◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
イタリア食材「ベリッシモ...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
エビのマスカルポーネソース・スパゲッティ*


昨日、思いっきり和食が食べたくなり、冷凍していた甘エビを解凍♪
甘エビのお刺身にギンダラの西京漬け、それにエビの頭でだしをとったお味噌汁で、和を楽しみました。

甘エビ・ギンダラの西京漬けは、オランダの水産会社から送ってもらいます。
日本から遠く離れて暮らしていると、そんな日本人向けのサービスがあるのは本当にありがたいこと。
無駄なく、最後まで美味しく頂きたいですよね!

甘エビの頭は、お味噌汁のだしに使いましたが、ほとんど捨てなくてはいけない運命*
それでは・・・・・♪
私が、そんな甘エビの運命をかえてみせます (^-^)♪   な~んて、大げさなっ (='m')♥



Gli Spaghetti Con Salsa di Gamberi e Mascarpone

材料 3人分
甘エビの頭 20匹分・ たまねぎ 半分・ セロリ小 1本・ にんじん 1本・ にんにく 1かけら・ トマトピュレ 100g・ コニャック 50cc・ 水 100cc・ マスカルポーネ 200g (生クリーム200ccで代用可)

作り方

なべに、バターまたはオリーヴオイルを入れて、みじん切りにした全ての野菜を入れてよく炒めます。
しっとり野菜がしてきたら、エビの頭を加え、木べらで押さえつけるようにエビのミソを出していきます。
なべの底に水分がなくなってき始めたら、コニャックを加え、アルコール分を飛ばします。
そこに、トマトピュレ・水を加え10~15分煮込みます。
なべの中のものを、目の細かいざる等でよく漉して、さらに10分ほど弱火で煮詰めます。
最後に、マスカルポーネを加え、塩コショウで味を調えます。
アル・デンテに茹で上がったパスタを、よぉーく絡めて

                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_22455411.jpg

ちょっと手を手をかけただけで、こんなに美味しいエビのソースができてしまうなんて・・・♪
しかも、捨てられる運命に居たのにぃ・・・・ あ~、やっぱり運命を変えてあげられてよかったわぁ♥
                  今日は、ここにエビをソースに加えて加熱し、トッピングしてみました ^〇^♪
    
ところで、この甘エビって・・・・・

甘エビは深海200~500mの冷たい場所を好み、南方の漁場では、その温度がやや高いために突然姿を消すことがあります。甘エビは最初の2年半から4年は雄、その後は雌に変化します。秋につがいとなり、雌は体の下の部分に卵を抱えて一冬を越します。

なんですって・・・・♪ 深海に生息するエビだとは知りませんでした・・・・・☆
                    そんな深海から食卓まで、長い旅をしてきた甘エビ。
                              最後の最後まで、美味しく食べてあげましょ~♪



皆さんに応援していただいているランキングただいま4位! *心強い*応援、ありがとうございます♥  
                        a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お願いします♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-31 22:57 | Il Primo
ヒラメのカリカリ♪オーブン焼き*


La Sogliola・ヒラメとイタリアで言えば、子供に食べさせるお魚の代表格。
癖が無く、小骨も少ないため、好まれて子供たちに与えられます。

イタリアのMamma・マンマたちは、お魚屋さんで、Il Filetto・切り身 になったヒラメを買い料理します。
もちろん買うときは、1匹丸々のままで秤にかけ、重さを量ります。
そこから、切り身に下ろしてもらいそれを家に持って帰るわけですが、持って帰る部分は、身の部分だけ。
「ヒラメの縁側」だって、かまわず捨ててしまいます。 o(;△;)o エーン
もし、卵が入ってたとしても、それだって、ゴミ箱行き・・・・・

日本人の私としては、なんとも許しがたい出来事!
もちろん、お魚のままで買ってくる、お魚屋さんにとっては手間のかからない、いいお客さん♪
そうすれば、美味しい卵にありつける可能性もありますからね~ ^^♪
                         (イタリアでは、魚の卵は食べません! あ~、もったいない!)

