◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
Bellissimo S...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
*白いんげん豆とルーコラのサラダ* 


イタリアでサラダ・Insalataといえば、ボウルに生野菜が入って、オリーブオイル・ワインビネガー・塩コショウのセットが一緒に現れるのが普通・・・・

南イタリア家庭料理のブログ ◆Mamma Ho Fame!!!◆ のBuongustaiaさんもそのことについて ◆プンタレッレのサラダ◆の記事 で触れていましたっけ・・・・

イタリアで、サラダを注文すると、 こんもりと盛ったサラダの横に、塩、コショウ、EXVオイル、ワインビネガーが添えられ、食事する際に、各々が、好みの加減に味付けをして食べるのが通常。

ニッポンのように、「ノンオイルドレッシング」、「青シソドレッシング」「ゴマドレッシング」、「フレンドレッシング」・・・・・・・・・・acc なんて種類はございません。

塩・コショウ・EXVオイル・ワインビネガー 一本槍りです。

最初は、不便と物足りなさを感じてましたが、慣れると、これほど、野菜自体を味わえる味付けは無いような気もします。

さすが、Buongustaiaさん! 日本に住んでいらしたって、イタリアの状況をよくご存知です ^^!!
私もイタリアに来た当時は、ドレッシングなしでは物足りなくって、いろいろ手作りドレッシングを作っていましたが、今では・・・・すっかり・・・・オリーブオイル・ワインビネガー・塩コショウのセットの虜となっております (^~^;

なので・・このブログ開設当初から遊びに来てくださっている 英語オタクな私の使えるはず・・英語表現♪ Serendipityさんから、「サラダのレシピを・・・♪」 とリクエストいただいたときはちょっと戸惑ってしまいました。
日本の方にはちょっと馴染みの少ない、イタリアの食材を使って・・・・ こんなサラダでいいかしら???


L'Insalata di Fagioli e Rucola


材料
茹で白いんげん豆・ ルーコラ・ トロペアたまねぎ・ ビーフコンソメゼリー寄せ

まずは、聞き慣れない食材をさっとご紹介します。

トロペアたまねぎ・Cipolla di Tropea
南イタリアのカラブリア州(イタリア地図のブーツのつま先部分)のトロペアという町の特産品のたまねぎ。
通常のたまねぎよりのお値段ちょっと高めですが、サラダには欠かせないたまねぎです。
小さくて、紫色・・・ 味のほうは、辛味がまったく無く甘くて、しゃきしゃきな食感は、まさにサラダ向き♥です。
a0058148_16151977.jpg

ビーフコンソメゼリー寄せ
これは、イタリアのいろんなメーカーが出している、牛肉のコンソメゼリー缶詰め。
脂肪分がほとんど含まれていなくて、暑い季節になると、こうやってサラダと一緒にしてランチを済ませてしまうこともしばしばです。 (決して手抜きではありません!! ^~^;)
メーカーによって、コンソメの味付けが少しかわりますが、わが家のお気に入りの "MONTANA" は、蜂蜜とマルサラ酒で風味付けしています。
a0058148_16253285.jpg


・・・・
あとは全ての材料をお皿に盛るだけ♪ 
味付けはもちろん! オリーブオイル・ワインビネガー・塩コショウのセット で!!
ワインビネガーをバルサミコ酢にすると、さらにコクが出て美味しいです♪


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_16333061.jpg

もぉ~、十分・・・
これだけで、美味しい赤ワインの肴になりそうです・・・・(*^-^*)


日本で手に入るかちょっと調べてみたんですけど・・・・
日本には輸入されていないみたい・・・ (^~^;  あ~、残念! 誰か日本で売ってくれないかしらぁ~???
ということで、Serendipityさん! あまり参考にはなりませんでしたが・・・ 大目に見てやってください^~^;



                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-30 16:40 | L'Antipasto
エスプレッソ・キャロット・ケーキ


