◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
イタリア食材「ベリッシモ...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
しっとりレモンケーキ
La Torta Madera

リコッタチーズケーキを、朝ごはんに食べたいから作って*、というシモチャンの要望♪
アレは、作ったばかりだから、他のが作りたいわたし・・・
結局、違うケーキを作ることにしました。a0058148_0154799.jpg

さっぱりと、レモンのケーキを作ります。

材料
無塩バター180g・ グラニュー糖180g・ 卵3個・ 小麦粉165g・ レモンの皮を削った物小さじ2・ ベーキングパウダー小さじ1・ レモン汁小さじ2




室温のバターとグラニュー糖をハンドミキサーでよく混ぜる。
白くヴォリュームがでてきたら、溶いた卵を少しずつ加え、さらによく混ぜていく。
よく振った小麦粉・ベーキングパウダーを加え、レモン汁・レモンの皮を最後に加え混ぜる。
18cm○型にバターを塗って、小麦粉をふり、オーブンを160度に温めておく。
型にタネをゆっくり入れ、表面をスプーンの背で整える。
分量とは別に、大さじ2ほどのグラニュー糖を表面にまんべんなくふりかけ、オーブンへ。
160度で、約一時間、ゆっくり焼く。
焼きあがったら、最低でも15分型に入れたまま冷ます。
型から取り出し、粉砂糖と、レモンの皮をデコレーションして

                  Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪ 
a0058148_0141855.jpg




a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-06-29 23:59 | Il Dolce
自家製・釜焼きPizza その後♪
Pizza Fatto in Casa

a0058148_23571073.jpg

わたしのお友達、RobertaのこのすばらしいVilla は、以前記事にした、
イギリス人の歌手・スティングのお屋敷にすぐ近くにあります。
                                   *我が家からは、車で5分ほど・・・

日本で言う、昔の豪農の家。
Robertaの御主人 Massimo の、ご両親が買って修復した建物です。
現在は、御両親・Massimo家族・Massimoの弟家族 3家族でこの建物を使っています。

プール・テニスコートはもちろん、オリーブと葡萄農園もあり、自家製のオリーブオイルと自家製のワインをつくっています。

自家製オリーブオイルはもちろんのこと、この自家製ワイン・・・ これを飲んでしまうと、買ったワインは飲めなくなってしまいます。
スーパートスカーナと呼ばれるワイン達にも、負けてなんかいません!
ワインを飲んだ次の日にも、その違いは・・・わかります♪


プールの脇に、Pizza用の釜があります。 
a0058148_011026.jpg


焼き始める1時間くらい前から、薪をいれ釜を温め始めます*
そして、みんなが揃った午後7時半頃から・・・ Pizzaを焼き始めます。 こんな感じ♪
a0058148_0134152.jpg


そして・・・
a0058148_01633100.jpg

Robertaは午後3時から、Pizzaの生地を作り始めていました。
実は、3回発酵させて作るこの生地の作り方、初めて知りました♪ おっ、おいしいぃ♡

どんな有名でオシャレな、Pizzeriaで食べるPizzaよりも、心がこもって暖かい・・・*
                                 本当の贅沢って、こういうことかも♪

子供の頃からこんなにすばらしい経験ができる、ジョーたん君。 
     本当にあなたは幸せ物です。 いつかきっとそれがわかる日が来るでしょう。
                 そのときには、シモチャンに心から感謝するんでしょうねぇ~*  

*******
あ、そうそう、昨日のリコッタチーズケーキ*Robertaの御主人Massimoにも大好評でした♪
ふかふかに柔らかくって、口の中でとける感じ♪  
                      簡単レシピ、ばれなくってよかった♡ ε-(´・`) フー



a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-06-28 23:55 | I Miei Amici
混ぜるだけ* リコッタのチーズケーキ
Torata alla Ricotta

今日は、曇り空。 それでも気温は、38度。 
湿度が低いといっても、やっぱりちょっと動くだけで、汗ばみます・・・

友達からプールにお誘いの電話♪
しかも、夜は家の外のPizza釜でPizzaを焼いて、テラスで食べよう!! とのこと* Si!!!!

