◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
Bellissimo S...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
海からの 贈り物*
Firenze・フィレンツェから約700km離れている 南イタリアのBari・バーリから、友達が遊びにやって来ました。

シモちゃん家族の、古くからの知り合いのご夫婦。

私が日本人で、生魚が好きなことを知っているので、朝の5時に市場に行き、新鮮なお魚を冷蔵庫に入れて、持ってきてくれました。

早速、その日の夜に、シモちゃんのお母さんの家で、 シーフードパーティーです♪
もちろんシェフは、お魚を買ってきてくれたご主人。

うっとりするような手さばきで、準備をしてくれます。
a0058148_5251474.jpg
        まずは、前菜から* ・・・・・・・なんと、ウニ!! ○(^-^)oイエイ♪

a0058148_5275671.jpg
                生のムール貝!!  o(^-^)○ イエイ♪

a0058148_529430.jpg
        そして、Seppie という小さいイカのお刺身♪ O(≧∇≦)O イエイ!!


なかなか生で食べれるお魚にめぐり合うことのできない、内陸部に住んでいる私にとっては、とってもうれしいお土産です。
まだまだ、お料理は続きますよぉ~♡

a0058148_5351311.jpg
そして、Primo Piatto・プリモピアットは、ムール貝とポテトのリゾット*
リゾットといっても、ご飯を蒸して作るので、日本の炊き込みご飯のようです。
これは、Bari・バーリの郷土料理だとか♪ 
こんなシンプルな材料だけで、とってもいいお味が出ています。 炊飯器でできるかな?

a0058148_5385564.jpg
Secondo Piatto・セコンドピアット は タイの香草焼き♪
養殖ではない、天然のタイ。
身が引き締まってとても美味しかった♡

そして、一生懸命 遠くから、新鮮なお魚を持ってきてくれたSaverioおじさん♪
本当にありがとうございました。 その気持ちがとっても嬉しいです。


*****
そうそう、シモちゃんのリクエストで、醤油とワサビを持参していきました♪
はじめは、みんな 「何これ? シーフードにはレモンで食べるのが一番!」 とか言ってたくせに、最後には、タイの香草焼きにまで、お醤油をかけて食べるほどに・・・
イタリア人もお醤油の美味しさがわかるみたい♡  °゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪
ワサビと言えば・・・・・・
        日本人の妻を持つシモちゃんだけが、意地で がんばって食べてました♪ 
                                  ありがとう、 ご苦労さまです!! 笑)



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-31 05:49 | I Miei Amici
桃のパウンドケーキ キャラメル風味
桃がおいしくて、お手頃なプライスで手に入るシーズンになりました♪

a0058148_2275778.jpg
                   Le Pesche Gialle ・ 黄桃

    でも私は、フルーツとして食べるのなら、断然日本の白桃のほうが好きです♡
a0058148_6454230.jpg
あの白桃のおいしさは、日本で食べたことのある、シモちゃんも、メロメロ♡
どんなに、日本の白桃が美味しいかを、作り方から、イタリア人に説明説得していきます。

「桃 1玉1玉に、和紙の袋をかぶせて育てるるんだよ。 その繊細さは日本ならでは!!」
                                       と熱く語ってくれます。笑)

ここ6年程は夏に日本へ行っていないので、かなり強度の白桃食べたい病*
でも、こればかりは送ってもらうこともできず、我慢するしかないようです。 (゚ρ`)ァー

イタリアで手に入る黄桃は、日本では、桃のシロップ漬けの缶詰として見かけるもの。
これはこれで、歯ごたえがあって美味しいのですが・・・
                            やっぱり、日本の白桃には全然かなわない!!

