◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
イタリア食材「ベリッシモ...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
無漂白玄米のホタルイカレモン風味リゾット
春が来た♪
やっと春らしいお天気に。
ぐんぐん育ち始めている雑草の中から、ヌクッ♪ とひときわ背の高い雑草。 
田舎ならどこにでも見ることが出来ます。
a0058148_21192877.jpg
Erba Cipollina 野生の浅葱(あさつき)、なんでしょう…
私はこの香りをかぐと、春が来た♪ と感じます。

今日は魚料理に合うこれを使って、大好きなモチモチとした食感の玄米リゾットをつくろ♡

Risotto al profumo di Limone con Seppioline

a0058148_21324725.jpg材料は無漂白玄米とにんにく、ホタルイカ、カブ菜(菜の花)、レモン、浅葱。

にんにくを少量のオリーブオイルで香りを出し、きれいにしたホタルイカ、カブ菜を入れ炒める。 
ホタルイカの色が変わったら、白ワインを大匙1入れ、アルコールを抜く。
そこによく洗って水を切った玄米をいれ、色が変わるまで火を通す。 
そこにすでにブイヨンで作ったコンソメスープを3-4回に分けて、よく混ぜながら煮詰めていく。
コンソメスープの量は、具がヒタヒタニなる位まで入れ、煮詰めてはまた入れ…を繰り返す。 混ぜないと鍋の底でくっついてしまいます!
約15-20分で火が通ったところで、レモンを絞り、盛り付けて…小口切りにした浅葱を添え、生EXオリーブオイルかけて。

             Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_21535548.jpg

玄米は、白米より食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富で、今話題のギャバもなんと白米の20倍!(20mg) あるんですって☆ 

もうたくさんの方が御存知な、ギャバの薀蓄を検索してみると…
アミノ酸の一種。 
正式名称はγ-アミノ洛酸(Gamma-Amino Butyric Acid)で略して ギャバといわれています。

ギャバは脳の血流を活発にし脳細胞の代謝機能を促進します。また、延髄に作用して血圧を降下させます。更年期障害および自律神経障害にみられる精神症状やイライラを緩和します。さらに腎臓肝臓機能や肥満防止などにも効果があります。

ギャバは主に以下のような健康効果を期待されています。
・動脈硬化を抑えるa0058148_2291992.jpg
・更年期障害の改善
・イライラ、カリカリの緩和 
・血圧降下作用
・肝機能改善、向上
・精神安定
・肥満防止
・中性脂肪の増加抑制
・不眠や自律神経障害の改善
・アルツハイマー予防、改善
・生活習慣病の予防
という、ダイエットにまで効果がある優れた万病の薬みたいな物ですね♡ 
うちのだんな様のシモチャン、このごろおなかの辺りが気になるので…これを食べて少し痩せてもらいましょ♪ (人の事ばかり言ってられませんが…(--,))

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-30 21:06 | Il Primo
ムール貝のスープ ブラックペッパー風味
Cozze Pepate

a0058148_022180.jpg

お魚屋さんに顔を出すと、ガラスのショーケースの中に大きい粒ぞろいのムール貝が…
お昼に時間も迫ってるし、これで、スープにしよっと♪

買うとき必ず聞かれるのが、 「今日食べる?」。
すぐ食べるのであれば、バケツ型の洗濯機のような機械で、殻の表面を2-3分で綺麗にしてくれる、ザァーッ♪と。
きれいにした後はすぐ調理しないと死んでしまうらしい...

掃除してもらった後は、こんなに綺麗に↑☆
後は絡まっている、藻を引き抜くだけ。 なんて手抜きなんでしょう♥♡

にんにく一片とブラックペッパーをオリーブオイルで香りを出し、大きめのなべに洗ったムール貝を入れ、蓋をして6分ほど蒸すだけ。 
スープは、ムール貝自身から水分と塩分とが一緒に出てくるので、水や塩を加える必要はありません☆
これにトーストしたパンを下にひくか、一緒に添えて、

            Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_0354795.jpg

今日は二人分、1kgで作りましたが、スープが残ったときは…

◇◇◇大サービス、リサイクルメニューも用意しました♪◇◇◇

残りのスープとバターと小麦粉で、ベシャメルソースを作る要領でソースを作り、ポテトのFrittata ・ 玉子焼きに上からかけて、召し上がれ!!