そこで、デザートは、わたしが作って持っていくことになりました。

ただいま、ジョーたん君は、この↓ プールの中。 わたしは、ケーキを作りに戻ってきました*
a0058148_22542471.jpg
気持よさそうでしょぅ・・・♪

早く、わたしもプールに戻りたいので・・・ 簡単混ぜるだけリコッタ・チーズケーキを作ります。

材料
グラニュー糖200g・ 小麦粉200g・ リコッタチーズ200g・ 卵3個・ 溶かしバター100g・ ヴァニラエッセンス少々・ ベーキングパウダー小さじ1・ レモンの皮削った物少々

材料を全て一緒に混ぜ、ハンドミキサー強で約5分混ぜる。
170~180℃に温めたオーブンに入れ、25~30分。 
表面が焦げそうになったら、アルミホイルでカヴァーしてください。
粗熱をとり、室温まで温度が下がったら、粉砂糖で真っ白くお化粧* 

                Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_235458.jpg
ケーキケースの中に入れて、プールへ逆戻り♪
しっとり美味しい、リコッタ・チーズケーキができているはず。 
Pizzaを焼く様子は、また明日お伝えできると・・・・・・・・・思います* 


a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-06-27 23:09 | Il Dolce
たまには・・・トリフ・ポルチーニ茸 づくし*
Vallombrosa・Reggello-Firenzea0058148_15193.gif

Vallombrosa・ヴァロンブローザ 
Firenzeから35kmのところに位置する国立公園の森があります。 広さは、1.279 ヘクタールあり、標高は、450-1.450 m。

ヴァロンブローザには、キリスト教のヴァロンブローサ会の創立者である、S.Giovanni Gualberto-ジョヴァンニ・グァルベルトが西暦1038年に20年の歳月をかけ設立した修道院があり、現在でも聖なる場所としてたくさんの人が訪れる歴史上重要な場所です。

夏には避暑地として、近郊のたくさんの人が訪れる場所となっているため、山の幸がいただけるレストランが何軒もあります。



中でもお勧めは、この Ristorante Giacomo* トリフ好きにはたまらない♪



Ristorante Giacomo

a0058148_1365574.jpg
   夏は、テラスでお食事できます♪ 標高が高いため、日陰に入ると本当に涼しい・・・*


a0058148_1583267.jpg
アンティパスト・前菜には・・・ フレッシュ・トリフのブルスケッタ
炭火で焼いたトスカーナパンに、たっぷりのEVオリーブオイル・塩コショウ・サーブされる直前に削ったトリフがたっぷり乗っています。

a0058148_1595569.jpg
プリモ・ピアットは、ポルチーニ茸のタリアテッレ と トリフソースのラビオリ。
ここのポルチーニ茸のタリアテッレは、タリアテッレも手打ちなので、本当に美味しい♡
ラビオリは、コクのあるホワイトソースにツブツブのフレッシュトリフがたっぷり*
こんなにたっぷり・・・もったいない♪ と思うくらいたっぷり・・・

a0058148_202973.jpg
そして、メインは、 Tagliata al tartufo・トリフのタリアータ。
これは・・・絶品!! 食べないと、この美味しさを伝えるのは難しいのですが・・・
お肉は、もちろんトスカーナ産キアニーナ牛。 
油分が全く無い赤身なのに、フォークでカットできるくらいの柔らかさ。
炭火で焼いた、厚さ10cmほどのレアステーキを薄くカットしたものに、EVオリーブオイル・塩コショウだけという単純な味付け。
その上から、またまたこれでもかっ!! って言うほどのトリフ! 
上にかかっている、チーズのような白いものがトリフです。 素材の味が勝負の、お料理です。


フィレンツェから、レンタカーを借りて行かれても、無駄足にはならないかも♪
だって、日本では、こんなフレッシュ・トリフ・・・お高い以前に、お目にかかれないですものね*