小さく切って、ほかのフルーツと一緒にマチェドニアにしていただくか、お菓子を作ります。

今日も、夜のお呼ばれに持っていく、パウンドケーキを作ってみました♪


La Torta di Caramello e Pesca Gialla

材料 無塩バター250g・ ブラウンシュガー60g・ 黄桃6個もしくは、桃のシロップ付け1缶
    砂糖250g・ 卵3個・ 小麦粉310g・ 無糖ヨーグルト250g・ コーンスターチ小匙2

オーブンを170~180度に温めておきます。
23cmのケーキ型の底に、ブラウンシュガー全量をまんべんなく敷き、50gの溶かしバターをその上にゆっくりかけていきます。
1/4にカットした桃を(シロップ漬けの場合は半分のまま)、その上に並べていきます。
砂糖と、残りの室温バター200gをよく混ぜ、溶き卵を少しずつ足して、さらに混ぜます。
よく振った小麦粉とコーンスターチを、さらに加え混ぜます。
最後に、ヨーグルトを生地に練りこみ、生地を完成させます。
そのとき、生地の水分が足りない場合は、牛乳またはシロップを足して調節してください。
生地を、型の中にゆっくり流し込み、約1時間20分・・・

                Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_7165534.jpg
型に入れたままゆっくり30分ほど粗熱を取り、それから型をはずしてください。
型から出すと、キャラメル色のきれいな桃の香りが漂ってきます♪

ミントの葉っぱを採ってきて、即席ミントティーと一緒にいただいたら、相性がいいかな?


これを作っていたら、ジョーたん君が、自分もケーキを作りたがったので、マフィンを同時進行で作りました ヾ(;´▽`A``アセアセ  Mammaは、大忙しです!!
材料を計るのを手伝いましたが、混ぜて、マフィン型に入れていくのは、ジョーたん君の仕事です。 ジョーたん君としては、全部自分で作業したことが、うれしかったようです。
こんなにかわいい チョコレートマフィンが、12個できました♪
a0058148_729259.jpg

       あぁぁぁぁ・・・でも・・・後片付けが、大変でしたぁぁぁ!!!  ・・・(゚_゚i)タラー・・・ 笑)


a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-30 07:34 | Il Dolce
コンピューターのない生活*
コンピューターの動きが悪いのが、ウィルスが入ってしまってから続いています。
でも、Anti Virus Norton でスキャンしても異常なし。
それにしてもおかしい・・・・

なので、もう一度テクニックに電話を入れると、
「都合のいい日に、朝引き取って、修理して夕方お持ちします。
何時がいいですか?」 とのこと。

その次の日、イタリア時間の火曜日の朝に、引取りに来てもらうことにしました。
夕方まで、コンピューターがないのは、しょうがない♪

***
結局、コンピューターが戻ってきたのは、イタリア時間の金曜日午前9時半!!
丸3日・・・ 結局、ウィルスが削除しきれていなかったようです。
なので、PC上のものを全てバックアップして、PCを空にしてから、バックアップしたものを戻す、という作業をしたそうです。
やっぱり、半日でコンピューターが戻ってくることはありませんでした・・・(ρ゚∩゚) グスン
期待した私がいけなかったのかも・・・



それでも、やることは山のように見つかります。

セール時期ということもあって、6本のパンツの裾上げ! をとりあえず片付けなきゃ*

最近のパンツは、ずいぶん長く作られているので (自分の足の短いことを棚に上げ♪)、カットした生地が見事に残ります!

そういえば・・・・少し前に スペインのバルセロナにお住まいの gyuのバルセロナ便り
Gyuさんが、ジーンズの裾で 「アイディアバック」 を作られていたのを思い出して・・・♪

私も、ラベンダー色の麻のパンツの裾で、バックを作ってみました。
裾2本を縫い合わせ、サテンのテープで縫い目を隠しました。
そして、その上から ビーズを縫い付けて、ちょっと夏らしく、涼しげに♪ キラキラ☆です。
底と、持ち手は、シモちゃんのジーンズの余り布を使い、ちょっとカジュアルに*
何も測りもしないで、即興で作ったので、持ち手の位置がちょっとずれちゃったけど・・・・
それもご愛嬌で いいかな?

               Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_175915.jpg
                   即席ミニ・ショルダー・バック* 

そして、Firenze・Ikea にも行って、
a0058148_18142175.jpg
お気に入りのナフキンを買いだめして (ジョーたん君が欲しがった、サッカーボールのナフキン。 1パック0.95ユーロ。 ワールドカップが終わったから!? セールでした♪)、
欲しかったケーキ型も買ったし*

コンピューターが無い生活は無い生活で・・・ アイロンもたくさんかけられたし・・・
でも、やっぱり物足りない 日々を過ごしていました・・・ (´_`。)グスン

また、今日から、気合を入れなおして、がんばろ♪
           改めまして、これからも今まで通り、よろしくお願いいたします ('-'*)♪



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-28 18:33 | L'Hobby
ジェノベーゼペースト・リゾット タイム風味*
バジルが花をつけ始めています。
頂いていた、松の実も家にあるので、
花が咲いてしまう前に、たくさん摘んで、ジェノベーゼ・ペーストを作ることにしました♪
a0058148_5371819.jpg


Il Pesto Genovese

ジェノベーゼ・ペーストとかジェノバ・ペーストと呼ばれているこの有名なソース*
本当に、美味しいし、パスタとばかりではなく、なんにでも応用できるのが嬉しいです。
イタリア語では、 「イル・ペスト・ジェノベーゼ」 と呼びます。

作り方は、もう皆さんご存知かと思いますが♪

フレッシュバジルの葉の部分 一握り・ EVオリーブオイル・ 粉ペコリーノチーズ40g・ 
粉パルミジャーノチーズ40g・ 松の実小さじ2・ にんにく2かけら・ 塩適量
               ちなみに、私はいつも目分量で作ります! 
               まずは、この分量で作ってみて、お好きな味を見つけてください♪

a0058148_526138.jpg
バジルを良く洗い、水気を切ります。
松の実をフライパンで炒って、香りを引き立たせます。
松の実とバジルを Mortaio・モルタイオ という大理石でできているすりこぎのような道具で、オイルをゆっくり入れながらつぶしていきます。
これがない場合は、フードプロセッサーで、ザーッと全ての材料を入れて混ぜれば簡単です*
オイルの量は、お好きな量を入れて試してみてください。



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_5343145.jpg
ジェノベーゼペーストを多く作ったときは、冷凍保存が利きます。
私は、エスプレッソ用の小さな使い捨てのカップに小分けして、フリーザーへ♪
それを使う時は、パスタの煮汁大匙2くらいで、溶かして使います*

そのペーストを使い今日は、玄米でリゾットを♪


Il Riso al Pesto

材料    玄米300g・ チェリートマト10個くらい・ にんじん2本・ タマネギ1個・ 
                          ジェノベーゼペースト・イタリアンパセリ・ タイム

たっぷりの水に、玄米と岩塩大匙1を炒れ40~50分茹でます。
その間、にんじんとタマネギを細切れにして、EVオリーブオイルでしんなりするまで炒めます。
チェリートマトを1/4に切って、イタリアンパセリ小匙1とタイム少々大匙3のお水と一緒に入れ、蓋をして5分くらい蒸します。
玄米が茹で上がったら水を切り、具と良く混ぜ、ペースト大匙4とEXオリーブオイルと塩で味を調えます。

                      Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
             とい行きたいとこですが・・・またまた写真を撮るのを忘れてしまいました!
                       レシピから抜粋した写真を頂戴して*
a0058148_5551196.jpg

                   健康にも、ダイエットにも体にとってもいい玄米♪
                     この歯ごたえが、なんとも美味しいのです*
                             Che Bonta'!!^^



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-25 05:59 | Il Primo
赤ワインのゼリー アップル風味*
a0058148_924581.jpg


今日もトスカーナの内陸部は、真夏日*
とっても暑い。



午後から、友人の家のプールのお呼ばれしていましたが、昼食後、雲行きがおかしい・・・
                              と思っていたら、すごい勢いでスコール!

あっという間に、湿度が上がっていくのを肌で感じます。
ん? ちょっと待って・・・・・・フラッシュバック??? それは まるで・・・
 花火と浴衣・・・そして蚊取り線香の香りまで漂ってくるような気がします。 まるで、日本♪
        体がちゃんと、日本の湿度を覚えているのです。
            一瞬だけ、日本に居る様な気がして、すごい嬉しい気分になりました。

                でも、浮かれてばかりは居れません。
                日本では、九州地方大雨とのこと、心よりお見舞い申し上げます。


そんな暑さをすっきりさせてくれる、ゼリー・ジェラティーナを作りました♪
日本やアメリカではこんなにポピュラーなゼリー。
実は、イタリアではあまり見かけないものなのです。 
食べたかったら自分で作るしかない! デザートなんですよ*
もちろん、スーパーでは、ゼラチンを売っていますが、その主用途は、ババロアやお肉のゼリー寄せ などに使われることがほとんどです。