今日のお買い物は・・・・ いつも、畑に使う種を買いに行く、村の小さな・ちぃ~さな商店♪
自分のところで採れた野菜も売っている時もあるのです。
今日はそこで、なんだか久しぶりに、太くて色のきれいなにんじんを見つけました。

フレッシュにんじんジュースにしたら美味しそう・・・♥ (*^-^*)

家に帰ってくると・・・・ 「キャロットケーキを作ろう!」 と思いつきました。
先日、kichi-kitchenのフィーユさんの キャロットケーキ・ライムジェリー添え(←クリックでリンク♪) 見て以来作りたかったんです・・・♥

エスプレッソを加えて、味にメリハリをつけ、マスカルポーネクリームでコーティング♪
*外はサクッ*中はシットリ* の・・・・・・・・・おいしぃ~~~~い レシピがあるんですよぉ♥



La Torta di Carota con Profumo di Caffe' Espresso

材料 
小麦粉120g・ 砂糖120g・ エスプレッソコーヒー/デミタス1杯分・ にんじん200g・ 植物油135g・ 卵2個・ シナモン小さじ1・ 重曹小さじ1
マスカルポーネチーズ150g・ グラニュー糖大匙3・ クワントロー小さじ1

にんじんをフードプロセッサーで、細かく刻みます。
小麦粉・重曹をよく振り、シナモン・砂糖を加え、にんじんに混ぜ合わせます。
熱くないエスプレッソ・植物油・卵を軽く混ぜ合わせ、生地に練りこんでいきます。
(生地を混ぜる行程は全てフードプロセッサーでできてしまいます ^-^♪)
型にバターを塗り、小麦粉を薄くバターの上に振り、生地を型に流し込みます。
160度に温めておいたオーブンで、30~35分焼いてください。
マスカルポーネ・グラニュー糖・クアントローはよく混ぜて、焼きあがるまで冷蔵庫へ入れて置いてください。
焼きあがったら、型からすぐに出し、網の上で冷まして、マスカルポーネクリームを塗ってください。
食べる直前まで、冷蔵庫に入れて置いてくださいね☆




                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_583962.jpg
にんじんの甘みと、エスプレッソの引き締まった香り♥ それに、冷たく冷やしたしっかりとした食感のマスカルポーネクリームが、なんともいえない *危険な* 美味しさ (^-^♪
ついつい・・・もう一切れ食べたくなっちゃいます!
ヘルシーなんだか、高カロリーなんだかわかりませんが・・・^~^; 
そんなことはもおぉぉぉぉ・・・ど~でもよくなっちゃうくらい、とにかく美味しいっ♥

あぁぁぁ・・・・これでまた、スポーツジム行きの日が一日増えそうです! 笑)






                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-29 05:15 | Il Dolce
*自家製ヨーグルト*

 
お誕生日に・・・
スポーツ・ジム友達から、こんなプレゼントをいただきました。
a0058148_2214629.jpg
*Yogurteria* ヨーグルトメーカーです♥
美容と健康に気を使う、イタリアの朝ごはん・Colazioneにも 絶対!! 欠かせないヨーグルト!
ヨーグルトが大好きな私にとっては・・・なんとも嬉しいプレゼント。
しかも、*手作り* という私の心をくすぐるポイントを知っているよう♪ (*^-^*)


Lo Yogrut fatto in Casa

材料 牛乳1L・ プレーーンヨーグルト大匙2

牛乳に大匙2のヨーグルトをよ~く混ぜ、ヨーグルトメーカについている容器に移し、電源を入れ、8時間から12時間待つだけ♪
そして、冷蔵庫へ入れて、最低3時間固めるために寝かせます。
                 


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_2344933.jpg


ちなみに・・・
ヨーグルトは、牛乳が40~50度の温度で発酵して、柔らかい固まりになったもの。
世界には、乳牛以外に、馬・山羊・水牛・ラクダ・羊の乳で作ったヨーグルトがあるそうです。
もちろん、大豆の豆乳からも作ることができます。 (←といっても、わたしはまだ未体験ですが・・・^-^♪)
牛乳からリコッタチーズを作るときには、レモンの酸を加えて凝固させますが、ヨーグルトの場合は、善玉菌の「乳酸」が使われます♪
少量の「乳酸」菌を含む、ヨーグルトを牛乳に混ぜることによって、菌を増殖させてヨーグルトを作る仕組みなんですね・・・・ 自然の力は偉大です(*^-^*)