今日は、大きくて身の厚い、ヒラメを見つけたので、そのままで買ってきました♪
もちろん、「卵入っているやつ頂戴ね!」 と言って買ったので、プリプリの卵入りの大物です♡


La Sogliola al Forno con Patate

材料:  大き目のヒラメ1匹・ ジャガイモ3~4個・ にんにく・ イタリアンパセリ・ ローズマリー

にんにく・イタリアンパセリ・ローズマリーを細かく切り、EVオリーブオイルとお塩を混ぜソースを作ります。
ジャガイモの皮を剥いて、1cmほどの輪切りにして水に浸しておきます。
ヒラメはよく洗い、キッチンペーパーで水分をよく拭き取ります。
ヒラメが1匹入る大きさの耐熱皿に、オリーブオイルを大匙2ほど入れ、耐熱皿になじませます。
お塩を小さじ1くらい耐熱皿の底に振り、ジャガイモを敷き詰めます。
塩をまたジャガイモの上から、一振りしてください。
ヒラメをジャガイモの上にのせ、にんにくとイタリアンパセリのソースを上からタ~ッぷりかけて、20~30分間、200度に温めておいたオーブンの中段で焼いてください。



                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_23114924.jpg

            ここのところイタリアは、ウソのように暖かい日が続いています。
         もうすぐ11月に入ろうとしているのに、今日のお昼も外のテラスでお食事♪
                 庭の木々もこんなにグリーンです。 まるで、春!!
a0058148_2317217.jpg
でも・・・・・天気予報によると、今週の中ごろから7~8度一気に気温が下がるみたい・・・・
あまりの暖かさに、木々の芽も吹き出したりしちゃっているので、これで寒くなったら、一気に打撃を受けてしまうのかと思うとかわいそう・・・・

でも、これも自然現象なんだから・・・・ 受け止めなくってはいけませんね!



皆さんに応援していただいているランキングただいま5位キープ中! 今日も、応援ありがとうございます♥  
                        a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お願いします♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-30 23:18 | Il Secondo
ウィークエンド♪ Monza・Milano
行ってきました♪ 
Monza・モンツァと、Milano・ミラノへ!

都会に行くのは久しぶり・・・・ (^-^;
        自分の家に帰ってきたとたんに・・・・・・・・・・・・・・・あ~、やっぱり相当疲れが・・・・

でも、たまには、都会で刺激を受けるのも悪くないかな?

Monzaでは、
今回お邪魔したお友達のおうちから程近い、おしゃれなお店が立ち並ぶメインストリート、Via Vittorio Emanuele・ヴィットリオエマヌエレ通りを散策し、ウィンドーショッピング。
a0058148_2414635.jpg

小さい街ながら、とても洗練されている雰囲気。
お店に店員さんの態度一つ、トスカーナの田舎に比べるととてもスマートです。 ←比べる私が悪いかな ^^?!


そして、F1のレースを行うサーキットを見学しに行きたかったのですが、ラジオの情報によると、91回優勝し今年で引退した M.シューマッハが来ているとのことで、音を外からしか聞くことしかできませんでした。
お友達のおうちから聞こえてくるんですよ♬ 生の、サーキットからの音が!!

来年のF1をMonzaで観戦できることを、祈りながら・・・・・ Monzaを後にし、Milanoへ!