それでも、イタリア人にせっせとゼリー・ジェラティーナを作って食べさせています。
評価は・・・ 賛否両論! でも我が家のイタリア人、シモチャンはゼリー大好きです♡


La Gelatina di Vino Rosso con profumo di Mela

赤ワイン250ml・ アップルジュース250ml・ リンゴ・桃 各ひとかけら・ お砂糖適量・ シナモンパウダー少々・ 板ゼラチン3枚(6g)・ 飾り用の種無しブドウ

赤ワイン・アップルジュース・リンゴ・桃をなべに入れ沸騰させます。
その間、板ゼラチンを水に5分ほど漬け、ふやかします。
沸騰したところで、リンゴ・桃を取り出し、良く絞ったゼラチン・シナモンを加えよく混ぜます。
お砂糖もここで加えますが、ジュースの甘さによって適量を調整して入れてください。
器に移し、半分に切ったブドウを浮かべ、冷蔵庫へ♪

                Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_8433976.jpg
良く沸騰させて、アルコール分を飛ばしているので、これなら子供も大丈夫!
ジョーたん君も大好きです♥

ワインがボトルに残るとお料理やデザートに再利用します。
というのも、イタリアの田舎で生活する人々の多くは、農家から直接ワインを買います。
a0058148_8465389.jpg
こんな大きなガラスの樽 Damigiana・ダミジャーナ というものを使います。
なので、この樽から、小さなボトルに家で詰め替えるわけなんです。
ただ、防腐剤や添加物が一切入っていないので、一度ボトルを開けてしまうと飲み切らないと、すぐだめになってしまうんです!
お味の方は・・・ もちろん濃厚で素朴なワインの味♪ 
これに慣れると、ボトル入りで売っているワインは、飲めなくなってしまいます。
ぜひ、イタリアにいらしたら、このワイン試してくださいね* 百聞は一見にしかず♪です!

a0058148_8534932.jpg
ブドウも実り始めました* 今年も美味しいワインができるといいなぁ♪
                   



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-24 08:34 | Il Dolce
鴨肉のソテー・マンゴソース と ほうれん草のケーキ
今日も、ここトスカーナは、38℃の真夏日*
家の外に一歩出るだけで、めまいがしそうなくらいです。
でも、ヨーロッパは、日本に比べると湿度が低いため、日陰に入ると少しは楽になります。
我が家は日本で言うところの蔵のような造りなので、家の中は、クーラーがあると訪れた人に勘違いされてしまうくらい、涼しいのです。
ソファーの上で、うたた寝をしていたら、寒くて思わず起きてしまいました・・・
熱い・暑い 大都会Milanoに住んでいるSoleちゃんたちに、そんなこと言ったら、集団暴行にあってしまいそうです・・・ ごめんなさぁ~い! 

そんな時、
久し振りに、きちんとガスコンロの前に立ち、お料理したくなりました♪

L'Anatra con Salsa di Mango

材料 
ダック半分・ マンゴ1個・ オレンジジュース半カップ・ タマネギ1個・ にんにく1欠片・ マーマレード大匙3

鴨肉を適当な大きさに切り、塩コショウをします。
タマネギ・にんにくをすりおろし、マンゴ2/3を小さく切って潰し、オレンジジュース・マーマレードとあわせます。
そこに鴨肉を浸し、最低30分冷蔵庫で休ませます。

中火のフライパンで、鴨の皮がついてる面から焼き、両面とも表面がカリッと焼けたら、残りの汁を加え、弱火にして、よーく火を通して、残りのマンゴをカットしたものでトッピングして、

                Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_7133271.jpg

マンゴとマーマレードの甘さが、なんとも夏らしい、爽やかなお味です*
そういえば・・・少し前に のびたけおブログ ののびさんが、 「鶏肉のハチミツオレンジ焼き」 を作っていらしたのを、この出来上がりの画像をみて思い出しました♪
のびさん のように鶏肉を使って、オレンジのソースでも透明な感じで、美味しそうですね♡