なんか単純な仕組みだけど、自分でこんなに手軽に作れるとは知りませんでした。 ^0^*
私の場合は、脱脂ミルクを使うことによって、脂肪分の少ないヨーグルトを安心していただくことができちゃうのが、嬉しい♥
フルーツを入れて、フレーバーヨーグルトもできるそうで・・・・
しばらくは、このヨーグルトメーカーで楽しめそうです♡ 

手作りヨーグルトで検索してみると、このヨーグルトメーカーが無くても手軽に作れるそうです♪
よかったら、 必見! 目がテン!?ライブラリー (←クリックでリンク♪) を参照してみてください♥



                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-28 02:51 | Il Dolce
カルチョッフィのスパゲッティ *バーニャカウダ*風味


Mercato・市場で、小ぶりの安いカルチョッフィを見つけました。
1kgで、200円くらい♪ 
日本で買うと恐ろしくお値段の高いカルチョッフィも、こちらでは手軽に買える、旬野菜なのです♥
それを・・・・・・頂かない手はありませんね ^-^ !


カルチョッフィのパスタ。 わが家の定番パスタですが、日本ではなかなか高くて手に入らないこのお野菜も、少量でカルチョッフィを楽しめるレシピをご紹介します♪
去年もちょうどこの時期に アンティーチョークのスパゲッティ (←クリックでリンクします♪) を作ってご紹介しました。 毎年の行動が同じで・・・笑ってしまいます♬ 笑)



Gli Spaghetti al Carciofi con Salsa di "Bagna Cauda"

材料 二人分
カルチョッフィ2個・ バーニャカウダソース・ にんにく1片

にんにくひとかけらをごく少量のオリーブオイルで香りを炒め出し、アンティーチョークは周りの硬い部分の葉を取り除き、上部とがった部分を(全体の1/3位)カットします。
詳しいカルチョッフィの下準備の仕方は カルチョッフィ◇アンティーチョーク◇朝鮮アザミ (←クリックでリンクします♪) を参考にしてください。
柔らかい部分だけになったカルチョッフィを半分にしてから、薄切りにし、にんにくオイルで炒めます。
バーニャカウダソースを加え、味を調えて、パスタがアルデンテに茹で上がったところで、パスタの茹で汁を大匙2杯分くらいをアンティーチョークのほうへ足し、ゆっくりと乳化させてください。
フレッシュEVオリーヴオイルをた~っぷりかけて・・・・*



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_518154.jpg

この、バーニャカウダのソースは、いわゆる 「にんにくとアンチョビのソース」。
本来は、このソースを温めながら、生野菜につけて頂く、北イタリアのレシピですが、このソースなかなかの優れものなんです♥
こうやって、パスタの味付けに使ったり、サラダに一匙加えるだけで、コクがたぁ~っぷり♪
いつも、南イタリアのマンマのレシピを紹介してくださる、◆Mamma ho fame!!!◆ のBuongustaiaさんが、 『 野菜 ニンニク 』  イタリア冬の鍋。 ◆バーニャ カウダ◆ (←クリックでリンク♪)で写真付きで丁寧にご紹介してくださっています♪
私は・・・手抜きで・・・ (^-^♪ Buongustaiaさんに、お願いしちゃいまぁ~す♡

Buongustaiaさん風バーニャカウダ・ソース
      
ニンニクは、半分にカットし、芽を取り除く。 ひたひたの量の牛乳を加えて煮立て、何度か煮こぼして、柔らかくなるまで煮て、すりつぶしておく。
アンチョビは、細かく叩いておく。
チーズフォンデュ用等の鍋に、すり潰したニンニク、細かく叩いたアンチョビ、EXVオイルを加えて、火にかけ、よく混ぜながら、アンチョビガーリックソースを作る。