Milano・ミラノでは、

お気に入りのブティック Antiprima の前で 
        楽しい盗撮!? ブログ・カプチーノを飲みながらのSoleちゃんと待ち合わせをしていたんです♡
遠くからSoleちゃんと旦那さまを発見! もう、初めて会ったとは思えません。
ハスキーヴォイスで、背がすらっと高く、(黙っていれば ^^; ←冗談よぉ ^^♪) 本当に素敵な方♪ 


そして、Antiprimaでお買い物をした後、目の前のミラネーゼ注目のセレクトショップ10 Corso Comoへ♪
         今回、デジカメを忘れていってしまったため、画像が無いんです・・・・・★
         Soleちゃんが楽しい画像をUPしてくれることを、楽しみにするしかないかな ^-^♪
a0058148_3365792.jpg
ショップを後にしカフェで、たぁ~ッぷりお喋りをしました。 その後は、おしゃべりしながらMilanoをウロウロ・・・♪
歩き慣れない私は・・・・相当疲れてしまいました・・・・ ^-^;) 
Soleちゃんと旦那さま*、長時間お付き合いくださいました、ありがとうございました!
                               今度は、ぜひトスカーナでお目にかかりましょうね♪
a0058148_3322156.jpg




そして夜は、Monzaのお友達とMilanoで韓国料理を食べに行きました。
Firenzeでは、食べられないお食事がしたくてリクエスト♪
韓国人のお友達にわざわざどこが美味しいか聞いて、予約を入れてくれていました♡ ありがとう♡

珍味 - Gimmi
住所 Via Paisiello 7, Milano (M1,2 LORETO)
電話 02-2951 6394

お店の中もとってもキレイだし、お食事も大満足!
Milanoで、辛いものが食べたくなったらぜひ行ってみてください。
日本で言うところの焼肉は無いけれども、チジミやチゲ鍋などが充実していて、とても美味しかったです♬
a0058148_19274465.jpg a0058148_19293144.jpg   

















      欲を言えば、冷麺が食べたかったかな ^^?  まぁ、あまり贅沢を言ってはいけませんね! 
        何事も腹八分目で・・・・♪  と言いたいところですが・・・・お腹いっぱい ^-^♡

シモちゃんのお仕事を兼ねて行った、今回のMonza・Milano♪ 
公私共に たくさん収穫のあった、この週末。
                                 お世話になったみなさんに、大感謝です♡



皆さんに応援していただいているランキングただいま5位! いつもいつも、応援ありがとうございます♥  
                        a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お願いします♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-29 23:53 | I Miei Amici
リコッタチーズのペンネ サフラン風味♪

今日から、ウィークエンドを利用して、北イタリアのMonzaのお友達のところへ行ってきます。
Monzaは行ったことがないので、ちょっと楽しみ♪
Milanoの北15kmのところにあります。
市域の面積の大部分が、F1で有名なAutodromo Nazionale Monza・サーキットとVilla Reale・元国王の別荘がある、モンツァ国立公園なんですって・・・・
だから・・・     きっと緑の多い、キレイなところをイメージしています♪



出かける準備があるので・・・・・・・今日は、バタバタしています。
Il Pranzo・ランチに帰ってくるシモちゃんには、またまた超簡単メニューでごまかしちゃいます ^^♪



Pasta Asciutta Alla Ricotta

材料 2人分
リコッタチーズ 200g・ サフラン 少々・ カイエンパウダー ・EVオリーヴオイル

ペンネをアル・デンテに茹でます。
茹でている間に、リコッタチーズにサフランの粉を加えます。
a0058148_21175650.jpg
そしてそこに、パスタの茹で汁を大匙2とお塩を少々加え、よーく混ぜます。
a0058148_21192385.jpg
パスタが茹で上がったら、リコッタチーズのソースとEVオリーヴオイルと一緒によーく絡めて、カイエンペッパーを上からササッと・・・魔法の一振り♡


                     Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_21264639.jpg
こ~んなに簡単に、上品でまろやかな味のものができてしまうなんて・・・・♪
お客さまがいらしたときに出しても、恥ずかしくないPrimo Piatto。
イタリア人の友達に、レシピを聞かれても、すご~い難しい振りをして教えませ~ん (^-^;


それでは、Monza・モンツァに行ってきま~す♪
皆さんも楽しいウィーク・エンドをお過ごしください!!  Buon Fine Settimama!!!!!