ポテトのFrittataの作り方
ジャガイモを一口大に乱切りし、にんにくと一緒にオリーブオイルで炒める。 色が付き、火が通ったところで、少量の牛乳と削ったパルミジャーノを入れ、よーく泡立てた卵を、フライパンに入っているジャガイモが隠れる程度に流し入れ、蓋をし弱火で、5-6分。 蓋を開けてみて、表面の卵に火が通っていたら、裏面をさらに1分ほど焼いくとフッワフワのFrittataの出来上がり♪ 

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-30 00:58 | L'Antipasto
我が家は築600年の農家 その2    謎のワイン貯蔵庫
Casa del 1400

a0058148_21214279.jpg
Cantina Misteriosa
我が家の外ネコさま はく♀ と とらじ♂ がいるのは、イタリア語でCantinaと呼ばれる、ワイン貯蔵庫の前。

買った当時から古いものであることは言われていましたが、私の友人で Greve in Chianti に住まわれているJunkoさんのアーティストの御主人ALEに、
「もしかしてこれはエトルリア文明時代のTOMBA (墓場) かもしれない」 と… 言われてから、なんかとっても気になり…
確かに彼の言うとおり、近くに現在でも綺麗な水が湧き出す泉があるし、小さな丘の上の教会が在ったり… ALEの言うエトルリア文明の墓場の位置のセオリーに当てはまる☆

Junkoさんのブログによると、

エトルリア文明は紀元前8世紀から4世紀に興隆したローマ帝国以前の大文明です。現在のトスカーナ、ウンブリア地方がその中心です。最終的にはローマ帝国に併合されてしまいますが、かれらの持つ鉄や建築の技術がローマ帝国の後の繁栄に繋がっているとも言えます。
エトルリア人がどこから来たのか未だ解明されていませんが(一説には小アジア、またはロシアの方面など)、独自の文字と宗教を持ち、死後を重んじるエジプトと同じく古墳のような墓や人物を象った棺など残っており、現在でもその神秘性をうかがい知ることができます。

という謎の多い文明…

a0058148_21571465.jpg

それではCantinaの中へ、どうぞ…


階段を5段降りると…
そこには小さなスペース。
この小さなスペースで、私たちは近所の農家から買ってきたワインや、自分たちで作る極わずかな量のワインのボトルのコルク栓を、中ほどに小さく見える機械で閉めます。



a0058148_222155.jpg
そしてさらにその下には、粘土質の土を手彫りで掘った跡が確かに。
天井部分にはっきりと見えます。

a0058148_2224617.jpg







主にワインを寝かせておくためのワイン庫でも、我が家では野菜保存にも利用♡
理想的な保管状態で、いつも気温11 から15度、湿度70から75%位に保たれています。



この家を買ったときに、1940年代や1950年代の古いワインが中に残っていて、いまだに時々開けて楽しんでいます。 ただ、3本に2本は飲めない代物になっていますが、3本に一本は正に絶品。 あぁ、ここにいてよかった♥ という気持ちにさせてくれるワイン。

ただ、去年の11月から雨が多かったこともあって、Cantinaの中は水浸し。
Cantinaの上部は庭になっていますが、土を掘って出来ているため水が浸透してしまいます。
ただいまホースとポンプで吸い上げ中。 もう春になったし、雨の季節は終わりなはず…
a0058148_22392076.jpg

紀元前8世紀から4世紀の間に造られたものだとしたら、そう願いますが、時間の感覚が無くなってしまいそう... あの中の手彫りの創(キズ)が…
こうして私の好奇心はまた彷徨いはじめます♥

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-28 22:47 | La Mia Casa
アンティーチョークのスパゲッティ


Spaghetti ai Carciofi

a0058148_22161414.jpg

今朝もいつもと同じ月曜日、
ジムに行ってその帰り、八百屋さんでアンティーチョークを見つけて、メニュー決定♪
私の大好きなアンティーチョークのスパゲッティ♡

でもこれにするなら、素材の味を生かしてくれる、あのパスタが…必要。
みんなに教えたくない! でも教えてあげたい! ザザーン♪

a0058148_22232324.jpg

このパスタ♡
ブログ120種類のパスタに魅せられて のVietri社のパスタと同じ地方、南イタリアのカンパーニャ州で作られています。
残念ながら、私はVietri社のパスタは食べたことが無いのですが、ホームページでパスタの拡大写真を見ると、同じようなクオリティーの様子。


日本でも、このクオリティーの物が手に入るようになったんですね。 さすが食文化が発達している我が日本!!