このやり方で作ると、カルチョッフィも少量で、満足できるパスタソースが出来上がります♪
い~っぱい、イタリアの味を楽しんでください (^_-)-☆





                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-26 05:30
*苺のティラミス*


今年もやっぱり・・・・・
この季節になると、このピンク色のティラミスが食べたくなります♥

去年、この *春色 苺のティラミス*(←↓クリックでリンクします♪) をご紹介したときには、
a0058148_17384128.jpg
          ◆MAMMA ho fame!!!◆ のBuongustaiaさん
          十一郎10歳 の十一郎のママさん
          かよさんの日記 のかよさん
          「健康」美食家への道 のチーズくまさん が作ってくださいました。 Grazie Mille♥


いつものティラミスとはまったく違うさわやか風味のイタリアンDolce (^-^♪
今日は、レモンのかわりにライムを入れて、さらにさっぱり感を出してみました。 春が待ち遠しいです・・*
 


TIRAMISU' ALLE FRAGOLE

材料 
苺のシロップ漬け用: 苺1パック・ ライム1個・ 砂糖大匙2
ティラミス用: マスカルポーネ250g・ 砂糖50g・ 卵2個・ サボイアルディ250g(1パック)


作り方
苺を小さくカットし、ライム1個分のしぼり汁・お砂糖をかけて、冷蔵庫で3時間。 苺のシロップを作ります。
シロップ漬けが出来上がったら、苺とシロップを別けます。 
ボウルにマスカルポーネ・卵黄・砂糖をよく混ぜ合わせます。
卵白でメレンゲを作り、1/3のメレンゲをマスカルポーネによく混ぜ合わせ、残りの2/3のメレンゲをなるべく潰さないようにしてよぉ~く馴染ませます。
そこに、シロップ漬けになった苺1/2を加え軽く混ぜると・・・ キレイなピンク色に♥
バットにサボイアルディ(フィンガービスケット)を入れて、苺のシロップでふやかします。
ふやかしたサボイアルディ+マスカルポーネクリーム+サボイアルディ+マスカルポーネクリームの層を作り・・・最後に残りの苺1/2をたぁ~っぷりのせて、冷蔵庫で3時間くらい寝かせてください。
                


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_23522317.jpg


ティラミスは、大きな容器に作って持ち運びが出来るので、これからの季節のお花見のデザートや、ホームパーティーに活躍してくれること間違いなしです ^-^♪


そして・・・このデザートは・・・・
ロボコップの水彩画・我廊です のRobocopさんにぜひ、作っていただきたい1品♪
これで、最近ご家族から合格点をもらえなかったRobocopさんの、週末イタリアンパパシェフの汚名を挽回できると・・・・♥ 祈っています。 笑)    ◇簡単なので、ぜひ作ってくださいねぇ~♪◇


               あ~、そして・・・・もう一つ・・・年を取ってしまいました・・・^~^;
                     苺のように美味しく熟せるかしら・・・? 苦笑) 

                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-24 00:02 | Il Dolce
残り野菜で・・・ミネストローネ♪


今日も寒いイタリア・・・・
南イタリアの内陸部では、雪が降っているようです。

久しぶりにわが家も、午前中から暖炉に火が入りました。
まるで、冬に逆戻り・・・・ 地球は一体どうなっちゃうのか、無力ですけど とても心配です。

といっても、おなかは減る・・・ぐぅ~ φ(^~^;
冷蔵庫に入っている残り野菜で、ミネストローネを作って、体を温めましょう♪



Minestra di Verdura con Le Pastine

材料 2人分
にんじん1/2本・ セロリ1/2本・ タマネギ1/4個・ トマト1個・ じゃがいも小1個・ ビーフコンソメスープもしくは固形スープを溶かしたもの700ml・ ミネストローネ用のパスタ150g
                    Pasta Garofalo・Ditalini Rigati
a0058148_636587.jpg