たくさん頂いているコメントのお返事は、帰ってきてからいたします♪ ごめんなさいっ *(^_^;




皆さんに応援していただいているランキングただいま4位! ほんとうに、ありがとうございます♥  
                        a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お願いします♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-27 21:31 | Il Primo
牛ほほ肉の赤ワイン煮*
この季節になると、ル・クルーゼを使う機会が多くなります。
もう一つ欲しいくらいです・・・・ (^-^*


煮込み料理でよく使うお肉の中でも、我が家のお気に入りは 「牛のほほ肉」。
                  ゆっくり煮込むことによって、フォークでほぐれてしまう位やわらかく・・・♡
安くて経済的だし、手をかけることによってとても美味しくなる食材です。
ただ、この部位の絶対的量が少ないので、お肉屋さんで予約するか、
                                      偶然の出会いを願うしかないかな ^^♪

今日の、わたしの場合は・・・・後者のGood Luck・Buona Fortunaで、偶然お肉屋さんで出会いました♡
ラッキーです *(^-^♪
赤ワインでコトコト煮る、とぉーっても美味しい一品をご紹介します ^^*



Le Guancie Cotto in Vino Rosso

材料は・・・
牛ほほ肉2枚・ ポロねぎまたはたまねぎ・ セロリ・ にんにく・ 乾燥ポルチーニ・ 小麦粉・ 蜂蜜
付合せ用   ジャガイモ 数個
a0058148_2141533.jpg


ほほ肉は、適当な大きさにカットして、塩コショウで下味をつけ、小麦粉を軽くあえます。
なべに、オリーブオイルを大匙1入れて、肉に焼き目をつけます。
肉を一度なべから取り出し、さらにオリーブオイルを少々加え、にんにく・ポロねぎ・セロリのザク切りを入れてしんなりするまで炒めます。
そこに肉を加え、赤ワインをヒタヒタになるまで注ぎます。
アクが出る際は、ここでキレイに取り除いてください。
乾燥ポルチーニの砕いた粉・細かくカットしたもの小匙1を水に戻さずそのまま入れてください。
大匙1の蜂蜜 (今回は作り置きのりんごジャムを入れました♪)も加えて、ジーックリ弱火で、ほほ肉が柔らかくなるまで煮込んでください。
付合せ用の塩茹でしたジャガイモを添えて・・・・・


                  Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_21211177.jpg

今日は、昨日までのジメジメした居心地の悪い天気ではなく、ぱぁ~っと空の高い秋晴れ♪
気温もだいぶ上がってきたので、テラスでランチを頂きます*
トーストした、Il Pane Toscano・トスカーナの無塩パンを添えて、ソースも楽しみます♪
a0058148_21263151.jpg
安くて美味しい牛のほほ肉で、簡単に豪華な一品を作る ^-^!
あ~、これにColposo・力強いテイストの赤ワインが、ぴったり合いそうです♡  Sassicaiaとか・・・?
今朝は、スポーツジムに10時から・・・・ 
出かける前にルクで煮込み始めて、出かける前に火を消し・・・・
12時に帰ってきたときには、とぉーっても柔らかくなっていました。
13時からが我が家のお昼時間なので、またその前に30分ほど、極弱火で温め直し♪
とろみがある、危険な!? ソースができました ^ー^♡

 
                       「え、美味しそうに見えない?」
a0058148_21534542.jpg
                    じゃ・・・・わたしが、ここで・・・・・・エヘンッ*


                     「美味しすぎて、ごめんなしゃ~い♪」
a0058148_21551417.jpg
                                         Giadaでした♡




ランキングただいま5位をキープさせていただいています♥  
                        a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お願いします♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-25 21:39 | Il Secondo
乾燥ポルチーニの手作りオレキェッテ*
イタリアの靴のかかとに位置する Puglia・プーリア州。
そこの郷土料理が有名なパスタ Orecchiette・オレキェッテ♪