美味しいパスタを手に入れるために、小さなBOTTEGA (商店) に行き、我が家へと♪

a0058148_22445981.jpg
にんにくをひとかけらごく少量のオリーブオイルで (覚えてますかぁ? ごく少量ですよぉ… 健康、ダイエットのため♡) 香りを出し、アンティーチョークは掃除をして薄切りにし、炒める。 
塩で味を調えて、パスタがアルデンテに茹で上がったところで、パスタの茹で汁を大匙2杯分くらいをアンティーチョークのほうへ足し、パスタをからめて出来上がり。

最後に、生のEXオリーブオイルをたっぷり上からかけて♡




                    Ecco, gia' fatto♪  ハイ、出来上がり♪
a0058148_2249952.jpg

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-27 22:50 | Il Primo
日曜日お昼
Il Pranzo della Domenica

a0058148_434533.jpgイタリアでは毎週週末の決まった日に家族全員で食事をする事が習慣になっていることが多いんです。 幸い(とつい言ってしまいます、根が素直なので…☆)、うちのだんな様の家族は習慣にはなっていません。 
それでも、月に1回はみんなで集まって食事会。 ほとんど、未亡人になって25年以上の義母の家でのお集まりが定番。

義母の家は、それはそれはもう 
     何でもカンデモ ピッカピカ☆

でも、みんなで集まって食事をするところは、ガレージを改装したイタリアでは「RUSTICO」と呼ばれる食堂。 そこは、20人ほどが座ることが出来る大きなテーブルがあり、キッチンも古い昔使っていたものを入れ、何をしても無礼講のスペース!

義母のお兄さん家族が久しぶりに遊びに来て、今日も総勢12名。

そういうときのメニューは、a0058148_43294.jpgラザニア










そして、お肉のバーベキュー。
a0058148_4364884.jpg
私の日本の家族では、友達が家に来て一緒に食事、ということはあるけれど、親戚が兄弟がみんな集まってというのは結婚式かお葬式くらい... 家族とのふれあいを大切にするイタリアの人達。 
正直に白状すると、たまには「面倒だなぁ」 という気持ちにもなるけれど、もし自分が年をとったときにこうやってみんなが集まってくれるのは楽しいだろうなぁ♡ と思うと、行かずにはいられないのが本音。 義母とも考え方の違いで、すれ違うこともあるけれど、きっと家族を思う気持ちは一緒なんだと思うと、ケンカする気にもなれないし…

それに、こうやって私がリクエストしたお菓子「CENCI」も作ってくれることだし、言葉では表現してくれないけど、行動で家族と認めていることを表現するところが彼女らしい…◇
a0058148_4502857.jpg
だんな様のシモチャンは義母の家から戻ると、いつも 「ありがとう」 といつも一言。 
その後に 「今日もまたお母さんのところに一緒に行ってくれて」 と後に付くのを私は知っている☆
それでも私は 「何が?」 と、彼の真意を知っているからこそわからない振り♪
でも その一言 私にとってはシモチャンの優しさを感じるときなのであります♡

人を思いやることって、そんな一言でも出来るんですね♥ 
ポジティブ人間、シモチャンからまた一つ学びました。

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-27 05:03 | L'Antipasto
我が家は築600年の農家 その1
La casa del 1400

我が家は、築600年と予測される長方形の建物で、典型的なトスカーナ様式の農家を改築した物。 1階に家畜を飼っていて、2階が住居だったそう。 
築600年… 気が遠くなります。
いったい何組の家族が、この家で生活をしたことがあるんだろう…? 
a0058148_23261843.jpg

私たちがこの家を買うことに決めた、2001年。
まだ、ユーロ通貨が設定される前のこと。  
★イタリアはこのイタリアリラ通貨からEU共通通貨ユーロ移行されたことによって、物価が2倍近くに跳ね上がりました。 大きな社会問題ですが、イタリアの要人たちはあまりこのことに触れません…★ まだ、がんばれば一軒家も買える時期だったんです。 今では、不動産の価格は当時の2倍以上。 (あの時期でなければ、買えなかった…)

それに、トスカーナはヨーロッパ中のお金持ちが、別荘としてフランスのプロヴァンスを買い荒らした後に目をつけ、注目を浴び、古い農家などはほとんど買いあらされてしっまっていました。ですから、古い農家を見つけるのは不可能!!という状況…