Ristorante Giacomo
Loc. Saltino - Vallombrosa
REGGELLO (Firenze)
Tel. 055.862185    要予約

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-06-26 23:57 | I Ristoranti
ル・クルーゼで作る ナポリのジェノバソース
GENOVESE alla Napoletana

ル・クルーゼを買ったからには、やっぱり煮込み料理を作ってみたい♪
そんな時、ヘルシーで、ゴールドにピカピカ輝いているソースを ◆Mamma ho fame!!!◆のBuongustaiaさんのところで発見♪
その名も、 ◆ナポリのジェノバソース。タリアテッレ◆!!

同じイタリアでも、彼女の作るイタリア料理は、南イタリアのナポリのお料理。
トスカーナ料理とは、全く違う物・・・ いつも、大変お勉強になります♪
でもいつも作っても、ほとんど食べないそう・・・ 
スピリットはイタリア人、でも・・胃のほうは、Buongustaiaさん、イタリア人じゃないようです^^*


作り方は、Buongustaiaさんが行程を写真付きで丁寧に説明されています!
ここでは、抜粋した作り方を御紹介します。 
詳しくは、Buongustaiaさんのところでご覧ください♪

材料 
豚ヒレ肉・ 玉ねぎ(9個)・ ニンジン(1本)・ セロリの茎(1束)・ 塩・ コショウ

玉ねぎは、大雑把にスライスしておく。
ニンジン、セロリは、ザク切り。 豚ヒレ肉は、塩、コショウをしておく。

大なべに、スライスした玉ねぎとヒタヒタの水を入れ、火にかけ、玉ねぎを煮る。
沸騰して、玉ねぎが透き通ってきたら、ザルにあげて、茹でこぼす。

再び、大鍋に、ザルにあげた半量の玉ねぎを加え、その上に、ニンジン・セロリのザク切りと塩、コショウした豚ヒレ肉を加え、その上から残りの半量の玉ねぎを乗せ、豚肉を蒸すようにして、かぶせる。

ほんの少し、グラス1/2程度の水を加え、鍋の蓋をし、弱火にかける。
沸騰したら、ゴクゴク弱火にし、焦げないように様子をみながら、約30分程度蒸し煮にする。

30分程度経過したら、豚肉だけ、別皿に取り出す。
さらに、様子をみながら、時々かき混ぜ、2時間程度煮込む。

だいぶ水分が出てきて、野菜類がくにゃくにゃになったら、少しずつザルにあげて漉していく。

丁寧に漉していき、ザルに残った野菜の屑も、さらに優しく漉していって、スープに加える。
漉し終えたら、再度、鍋に移し、火にかける。味見をしてみて、塩で調整後、少し煮詰める。

そして、パスタを茹で上げ、EVオリーブオイルをからめ・・・

今日は、お友達にいただいた、サフランを練りこんだタリアテッレを使いました♪
                                     Buon profumo・いい香り♥

                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_0342860.jpg


そして・・・豚肉というと・・・*
日曜日のランチに、いただきました♪ 
a0058148_050376.jpg
ナポリのジェノバソースを下にひき、EVオリーブオイルをたっぷり*
そして、お得意の*バルサミコクリームソースで、味のアクセントをつけました。
とっても美味しいく、素材の味を楽しめることができました。 もちろん、ルクも大活躍・・・♬


ところで・・・
パリ在住かと思わせるオシャレなブログ、YUKIの部屋 のとっても女性らしいYukiさんが水餃子を作っていらしたのを見て・・・ どぉしても食べたくなって作った、餃子*
ニラは、畑に植えてあるので、意外に手軽にできます。 
あとは皮を作るだけ・・・♪ ←これが一番大変なんですけど★
そして・・・ジョーたん君の大好きな、パリパリの羽付き焼き餃子を久々に作ることにしました。
a0058148_11216.jpg
ほんとうは、まん丸に仕上がったのだけど・・・* 食べちゃってから、 「写真、写真~~!」
ごま油を薄く引いたフライパンに、餃子同士がくっつかないように餃子を並べ、水溶き小麦粉をフライパンが見えなくなるくらいかけ、中火で蓋をして焼くだけ。 パチパチと音がするまでは、蓋を絶対取らないのがコツ♪
ひっくり返すことも無く、ただ焼くだけ。 