材料を細かく切り、温かくないビーフコンソメの中に野菜を入れて、20分ほど煮込みます。
野菜を炒めることはしません!
野菜のエキスがたくさんスープの中に出て、野菜が柔らかくなったら、下準備完了。
食べはじめる頃合を見計らって、Pastine・ミネストローネ用のパスタをスープの中に入れて、茹でます。
ミネストローネ用のパスタは、2分くらいで茹で上がるものから、10分くらいかかるものまでさまざま。
今日のパスタは、7分。
茹で上がって火からおろしてから、たっぷりとEVオリーヴオイルをかけてください。 熱を冷まさせない効果そして、体を温める効果もあるのです♪
お好みによって、パルメザンチーズをかけてくださいね☆


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_715156.jpg





    ::お詫び::
                いただいているコメントの返事が遅れています、ごめんなさい。
                明日は時間ができるので、ゆっくりお返事を書かせていただきます♥




                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-22 07:18 | Il Primo
コーンミルで作る リモンチェッロ・ケーキ♪


今日は、イタリア
一気に冬に逆戻り・・・

我が家から見える山々には、真っ白な雪が積もっているのが見えます。
ぶるるるるるるぅぅぅぅぅ・・・・寒いです^~^;
a0058148_2217239.jpg


一気に20度近く気温が下がり、咲き始めてしまったチューリップも寒そうです。
今年は、桃もプルーンもお目にかかることできないんではないかとちょっと心配・・・・ 
日本も寒さが戻っってきたそうですね。 風邪などひかぬように気をつけてくださいね~♪


ちょっと何日か留守にしていたので、朝ごはん用のスポンジケーキを作るように、シモちゃんから依頼有り♥
今回は、Farina di Mais・コーンミルを使ってつくろうかな?
実は、北イタリアはポレンタをよく食べる地域。 美味しいポレンタの粉を買ってきていたので、それをすぐに使ってみたかったのですっ♪ ←ガマンできないタイプです、私・・・・ (^~^;



La Torta di Limoncello con Farina di Mais

材料 24cm型
ポレンタ粉/コーンミル150g・ 小麦粉350g・ ベーキングパウダー小さじ1・ オリーブオイル100ml・ 牛乳200ml・ リモンチェッロ/レモン酒大匙2・ 塩ひとつまみ・ 砂糖150g・ 卵3個

卵の黄身と白身を分け、白身は固いメレンゲを作っておきます。
黄身と砂糖を白くふわふわになるまで、ハンドミキサーで混ぜます。 
そこに少しづつオリーブオイルを加えながら混ぜ、牛乳とリモンチェッロも混ぜていきます。
小麦粉・コーンミル・ベーキングパウダーのよく振ったものを加え、よぉ~く切り混ぜます。
メレンゲの半量をよく混ぜ、生地になじんだら残りの半量のメレンゲを崩さないように混ぜます。
最後に塩ひとつまみを加えてください。
型にバターを塗ったうえに小麦粉を薄くふりかけ(分量外)、生地を流し込み、プチプチの食感を楽しむために♪、ブルーポピーシードを表面に散りばめてください。
そして・・・170度に温めておいたオーブンで50分焼いてください。



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_20265044.jpg
このレシピで焼いたら、ちょっと甘味が足りなかったみたい・・・
砂糖150gっていうレシピだけれど、200gでもOKかも・・・・♥ お好みで調節してください。
なので・・・・わが家は、それを埋め合わせするために、7分立ての生クリームを添えました♪

シンプルなパウンドケーキにちょっと手を加えるだけで、いろいろ楽しめてうれしいですね☆
ブログお友達の kichi-kitchen のフィーユさんも キャロットケーキ・ライムジェリー添えを作っていらっしゃいました♪
人参ジャムを混ぜて作られたんですって・・・♥ とぉーっても、美味しそうでした (^-^♪
フィーユ姐さん、ご馳走様でした♥


                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-20 20:35 | Il Dolce
ムーゴ松のリゾット In 北イタリア