Puglia・プーリア州の出身の方から、実家で作った手作りのオレキェッテをいただきました。
a0058148_4435046.jpg


こんなうれしい頂き物は、ほかにはありません。 手作りの愛情パスタ♡
プーリアでは、Cime di Rapa・チーメディラパ か、ブロッコリーのソースで頂くのがスタンダード。

今日我が家では、
ちょっと風変わりな、乾燥ポルチーニとマスカルポーネのソースを作り美味しくいただきたいと思います。

Le Orecchiette con Porcini e Mascarpone

材料 
乾燥ポルチーニ・ マスカルポーネ・ エシャロットもしくはポロねぎ・ ナツメグパウダー少々・ イタリアンパセリ

乾燥ポルチーニは、ビニール袋に入れて、麺棒などでたたき、細かい粉にします。
                        それができなければ、はさみでチョキチョキ♪してくださいね♡
一人×小匙1の目安の量で、人数分×大匙1のお水でふやかします。
エシャロット・ポロねぎをみじん切りにして、オリーブオイルで炒めます。
そこに前もってふやかしたポルチーニをふやかしたお水と加え、一人分×大匙1のマスカルポーネを加えて弱火で火にかけます。
お好みでナツメグパウダーをちょっと加えても美味しいですよ♡
パスタの茹で汁を人数分×大匙1ほどを加え、ゆっくりと乳化(とろみをつける作業)させます。
塩で味を調えて、茹で上がったパスタに刻んだイタリアンパセリと一緒に、よぉーく絡めて・・・

                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_459335.jpg
彩りもよく、香りもいい♡
秋らしいパスタが出来上がりました♪

きのこの季節ですね。
しばらく帰っていない日本、秋の味覚・・・シメジ・シイタケ・マイタケ・・・そして、マツタケ♪ 恋しいなぁ~♡



ランキングただいま5位をキープさせていただいています♥  
                       (^-^☆ 皆さん、ありがとうございます♪ Grazie Mille♪
 a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お付き合いくださいませ♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-24 05:05 | Il Primo
フィレンツェの伝統工芸
Il Mosaico Fiorentino

フィレンツェの伝統工芸品の中でも、高度な技術が必要とされる、天然の石を使ったモザイク細工。
時はルネッサンス、メディチ家の下でその技術は開花し、進化を達成しました。
その技術は、いまでも数少ない優秀な職人・Maestroの腕によって守られているのです。

そんなイタリアという国の中都市フィレンツェの伝統工芸を学んで、技術を身につけた日本人がいらっしゃるとは、同じ日本人としてなんとも誇らしいことです♡


その彼女の存在は、ブログを通して知ることになります。
彼女のブログは、イタリアの政治のことや、お仕事のこと、多岐にわたって歯切れのいいテンポで書かれているので、すぐファンになってしまいました。
そして、のサッカーのワールドカップがあったときに、賞品をかけた「イタリア応援キャンペーン」を企画。
それに応募したわたし(シモちゃんが予想しましたが・・・)は、なんと予想を当て、当選したのです
そのときの賞品が・・・・
a0058148_4563589.jpg
                 これ ↑ 彼女の作った、モザイクのペンダントです。
              イタリアのTre-colori・国旗の3色がさり気なく配色されています。

この彼女とは、ブログ 「自転車娘フィレンツェを行く」 の Yossyさん

こんな賞品を頂いておきながら、今日までUPしなかったには訳があるのです・・・
                                     Yossyさん、ごめんなさぁ~い!
実は、賞品を郵便で送っていただいて、受け取った直後ジョーたん君が首につけたまま遊んでいた時に首から外れて、踏みつけてしまったのです・・・・・
モザイクが・・・・ぱっくり半分に・・・・ ど、どうしよぉ~~~~ (^ヘ^;