          *イタリアの家庭料理もいいけど・・・ 日本の家庭料理も最高ですね*


a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
       
[PR]
by mo1968 | 2006-06-25 22:57 | Il Primo
コンピューターウィルスからビスコッティまで・・・
Da Virus A Biscotti

やっと、今、コンピューター修理が終わり・・・ C=(^◇^ ; ホッ!
なんと、すごい数のウィルスとスパイウェアに攻撃され、Norton Anti Virusまで、フリーズ状態・・・ コンピューターの電源まで切れなくなってしまってしまいました。

早速、修理を頼み、来てもらい・・・朝電話して、午後には来てくれました! 
運がいいとしか言いようがありません! なんて言ったって、ここはイタリアですから・・・★

でもそんなわけで、いつもジョーたん君の幼稚園のお見送りをしてから、PCを開けるのが日課となっていますが・・・ が・ま・ん!

ラベンダーの花を摘みたかったので、ちょうどいいかも・・・♪
朝じゃないと、暑くて作業ができなくなっちゃいます* それに朝のほうが香りもいい♡
                              ***ということで、こ~んなに いっぱい♪
a0058148_2495439.jpg

ドイツ人の友達も、摘むのを手伝ってくれて♡
このとおり、10人掛けのテーブルの上がいっぱいになってしまいました*
a0058148_2555381.jpg
まだまだラベンダー残っていますが、お庭に咲いている姿が見たいので、残して置きます。
a0058148_2583460.jpg

あとは、ドライにするための作業が・・・・明日にしよっかなぁ~* とすでにやる気なし★ 笑)


*****そして午後、コンピューター修理のお兄さんが来てくれました♪
           思ったより、時間がかかる・・・ (*゚o゚*)~゚ ボー としてるのもなんだから・・・


*超簡単♪干し葡萄と松の実入り・ビスコッティ* を作ります♪

作り方
卵2個・ 小麦粉300g・ 砂糖大さじ8・ べーキングパウダー小さじ1・ バニラエッセンス・ 干し葡萄150g・ 松の実100g・ 無糖コーンフレーク 200g

干し葡萄は、ぬるま湯につけ戻し、水を切る。
コーンフレーク以外の材料を、よく混ぜる。
よく混ざったら、最後にコーンフレークをいれ、軽く混ぜる。
オーブンシートの上に、スプーンで軽く形を整えて並べる。
180℃に温めておいたオーブンで15~20分焼く。

                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_5174629.jpg

かの有名なイタリアの 「ビスコッティ」 と呼ばれるクッキー。
Firenzeの隣町、布地生産が盛んなPratoが発祥の地*
Vin Santoという食後酒のVin Dolce・Sweet Wineにつけながら食べるのが、Prato流*
a0058148_5482673.jpg
このBiscotti di Prato・ビスコッティ・・・
上のレシピの干し葡萄・松の実・コーンフレークをアーモンドに換えてれば、簡単にできちゃいます♪
焼き時間を15分にして、一口大にカットして、さらにオーブンで5分入れれば出来上がり♡

コンピューター君も、回復に向ってるようだし、修理のお兄さんとビスコッティ・タイムしました♪ 
                      Buon Lavoro!! お疲れ様!!


a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
       
[PR]
by mo1968 | 2006-06-24 05:52 | Il Dolce
夏向き 簡単パスタ*
                                   ↓FIFAより写真をお借りしました
a0058148_054148.jpg
ただいま、サッカー・ワールド・カップのイタリア-チェコ戦の真っ最中。
我が家の大黒柱シモチャンは、 「あ~今日の試合は、見れない!!」 (´_`。)グスン と半べそをかきながら* 出て行きました。  
普段は、あまり興味が無いフリをしているくせに、ワールド・カップは別だとか・・・*
まぁ、わからないでもないですけど・・・♥