そして、合わせるお野菜は・・・

La Torta di Spinaci

材料 冷凍ほうれん草(冷凍じゃなくってももちろんいいです!)250g・ 小麦粉1カップ・ 牛乳

冷凍ほうれん草を解凍し、小麦粉を1/3加え、塩コショウで味をつけます。
小麦粉がほうれん草全体に混ざったら、牛乳を少しづつ加えながら、残りの小麦粉も生地の状態を見ながら加えていきます。
a0058148_7301556.jpg
こんな感じの生地になったら、た~っぷりのバター(25gくらい)をフライパンに溶かし、生地を入れ、パンケーキの要領で焼いて・・・

                 Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_7331577.jpg
見た目はあまり良くないけど、お野菜があまり得意ではないジョーたん君も、これなら喜んでたくさん食べてくれます♪
              イタリアンパセリとアンチョビのソースを添えて♡ いただきます♪

久し振りにちゃんと、料理して作ったもの♪ 
シモチャンも、ジョーたん君もいっぱい食べてくれました♡
手をかけて作ったものは、やっぱり美味しいですね*     Viva* 幸せは食卓から♪


a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-22 07:44 | Il Secondo
オランダからの・・・冷凍便*

オランダから、楽しみにしていた、冷凍便が届きました。
a0058148_5261578.jpg

オランダのある水産会社に、初めて注文した商品が入ってます。
ヨーロッパ国内は、日本のようには、宅配便が機能していないため、3日程かかって到着。
保冷剤や、ドライアイスが入れられていましたが、やっぱり真夏の気候の為か、ドライアイスの影も形もなくなり、残念なことに 頼んだ商品は、少し溶けてしまっていました。

中には、
a0058148_531665.jpga0058148_5312877.jpga0058148_533911.jpg












シモチャンの大好きな・ウニ、ししゃも、たらこ   ウニは小粒の物でしたが、お味はOK♪

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0058148_5315414.jpga0058148_532144.jpg









冷凍甘エビに、初めて見る・冷凍寿司!! 
***冷凍寿司を買ってしまうほど、寿司に飢えている私たち*** 笑) 

でも、冷凍寿司は、無残なほどに美味しくなかった・・・ もう期待はずれもいいところです。 泣)
泊まりに来ていた日本人のお友達が 「ご飯はレンジにいれたら食べれるかもよ!」 と教えてくれたので、お寿司をご飯の部分と刺身に解体して、ご飯の部分だけを早速レンジへ!

ご飯の部分は、これで、何とか食べられる♪ さすが、Cさん*

でも・・・ 握り寿司一つずつパッキングされているのを自然解凍して、ご飯と刺身を分け、レンジにご飯の部分だけレンジにかける・・・・・?

それって、すごい時間のかかる作業で、一つづつパッキングされている意味がないんじゃない?? 

この会社に、質問およびクレームのメールを送って3日経つけど、未だ返事はありません・・・


それ以外は、あればとても嬉しい食材が手に入るので、とても嬉しいサービスなのですが・・・

最低オーダー額も、送料込みで230ユーロ・約31,000円 というのもけっこう大きい金額。
何人か友達で、シェアーして買えばいいのでしょうけど・・・一家族分では負担が大きすぎます。

ヨーロッパ各国に配達OKだそうです♪
興味のある方は、コメントくだされば、連絡先お教えしますよ♬

でも、冷凍寿司だけは 買わないでください!! 笑)


a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-21 05:57 | E.c.c 
Richard Ginori ・リチャード ジノリ
ここ2-3日、更新をサボってしまっています。 返事も遅くなってます、ごめんなさい*
というのも、ミラノの近くのMonzaというところに住んでいる日本人のお友達が、お嬢さんと一緒に、我が家に泊まってくれています。

今日は、Firenze郊外のリチャード・ジノリのファクトリー・アウトレットまで足を伸ばしました。

a0058148_832832.jpg
ジノリ といえば、イタリアの高級磁器として有名なブランド。
イタリアの、元サヴォイア王室御用達の、老舗です。
ロゴの中にも記されているとおり、1735年からの歴史のある会社。