早速、シモちゃんの修復職人の知り合いの方に修理を依頼・・・・・
なんともま~、優雅なイタリアンタイム・3ヶ月かかって、10月に入ってからようやく出来上がったのです。

今では、すっかりジョーたん君のお気に入りグッズ。
お出かけするときには、必ずこのペンダントをして出かけます♪
                                    
やっと、これで晴れてUPすることができました。
改めまして、 Yossyさん!本当に ありがとうございました☆

そこで、Yossyさんが働いていらっしゃる Firenzeのレストランに晴れて伺うことに♪ (伺えることに・・^^;)
レストランガイド  「ガンベロ・ロッソ2006年版」 ・ 「ヴェロネッリ2006年版」 にも紹介されているというこのレストラン "Ristrante Belcore" 。

フィレンツェに住む、お友達もお誘いして・・・・
伺ったのですが・・・・Yossyさんはランチの時間はいらっしゃらないとのこと。
お目にかかれませんでした・・・・・ はぁ~・・・ (^~^;

それでも、ランチはしっかりと頂くことに♪

Ristrante Belcore
Via dell'Albero 30, 50123 Firenze ITALIA Tel/Fax 055 211198
info@ristorantebelcore.it

Open 12:00 - 14:30 / 18:30 - 23:00  Thuesday and Wednesday Lunch is closed


a0058148_5243334.jpga0058148_5245829.jpg

















a0058148_5252627.jpg上↑の2品がAntipasti・アンティパスト

Code di gamberi al vapore su crema di ceci al gorgonzola dolce
ひよこ豆とゴルゴンゾ-ラチ-ズのソ-スを添えたあたたかい海老のスライス

Bocconcini di mousse di baccala con bottarga di tonno
マグロのボッタルガをのせた干鱈の一口クリ-ムムース

そして←が、Primo Piatto・プリモ ピアット

Maltagliati di pasta fresca con polpo e piccole verdure
温野菜とタコのマルタリア-ティ(ひし形の生パスタ)


そして ここからが、Dolce・デザートの登場♪ 

Crema bruciata "creme brulee"
クリームブリュレ ・・・これはフランスで食べたものより す~ばい!美味しかったです ^-^♡

Cheesecake con marmellata d'arancio,vaniglia naturale
オレンジソースのチーズケーキバニラ風味 
a0058148_5255218.jpga0058148_5261312.jpg
















Chocolat fondent con crema inglese alla vaniglia naturale
あたたかいビターチョコレートケーキ、アングレーゼソース添え・・・見てください♬ 中は、トロォ~♡
a0058148_5263617.jpga0058148_5265863.jpg

















これで、またYossyさんにお会いできる口実が、できました♡
また来なくちゃ♪

ジョーたん君は、メニューに無い特別メニューを作ってもらい上機嫌 ^0^♪
なんと、おかわりまで作ってもらい、2皿完食♪ ←さすがイタリア人の血を引いてますねぇ~ (^-^;



そして・・・・ Yossyさんは・・・
        鹿児島山形屋デパートで開催のイタリア展にモザイクを出展されるそうです♪
        お近くの方は是非、Yossyさんを尋ねて行かれてみてはいかがですか?
            
        山形屋イタリア展 2006年11月1日~6日迄 6階大催場




なんと!!、ランキングただいま5位♥  継続は力なり* (^-^☆  ありがとうございます♪ Grazie Mille♪
 a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お付き合いくださいませ♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-23 06:01 | I Ristoranti
暖炉の季節*

いつもの時間・・・・
  車で、ジョーたん君を学校まで送る 朝7時50分。
  家から出ると、冷たい空気が肌に密着。  「湿度が高いなぁ・・・・・」 
  車の外気温度計をいつものように見ると、"5℃"。  「やっぱり、寒いわけだ・・・」