サッカーに、全く興味のない私も、こうやって話題にしていることだし♬
しかも、イタリア人にとって、チェコ戦は特別な思いがあるとか・・・*
 ***永いサッカーの歴史において、イタリアが1934年に最初のW杯を獲得した際の決勝の相手はチェコ独立前のチェコスロバキア・・・
さらに1990年のイタリア大会で同グループとなり対戦し、イタリアが2-0と勝っている。
                                             そうなんです・・・

なので、どうしてもここは勝ちたいところ、応援にも力が入ります♬ Viva Italiaaaaaa♬

そ・し・て♪イタリア時間午後9時からは、日本-ブラジル戦がありますね* 
がんばれ、日本♬



La Pasta Estiva* a0058148_2136521.gif





応援の準備のため ←言い訳です♪ つい、手抜きのお昼になってしまいました。
でも、ここはイタリア! 手抜きでも、だんな様のために* 美味しいパスタを作ります♪

a0058148_23455590.jpg
材料は
以前ご紹介した、ドライトマトのオイル漬け
アンチョビのオイル漬け
ケッパーの酢漬け
にんにく
バジル

ドライトマト・アンチョビ・にんにくを細かく切って、アル・デンテに茹でたパスタに、たっぷりのEXオリーブオイル・ケッパーを一緒に混ぜるだけ。 仕上げにバジルを*
お好みに合わせて、ぺぺロンチーノもとっても合いますよ♥

                 Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_23512687.jpg




****

最近のお買い物*
八百屋さんのフルーツ木箱のフェイク、陶器版!
a0058148_2357668.jpg
ジャガイモや、玉ねぎを入れて置くのにいいかな? と思い思わず2個も衝動買い* 
                    一個でよかったかも♪ ε-(´・`) フー 置き場所が・・・・★

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
       
[PR]
by mo1968 | 2006-06-22 23:53 | Il Primo
*レッドカラントの焼きカスタード・タルト*
La Crostata di Ribes

我が家の庭にも、キラキラ輝く実をつけるスグリの仲間のカラントが、実をつけ始めました。
カラントには、赤実種・白実種そしてお酒でも有名な、ブラックカラントのカシスがあります。
そのカラントの実を使って、かんたんタルトを作りました。

a0058148_22432518.jpg


イタリアでは、この季節Mercato・市場や八百屋さんの店頭でこんなにかわいいディスプレー!? を見ることができます。
赤、色、黒3色のカラント* 
手ごろな値段で買えるこの時期、多めに買って、ジャムにするのもいいかもしれません♬
我が家のカラントは3年目なので、まだそんなにたくさんの収穫はありませんが、タルトを作るくらいは、楽しめます♥
自然の恵みに、感謝♪





ブログお友達の、ハイデルベルグ日記 の麻。さん、 ドイツのハイデルベルグでイタリア人の御主人と3人のお子さんとで、楽しく生活されている、素敵な優しいママさん。
その麻。さんの ~カスタード風簡単クリーム~  のレシピを使い、レッドカラントでタルトを作ってみました。

麻。さんの ~カスタード風簡単クリーム~  の作り方

   1) 鍋に、卵黄2こ分+砂糖大さじ2~3+薄力粉大さじ1を入れ、よく混ぜます。
   2) 牛乳250mlを少しずつ加えながら、なめらかになるまで混ぜ、中火にかけます。
   3) (常に混ぜながら)フツフツしてきたら弱火にし、とろりとするまで混ぜます。
   4) 火からおろし、粗熱をとり、好みでレモンの皮のすりおろしを加えます。

ま~~~~~! これがまた簡単で・・・美味しい♪ Grazie, 麻。さん♡


生地・パスタフロッラを用意
無塩バター 100g・ 小麦粉 200g・ 砂糖 70g・ ベーキングパウダー 小さじ1・ 卵2個・ 卵黄1個分・ 塩 少々
*室温のバターと小麦粉・砂糖・ベーキングパウダー・塩と混ぜ、よくこねる。
 生地がよく混ざり、ポロポロほぐれるようになったら、ほぐした卵液を加えて、玉にまとめる。
 ラップに包み、冷蔵庫で3時間以上寝かせる。