1730年頃までは、ヨーロッパで、中国や日本で作られるような、美しい磁器が作ることがなかなかできずにいたところ、当時のトスカーナ大公国の要職であったカルロ・ジノリ侯爵が自ら研究を重ね、イタリアでの磁器を誕生させたのが始まりだそうです。
その当時のモチーフも、現在に至るまで、変化しながら、受け継がれています。


イタリアの国内の、アウトレットモールでも、ジノリのものを見かけることができますが、このアウトレットは、まさに工場の隣に隣接している、ファクトリーアウトレット。 値引きの率が違います!!

a0058148_87143.jpg
このシリーズが、日本で一番有名な ITALIAN FRUITS (イタリアン フルーツ)。

18世紀の後半に、ある貴族の、トスカーナの別宅専用の食器としてデザインされたのが、このシリーズの始まりだそうです。

我が家も・・・
a0058148_8314873.jpg
a0058148_8403827.jpg
ジノリの MUSEO CLASSICO (ミュージオ クラシコ) を愛用させていただいています♪

MUSEO・ムゼオとは、イタリア語で博物館の意味。
この MUSEO・CLASSICO はカルロ・ジノリ公爵が窯創設期から続く、リチャ-ド ジノリの柄の中でもっとも古いパターンのひとつ。
リチャード ジノリを代表する柄のひとつですが、なんと!! その原案は日本の九谷焼なそうです。
当時どれだけ、日本の磁器が尊ばれていたかが、そのことでもわかる様な気がします。

このモチーフが大好きな私。
やっぱり、私の底には、思いっきり日本人の感性が流れてるんだと実感しました。

"La Botteguccia Richard-Ginori 1735" ジノリ・アウトレット
Viale Giulio Cesare, 19
Sesto Fiorentino, Firenze

Tel. 055 4210472
火曜日~金曜日 9.00 - 13.00 / 15.00 - 19.00


日本では、デミタスカップを買うのも、ちょっと考えてしまうような値段のジノリの磁器。
でも、ここに来たら、2級品でもテーブルウェアー 一式揃えたくなるようなお値段に大満足♪

ジノリの永いストーリーが一目でわかる、すばらしい美術館もあり、イタリア美術に興味のある方は、足を伸ばす甲斐があると思いますよ♥


a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-20 08:49 | E.c.c 
チェコ料理 のガーデンパーティー*
La Cena con La Amica Ceca*

チェコ人のお友達のおうちにお呼ばれ♪
彼女のだんなさんは、イタリア人。 ナポリの方で、とっても明るくって楽しいおじさま*
バツイチ*同士の、とっても素敵な御夫婦です。

彼らのおうちは、大きなVilla・お屋敷を 11軒のアパートメントに分割したうちの1軒。
もちろんプールもあり、おたがいの子供を育て上げ、御夫婦で楽しくここで、暮らしています。

ヨーロッパでは、最初の結婚に、終止符を打った人同士の再婚は当たり前のこと。
この2人を見ていても、お互いの子供達と一緒に過ごしたり、とっても自然な関係。
それぞれの人生をエンジョイされていて、とても生き生きしています♪

a0058148_7142355.jpg
彼たちとは、
以前ここに住んでいた、日本人のお友達を通して知り合いになりました。
今日は、その日本人家族が、久し振りにここに訪ねてきたので、パーティーとなった訳です♪

写真がうまく取れなかったのですが、
サラミのアンティパスト、冷製のパスタ というイタリア料理に続き、 メインはチェコ料理♪
a0058148_721116.jpg
彼女がチェコから持ってくる、チェコのクミンが入ったパンをたっぷりの油で揚げたものに
a0058148_7221598.jpg
この、牛肉のタルタルを添えて食べます♪ 
新鮮な生の赤身の牛肉に、にんにく・タマネギ・ピクルスなどを混ぜ、秘伝の!?味付けをした物。

タルタルをパンに乗せる前に、生のにんにくをパンに擦り付けてからいただくのが、本場・チェコの食べ方だそう♪ にんにく大好きな私にとっては、もう♡
a0058148_733315.jpg
大好評で、もう一皿、彼女が揚げパンを用意してくれました* Grazie♪

この後、久し振りに帰ってきた元住人に会いに、他のVillaの住民も合流して、12時まで大騒ぎ♪
子供達も、走りつかれて、車に入ったとたんに寝てしまいました・・・ Buona Notte♪