とうとう、この季節が始まってしまいました。
寒いのは苦手・・・
  朝起きるとき、ベットから出るのも辛いし・・・・
  厚着をしなくちゃいけないし・・・
  保湿クリームが必要になる、自分の手を見るのも嫌だし・・・・

 

それでも一つだけ、好きなこともあるんです♪
それは・・・
a0058148_2205638.jpg
暖炉。 久しぶりに、火がつきました。  「何ヶ月ぶりだろう・・・・」
これはキッチンにある、Il Camino・暖炉。
ここで、お肉も焼くことができる、トスカーナ・スタイルの高い位置にある暖炉です。
足元にあるのが通常のスタイル。
このトスカーナ・スタイルは、キッチンのガスコンロと同じ高さに、設置しています。
食いしん坊のトスカーナ人♪は、そこでお肉を焼いたりして長い冬を楽しむことを心得ていたのですね♬


今晩は、ここで Bistecca Alla Fiorentina・フィレンツェ式T-ボーンステーキを焼いて、ホームパティーです。


午前中にケーキも焼き上げたし、Sugo di Carne・ミートソースもコトコトしてるし・・・・準備は順調♪
                    レシピは、↑をクリックしてくださいね♪

a0058148_2235980.jpga0058148_22353098.jpg

















「あ、でもお昼ご飯つくるのめんどうだな~・・・」

今日のお昼は・・・・
また、簡単パスタで済ませましょう・・・・・・・

I Fusilli alla Pizzaiolaa0058148_2136521.gif
  
材料: トマトもしくはミニトマト・ 種抜きオリーブ・ にんにく・ オレガノ 
     (今日は、パンチェッタも少量加えてみました♪)

パスタをゆでている間に、にんにくを細切れにし、オリーブオイルでゆっくり炒めます。
(パンチェッタを加える際は、ここで一緒に炒めてください)
トマト(缶のものでもOK)とオリーブを加えて、中火で温めていきます。
茹で汁を少し加え、よくトマトソースがなじみ、とろみが付くまで火を通します。
最後に少量のオレガノを加え、茹で上がったパスタによぉーく♪ 絡めてください。

                    Ecco, gia fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_2302787.jpg
ふわぁ~* っとオレガノの香りがキッチンを充満します。
熱いうちに Buon'apetito♪ 召し上がれ♪



おかげさまで、ランキング6位キープ中♥  継続は力なり* を目指して (^-^☆
 a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お付き合いくださいませ♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-21 23:03 | Il Primo
ブロッコリーといんげんのスパゲッティ*
ここ数日あまり体調がよくありません。
季節の変わり目の上に、この寒さ! ぶるるぅぅ・・・・^~^;

こんなときいつも考えてしまうのが、 「もしかして野菜不足?」。
そう思うと無性にお野菜が食べたくなってしょうがなくなる・・・のは、あまりにも単純な脳の構造ですよね ^-^;

思ったら、すぐ行動に♪ がイタリア式脳の指示構図♡ 
冷蔵庫をごそごそすると・・・・
          あ~、緑の野菜が・・・・・見つかった♪ ブロッコリーといんげん (='m') むふっ♪



Spagetti ai Broccoli e Fagiolini


材料 ブロッコリー・ いんげん・ にんにく・ アンチョビペースト・ ぺペロンチーノ

ブロッコリーといんげんは洗って、一口大に切っておきます。
ブロッコリーの茎も硬いところを除いて、小さくカットしておいてください。 甘くて美味しいですよぉ♪
にんにくは皮を剥き細切れにして、大き目のフライパンにオリーブオイルで炒めて香りを出します。
お好みで、アンチョビペーストとぺペロンチーノをここで入れてください。
              注)ここでアンチョビペーストをたくさん入れると、仕上がりに色が悪くなるので、
                                   香り付けのつもりでごく少量入れてください。
スパゲッティを茹でるときに、ブロッコリーといんげんも一緒に入れて茹でます。
スパゲッティが茹で上がる1分くらい前に、ブロッコリーといんげんを取り出し水を切って、にんにくをいためていたフライパンに入れ、軽く塩をして炒めます。
スパゲッティの水を切り、温めたソースをよぉーく絡めて、お皿に盛ります。
ここでよぉーく絡めることで、パスタの茹で汁とオリーブオイルが乳化してトロトロになります♥
上からた~~~ぷり、フレッシュのEVオリーブオイルをかけて