Canazei・カナゼイ

北イタリアのトレンティーノ・アルトアジデ州にあるドロミテ山脈・・・・3000m級の山々が連なります。
いくつものスキー場を回ることができ、その全長はなんと221kmもあるそうです♪
そのスキー場の一つ・・・Canazei・カナゼイに行ってきました。
a0058148_5344775.jpg

腰痛もちの身でSkiとは・・・ちょっと肉体的に酷かもしれませんが、一緒に行くのはお友達のお医者さんだし、Ski大好き人間に 「Skiに行くな!」 と言うのも精神的に酷なので・・・・ ^~^;
思いっきり重い腰を上げて、行くことにしました。
さすがに、スノーボードをする勇気は無く・・・・Skiだけでしたが、行ってよかった!

もちろん!!! 北イタリアならではの、美味しいものもたくさん食べてきました。



今回の一番のお気に入りは、Risotto al Pino Mugo・ムーゴ松のリゾット
                                           「ん? 松のリゾット・・・????」
a0058148_5473888.jpg


ムーゴ松は、
1000m級の山に生息する松の一種。
ヨーロッパでは、ピレーネ山脈・アルプス一帯で見られ、クリスマスの飾りなどによく使われる。
松脂がよく取れる種として、知られている。
というもの・・・・ といっても、初めて聞いた名前ですけどね! 笑)
a0058148_5552936.jpg


テーブルにサーブされると、フワァッと松のいい香りがしてきます♥
「でも、一体どんな味だろう? 松脂の味? 松脂ってどんな味??? 渋そう・・・・^~^;」 と想像が膨らみます。

恐る恐る口に入れてみると・・・・
程よいフレッシュな松の香りに、さっぱりとした風味! ぜんぜん、渋くなんかありません (^-^♪

早速次の日に、食料品店に向かい、「Pino Mugoのスパイスありますか?」 と聴くと怪訝な顔をされ、「そんなものは聞いたことも無いわよ。」 と言われてしまい・・
何軒かまわっても、結果は同じ。

後日、レストランのオーナーに探りを入れると・・・・・
      「うちのCuoco・シェフのオリジナルなんだよ・・・*」となかなか渋ってレシピを教えてくれない!!
なんとなくわかったのは、Pino Mugoは、この地域ではどこにでも手に入る植物。
そのムーゴ松の葉先の柔らかい部分を細かく切って、バタークリームを作るらしいんだけど、バターを寝かす時間は、1週間以上もかかる 長ぁ~い長い行程らしいのです。

帰ってくる前に、森に入り込みムーゴ松の枝をちょっとだけ頂戴してきたので、トライしてみようかな?
一週間後をお楽しみに! 笑)

そして、北イタリアの特産品といえば、Grappa・グラッパ!
このムーゴ松入りのグラッパをシモちゃんにお土産! ←シモちゃんは仕事のため、一人でお留守番でした・・・
a0058148_614097.jpg
ムーゴ松のリゾットは、ちょっとお預けだけど・・・・ せめてムーゴ松のグラッパくらいは、すぐに口にしてもらいたいですからね(^_-)-☆



                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-19 06:15
コロコロ*プチトマトたぁ~っぷり* ラザニア


イタリアの携帯電話業界で、改革が行われています。
携帯電話は、プリペイドが主流なイタリア。

10ユーロ(1500円)のプリペイドを買ったとしても、手数料で5ユーロ取られるため、実際に電話できる分は5ユーロだけ!
20ユーロ、50ユーロのプリペイドカードを買っても手数料は5ユーロ・・・・ う~ん・・・ (^~^;
なんとも、納得のいかない話だったのですが・・・・

Finalmente.....☆  これが、無くなったのです!!
やっぱり正義は勝つのね♪ ←と意味不明な納得をした私でありました・・・・


さぁ・・・・密かにいい気分になったところで・・・・ ふふっ♥



La Lasagna con Pomodori Ciliegini

材料 (3人分)
牛挽肉300g・ にんじん1本・ セロリ1本・ タマネギ1個・ プチトマト10個・ 赤ワイン1カップ・ ラザニアパスタ・ 生クリーム100ml・ トマトピュレー一缶・ 乾燥ポルチーニ10g・ モッツァレッラチーズ1個・ 粉パルメザンチーズ

