの  超高いCapezante・ホタテを買うか・・・ (↑クリックでリンク♪)
ところが! あまり近寄らない冷凍食品売り場で、「冷凍ホタテ」 が売っているのを発見しました♪ (*^-^*)
a0058148_6253232.jpg
もうなんて嬉しいんでしょう♥ 肝もちゃんと付いてるし、茹でたホタテではなく、フレッシュなホタテです。
これは、ホタテの味を楽しめるレシピでいただきたいものです・・・♥ よぉ~し、やってみるかっ! 笑)



Spagetti alle Capezante allo profumo di Zafferano

材料 3人分
生ホタテ6~8個・ エシャロットもしくは小たまねぎ1個・ にんにく2~3片・ サフランパウダー小さじ1/2・ 白ワイン1/2カップ・ マスカルポーネチーズ大さじ2・ バター大さじ2

エシャロット・にんにくを細切れにし、バターと弱火でゆっくり炒めます。
縦に4等分にしたホタテを加え、バターがしっかり絡まるようにホタテに火を加えます。
ホタテに火が通ったら、白ワインを加えアルコール分を飛ばします。
一度火を止め、マスカルポーネ・サフランパウダー・パスタの茹で汁大さじ1を加えてよく混ぜたものを、ホタテによく混ぜ合わせます。
パスタが茹で上がったら、火にかけながら30秒ほどホタテ・ソースを絡めてカイエンペッパーを振って・・・


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6482981.jpg
シンプルだけど、コクがあって、上品な味・・・  あ~、本当に美味しかった~♪
今もここで、シモちゃんが後ろで 「Oh~....come era buono!!! Mangerei anche adesso!」
「あ~、美味しかった、今また食べたくなる!」 といっています・・・ 深夜12時です・・・ ^~^;
                                  でも・・・・気に入ってもらえてよかったっ(^_-)-☆

今日の反省点・・・カイエンペッパーではなく、それこそこの前話題になった のびるや万能ねぎ をあわせたら味が引き締まったかも♪



                ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいっ*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-04-21 06:54 | Il Primo