                       力強い彼たちに、今日もパワーをたくさん貰いました*



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-16 07:35 | I Miei Amici
海でピクニック ・ スペルト小麦のサラダ
Vada-Toscana

1泊2日で、ジョーたん君のお友達を訪ねに、海に行ってきました。
      *その為、頂いているコメントの返事が遅れてます! ごめんなさいm(._.*)mペコッ
我が家から、1時間15分程で車で行ったところにあるビーチ、ヴァーダ・Vada。

ジョーたん君の大親友のおうちに、お邪魔しました。
お友達の家から歩いて3分程のパラソルを借りて、丸2日、のんびり・・・・♪
a0058148_6112522.jpg

2日目のお昼ご飯は、家から持参して、ビーチに隣接する松林で、ピクニックをすることに*
                                 子供達は、ピクニック、大喜びです♪
a0058148_6215377.jpg



L'insalata di Farro

朝、ビーチに行く前に、良く洗った Farro・スペルト小麦を茹で、トマト・レタス・ツナ・タマネギ・バジル・モッツッァレッラチーズと混ぜて、冷蔵庫で冷やしておきます。
味付けは、食べる直前にEVオリーブオイル・塩・レモンでさっぱりと。 

                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_6205377.jpg

このサラダは、アレンジが利く優れもの*
残り物の、焼き魚やローストチキンの身をほぐして入れたり、くず野菜を入れたり・・・
                  パンツッァネッラ とともに、我が家の夏の定番メニューです♪



そしてこの スペルト小麦 とは・・・・・

スペルト小麦は、完璧な自然食品 古代小麦と呼ばれています。

スペルト小麦は普通小麦と同じように、42の染色体を持つ6倍種の普通系小麦ですが、パン小麦とは構造が違い、重要な物質は普通小麦とは対照的に、穀物の内部で見つかります。

普通小麦では栄養的に重要な物質は表皮および胚芽に含まれていますが、それらは通常すべてが製粉工程の中で除去されてしまいます。 
普通小麦と構造的に違うスペルト小麦は、これらの栄養的に重要な物質は製粉工程で除去されないため、身体にとってより多くの必須栄養素を提供することができるのです。
さらに、スペルト小麦は同類種の普通小麦よりも、多くのタンパク質、アミノ酸、ビタミンB、ミネラルを含んでいます。

そして、スペルト小麦の高い水溶性によって、含まれている栄養は身体へと素早く吸収されます。
それらの栄養素はわずかな消化作業によって、体の隅々までの組織に行き届きます。

現在ヨーロッパの多くの医療機関では、スペルト小麦を多くの病気治療の補助手段として使用しています。 特に、慢性の感染症、また神経の病気(パーキンソン病やアルツハイマー病)、骨の病気、関節炎、癌の治療薬剤および抗生物質の副作用に良い治療効果を示しているとのことです。 


近代科学が発達した20世紀の初頭から、「多収」「安定」「良質」の目的でスペルト小麦は人為的に品種改良され、現在のパン小麦(普通小麦)を作り出しました。
近年、このパン小麦(普通小麦)を食べると「小麦アレルギー」を発症する人が増え、ヨーロッパや米国諸国では大きな問題となっています。
しかし、古代小麦で原種にあたるスペルト小麦はパン小麦(普通小麦)とは遺伝子構造的が違うため、小麦アレルギーが発症しにくい食物として注目されています。
    注意: 「グルテンフリー」ではないため、必ず使用前に主治医の指示を仰いで下さい。

トスカーナ州ルッカ近郊のGarfagnanaで収穫されるスペルト小麦が、最高の物とされています。


トスカーナにいらしたら、是非ぜひ♪ 試していただきたい、体に優しい食べ物です♬


*************
我が家のミニ・サーファー* 疲れ切って、海からあがります・・・・ 
           怪しい雲と風が、太陽を隠してしまいました・・・もう、帰る・・・・・・・・よ♪
a0058148_72299.jpg



a0058148_18403971.gif  ◇◇◇ ヨーロッパ・ブログランキングに参加中♪ ◇◇◇
今日もポチッ☆とワンクリック*お願いします  ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ ⇒



a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-07-13 23:58 | Il Primo