この生地を伸ばし型に敷き、~カスタード風簡単クリーム~を型の中に流し込みます。
この生地の分量だと、クリームの量が少ないので、クリームの分量を、1.5倍にしてください。

200℃に温めておいたオーブンに、約20分。 クリームに薄い焦げ目が付いたら、OK。

粗熱をとり、レッドカラントをちりばめて、ミントを飾り・・・冷蔵庫へ♪

                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_2395930.jpg
           もう、この*なんちゃってカスタードクリーム*病み付きになりそう♡
         焼くとさらに風味が増して・・・ これは定番レシピ入り確実!    Viva♪ 



******

a0058148_2320618.jpg乳歯が抜けると・・・
いろいろコメントいただきました♪ Grazie♡
イタリアでは、枕の下に置いて寝ると、次の日には、お金に換わっている♪
という言い伝えがあります。
いやぁ~* ^0^
国や、地域によっていろいろ違いがあるのですね。


もちろん、うちのジョーたん君は・・・・・
          「大きくなってから見たいから、金庫にしまっておいて♪」 だって・・・
                          全く・・・夢が無いんだから・・・(='m')くすくすっ♪


a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
        
[PR]
by mo1968 | 2006-06-21 23:28 | Il Dolce
ル・クルーゼ デビュー♪
Le Creuset

昨日、宣言したとおり (^0^* キッチン大好きのPingu会長の"簡単ポテトパンケーキ"に挑戦*
ちょっと、イタリアンにアレンジしてみました。

***Pinguさんのレシピは・・・ 
<材料>
じゃがいも 中2個/薄力粉 100g/塩 小さじ1/砂糖 小さじ1/ベーコン 3枚/スライスチーズ 2枚/ベーキングパウダー 小さじ1/卵 1個

わたしの場合・・・ ジャガイモをすりおろすのが面倒だったため★ ←ずぼらです♪
a0058148_23185748.jpg
非常用に買ってある ^0^ インスタントのマシュドポテトを使いました。
 *ちなみに、イタリアではマッシュポテトを PURE' di Patate 略してPURE'・プレと呼びます*
通常は、インスタントの物をあまり使う主義ではないのですが、意外と食べるとけっこう美味しい♡ 
単に茹でたジャガイモの粉なので、急ぎのときなどには便利、いろいろ応用もできます*

Pinguさんオリジナルバージョンの <作り方>
①じゃがいもはすりおろす。ベーコンとスライスチーズは3~4cm角くらいに切る。
(ベーコン1枚分は、表面にのせる。)

②薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、卵、すりおろしたじゃがいも、カットしたスライスチーズとベーコン、全てをボウルに入れて、グルグル良く混ぜる。

③ル・クルーゼにオーブンシートをひいて、②のタネを流し込む。表面に、ベーコン1枚分をきれいにのせて、好みでパセリものせる。

④蓋をして、常に中火で12~3分。ひっくり返して約5分。

わたしの場合は、ジャガイモを、インスタントのマッシュポテト・そして、生クリームを250cc加え、スライスチーズを1枚にして、パルメザンチーズをたっぷり入れました。
そして、ナツメグ・ローズマリーとセージも足して、ハーブの香りたっぷり♪
                                  バルサミコクリームソースを添えて*

                     Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_23374344.jpg

だんな様のシモチャンも、ジョーたん君も 「Buonissimo!!」 といって24cmの大きさ、ペロッと平らげてしまいました。 わたしはちょっとだけ味見・・・ もっと食べたかった♪ 笑)
簡単で美味しい  "簡単ポテトパンケーキ" 、Pinguさん ありがとう・Grazie♡


ルクデビューは大成功♪ これからも精進いたします☆


    *************************************************
                     
                   
                 