                     Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_072636.jpg
パスタの種類によりパスタの茹で時間が違いますが、野菜は10分以上茹でる事を目安にしてください。
野菜が少し崩れるくらいの茹で加減が、ソースにするにはちょうどいいと思います。
              この茹で加減で、トロトロのブロッコリーといんげんのソースが楽しめますよぉ♪


緑のお野菜たっぷりのソースを食べて、元気になったような気がします♪
               これに、パルメザンチーズをたぁっぷりかければ、カルシウムも補給できますね^^♪



おかげさまで、ランキング6位キープ中♥  継続は力なり* を目指して☆
 a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お付き合いくださいませ♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-20 00:21 | Il Primo
ハワイ・イタリア・日本のコラボ・レシピ*
    葉っぱの周りも、うっすらと赤い色に染め始まりました。 朝晩はもうすっかり寒いトスカーナです。
a0058148_6313994.jpg



La Rostinciana alla JaHaLian       

Hawaiiからは、うらやましい優雅な美味しい←ここがポイント♥ 生活をされている 「Wha's going on」 の Kcccanさん の コーラとお醤油のスペアリブ♪ のレシピのエントリー♪

イタリアからは、イタリアと日本を駆け巡り、南イタリアの料理を語らせたらこの方! というくらいの 「Mamma ho fame!!!」 の Buongustaiaさん の りんごのジャム のエントリー。

そして、最後は日本から♪
いつもかわいいイラストとMamecoro語調で楽しませてくれる 「まめころやおき」 の Mamecoroさん が送ってくださった 「京都の黒七味」 のエントリーです♬



これを全てMIXして、 
JaHaLian*なスペアリブ を作ってみました♪

まずは、大量のりんごの皮を剥き、Buongustaiaさんのレシピで、りんごジャムを作ります。
                             (本当は、クロスタータを作る予定だったのですが・・・*)
そして、Kcccanさんのスペアリブのレシピ (コーラ 5 : お醤油1を入れて煮るだけ!) に、りんごのジャムを加えて、ルクでコトコト煮込むこと数時間。
出来上がりに、このMamecoroさんから頂いた 京都の 「黒七味」 をたっぷりかけます*

                            だだ~ん♪
a0058148_661572.jpg

      初めて口にしたのですが、山椒の香りと唐辛子の辛味で、なんともいえない美味しさです。
      これなら、イタリア料理にも合いそう! Mamecoroちゃん♪ ありがとうございます♥Grazie

                    Ecco, gia fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6123093.jpg

実の事を言うと、シモちゃんが食べる前に、「まさかこれブログに載せるつもりじゃないだろうね・・・」 の一言。
トスカーナ料理でもなんでもないのを載せるのはおかしい、と思っていたようです。

ところが、実際食べてみると、イタリア料理? と言ってレストランから出てきてもおかしくないほどの美味しさ♥
やわらかくって、まるで赤ワインで煮込んだようなコクのある味になっているのです。 Buonissimo!
もうこれで、シモちゃんには 口は出させません! 「どうだ、参ったかぁ ^^?」
それに、簡単だしね! 作る側としても、言うことありません♡

Kcccanさん、Buongustaiaさん、Mamecoroさんのパワーが集まったこの料理♪
楽しく作り、美味しく頂きました。 皆さんパワーを、ありがとう♪   



 a0058148_18403971.gif  
◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆と ワンクリック* お付き合いくださいませ♡  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒
[PR]
by mo1968 | 2006-10-19 06:26 | Il Secondo