挽肉を赤ワインで浸してなじませ、一晩冷蔵庫へ入れて置いてください。
フードプロセッサーでにんじん・セロリ・タマネギの細切れを用意し、大匙1のオリーブオイルで炒めてください。
しんなりしてきたところに、赤ワイン漬けの挽肉を加え、弱火で10分ほど煮込みます。
トマトピュレーとプチトマトを加えてプチトマトを潰さないように、さらに30分ほど弱火で煮込みます。
耐熱皿にたぁ~っぷりバターを塗り、ラザニアのパスタ+ミートソース+水で戻したポルチーニの層を3~4層ほど作り最後にミートソースの上に薄くカットしたモッツァレッラを並べ、上から粉パルメザンチーズをたっぷりかけてください。
ラザニアが並べ終わったら、耐熱皿のふちに生クリームをまわし掛けてください。
220度に温めておいたオーブンで、30分。 
上に焦げ目がついたらオーブンから出して、粗熱を取ってからサーブしてください♥


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_20234155.jpg
ベシャメルソースを使っていないので、さっぱりとした「ラザニア」。 ホワイトソースが苦手な方にもオススメです♪
コロコロっとしたプチトマトからトマトのジュースがじわぁ~っと染み出て・・・♥
まぁ、トマトの皮が嫌いなジョーたん君には、あまり嬉しくないラザニアなんですけど・・・ (^~^;
プチトマトの皮をひたすら除く・・・・Mammaの私でした! 笑)




                 ランキングに参加しています♥ 気に入っていただけたら、クリックしてくださいね*
                                         励みになります! Grazie!(^_-)-☆
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-15 20:29 | Il Primo
美味しいパスタなら・・・・
a0058148_1824739.jpg

今日は完全に手抜き♪
こんなにお天気がいいと、やっぱりお外で庭仕事がしたくなるので、ついついお昼ご飯作るのも忘れ、ひたすら庭の手入れ・・・・
それでも、お昼ご飯の時間になると、シモちゃんは帰ってくる・・・・

ふと気づくと、シモちゃんが帰ってくるまで残り10分!!!!

そんなときは、オイルかけただけも美味しいという素晴らしい♥パスタ! が活躍してくれます♪



Mafalde Con Sauce Nantua

GalofaloのMafalde・マファルデパスタを茹でて、缶のNantua・ナンチュアソースに合えるだけ♪
ちなみに・・・ナンチュアソースの作り方は・・・・

ナンテュア・ソース(2人分)

材料 バター40g・ 牛乳500ml・ 生クリーム60g・ 小麦粉40g・ ローリエの葉1枚・ ザリガニもしくはオマール海老など400g・ タイム・ ナツメグパウダー・ コンソメ顆粒

なべにバターを入れ弱火で溶かして、小麦粉とタイム・ローリエで香りをつけた牛乳を加えて、滑らかなベシャメルソースを作ります。
10分ほど火を通し、生クリームを加えます。
コンソメパウダー・塩コショウで味を調え、ナツメグパウダーを加えます。
ザリガニ・海老の旨味を50g(分量外)のバターで、ゆっくりとフライパンで海老を潰しながら出していきます。
そのバターをベシャメルソースに加えてください*



                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_18553355.jpg
美味しいパスタだと、手抜きのこんな缶詰のソースを使ってもぜ~んぜ~んリッチ♥

南イタリア家庭料理のブログ ◆MAMMA ho fame!!!◆ のBuongustaiaさんも、ご愛用の Galofaloのパスタ。 日本でも手に入るようなので、ぜひ試してみてください♪



                  ランキングに参加しています。 応援 ポチッ☆ してねっ♥ 励みになります! 
                      1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
                      2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆ 
[PR]
by mo1968 | 2007-03-13 19:00 | Il Primo