                      そして、もう一つ嬉しいことが♬ 
               ♡ジョーたん君の、初めての乳歯が抜けたのです♡
a0058148_23483340.jpg
正直言って、母としては、あんまり手をたたいて大喜びするようなことではないのですが・・・
   本人が大喜びしているので・・・それを見ているとこちらまで嬉しくなってきちゃいます♪
子離れしなきゃ・・・★ と思う瞬間でした*

 

 
a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
        
[PR]
by mo1968 | 2006-06-20 23:52 | L'Antipasto
ドイツからの・・・
ドイツのミュンヘンに里帰りしていた友達が、昨日帰ってきました。

彼女には、5月に誕生日だったジョーたん君へのプレゼントも、随分前から買ってきてもらうように頼んでいました。 イタリアでは見つけられなかった商品です。 (隣の国なのにぃ・・・★)

ジョーたん君が唯一、日本の情報源としているJSTVという有料衛星日本語放送・・・

a0058148_22285550.jpg
そこには、NHKの 「ピタゴラスイッチ」 という数分の番組があって、♪ピタゴラスイッチ♬ という歌とともに 
   ↑この歌、一回頭に入るとなかなか離れてくれない^^)
「ピタゴラ装置」 と呼ばれる、からくりを小さなボールが走り回るのをいろんなバリエーションで見せてくれます。


ソレを作ろうと、せがまれるのですが・・・・ なかなか・・・
だって・・・・・・・・・・・「けいお~大学の研究室で作ってるんじゃな~い!!」 と叫びたくなる!! 

そこで、ネットでいろいろ調べていると、木のブロックでボールの道を作るおもちゃを発見♬
ドイツ製で、それならイタリアで買えないかと検索しても・・・ イタリアのネットショッピングはまだまだ日本の10年前の状態・・・( ▽|||)サー

なので友人に頼んで、ドイツに帰った時に、買ってきてもらうことにしていました。

          それが今日、我が家に到着したのです♪ ジョーたん君お待たせ♡
a0058148_22273814.jpg
               ドイツHape社Quadrillaという木製のおもちゃ。

もともと、このピタゴラ装置というのは、アメリカの漫画家ルーブ・ゴールドバーグが発案したルーブ・ゴールドバーグ・マシンのことを指すそうです。 ←といっても知りませんでしたが★
普通にすれば簡単にできることを、手の込んだからくりを多数用いて表現し、その複雑さを理解することによって、脳の成長を促す効果があるといわれているそうです。
特に、子供の脳の成長期に与えると、その効果は倍増♪
もちろん、大人にとっても脳の老化を遅らせる効果があるとか!

箱にだって、4歳~99歳 用のおもちゃと、しっかり書いてあります*

まあ、他の大人がハマルかどうかは、さておき、うちのシモチャンはハ・マ・ルと見たわたし♪
                            今日の夜、パッケージを開けるのが楽しみです♡



             **************************************
そして・・・
じつは・・・・・・
もう一品・・・・・・・・

あ~~~~~~~~~~~~、がまんできなかった♪
a0058148_2256304.jpg
とうとう、わたしも・・・・ 
ルク手に入れました~♪ 24cmのサイズ。 ひとまわり、皆さんのより大きいですが・・・*
ル・クルーゼ推進委員会会長Pinguさん ・ル・クルーゼ推進委員会副会長Mamecoroさん 笑) の影響を受け!! とうとうやってしまいました♪
これで、料理の幅が広がることを祈って♡

そして、Mamecoroちゃんのリベンジ、 Pingu会長の"簡単ポテトパンケーキ"でデビュー を果たしたいと思っています♪

その他、ル・クルーゼを使った料理をどんどん皆さんに教えていただきたいと思っていますので、どうぞよろしく よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゙  御指導お願いします☆


a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ヨーロッパ・ブログランキングに参加中、今日もポチッとお願いします☆

a0058148_18401996.gif
a0058148_1552357.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-06-19 23:07 | E.c.c