当時は、毎週末どこかへお出かけ。 出かけるたびに後でビックリするほど無駄使いして、後悔の連続。
そんな中 最初は軽い気持ちで、子供が生まれたことだし、今までいたAppartamento(日本のマンション)を売って、庭付きの普通の家 (古い農家ではなく) を買うことにして無駄使いをやめよう!! ということで、さっそく不動産屋へ。
何軒か見に行ってもなかなか気に入った物件は無く、条件に合うものがなかなか…
一番の条件はだんなさまシモチャンの会社から車で10分以内。 
(当時は、町から離れたところの一軒家で生活するのに多少の不安があったので、シモチャンが電話ですぐこれるところ、という意味で10分以内♪)

ある日曜日、不動産と待ち合わせてとある物件を見に行ったときのこと、
「今朝、知り合いが電話してきて、家を売りたいといっているんです。 ちょっと予算オーバーしてしまう物件ですが、途中にあるので寄って見てみませんか? 僕も確認したいことがあるので…」 
まあ、時間に追われている訳でも無いので、見に行くことに。

「ここです。」
といわれた瞬間、一目惚れ♪ 夢にまで見た古い農家!! しかも、シモチャンの会社からも町の中心地からも、車で5分以内♡ でも予算が…

家の中に入り、20年前に納屋に使われていたこの建物を改築した初老の夫婦に案内してもらい…そのとき心の中は
内装は、やはり手を加えなければいけないところはあるけど、コンディションは良好のよう。
シモチャンはどう思っているのかなぁー?と思いつつ、その家を後にしたとたん、
「どうする? 予算オーバーしてローン抱える覚悟ある???」 とシモチャン。
やっぱりおなじ事考えてたんだぁ…♡
運命、って言葉を信じます。 出会ってしまった♡
 
そうして…この家を手に入れましたが… まぁ、まぁ、手のかかること…

まず、家の中を改装して、今は満足行く程度に…
問題は、
(といえる状況ではありません)。 5000平米という日本の首都圏ではちょっと考えられない大きさですが、こちらでは建物が建てられない庭となる土地はとっても安いんです。
それにしても…もう少し小さくても十分だった… まだまだやることがたくさんある★うぅー。
5年経った今でも、5000平米中4000平米は放置状態。 出来るときにに少しずつ、なるべく自分たちでやっているので、進みが悪い悪い…
プールも♡と言っていましたが、いつに出来上がることやら…

a0058148_23374186.jpg


今日、土曜日もシモチャンは、作業用のAPEという3輪カーでいつものようにお仕事。

家ですることがありすぎて、よほどの用が無ければ土日は家で過ごすことがほとんど。





昔からの友達はいないし、日本のように便利な環境も無い。 たまには日曜日家族でゆっくり買い物とか行きたい!! 人種偏見のおかげで、ベビーシッターかお手伝いさんに間違えられる。 オリエンタルと見れば、全て中国人。 まだそれより少しましな人でも、日本の首都が 香港だと思っている人がいるような無教養な人が多い小さな田舎町で暮らすのは…もう、本当に…

それでもわたしは私で小さいながらも自分の畑を持ち、自分で育てた野菜の花を愛でるという贅沢を味わい、

a0058148_094794.jpg






←ルーコラの花








息子のジョーたん君はジョーたん君で、
a0058148_054129.jpg
a0058148_0544193.jpg
a0058148_055921.jpg

シモチャンにガレージで作ってもらったピストルでのびのびと遊んでいる姿を見ると、
悪い選択ではなかったかなぁ… と。
a0058148_5254282.jpg
大親友のSebastianoと♥

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-26 01:02 | La Mia Casa
アンチョビのマリネ ノンナ・ベッピーナ風
Acciughe alla Nonna Beppina

a0058148_1926161.jpg

みなさま 昨日は、お誕生日のお祝いをありがとうございました!!
Vi Voglio Tanto Tanto Bene eeeeeee!!
特に☆MさまMizutamaさまbuongustaiaさまserendipityさまvivre_largementさまarancia_1013さまアツコさまSatokoさま
お祝いのメッセージありがとうございました!!ブログを通してのお友達のお祝い嬉しっ♪
この場をお借りして、Grazie☆

さあ、現実に戻って…
お昼ごはんの準備!
といっても昨日の夜準備してあった、このアンチョビ…♪
だんな様のシモチャンのマンマに教えてもらったこのレシピ。 ちょっとだけ手を加えて私風にアレンジしましたが、目からウロコ! これがまた、白いご飯に合うんですぅー♪♪♪ お醤油をチョロッとかけて、お試しを!! 

材料は、フレッシュアンチョビと、にんにくとイタリアンパセリだけ。
調味料にお塩、EXオリーブオイルと白ワインヴィネガー。 前の晩に作っておくのがいいと思います☆

a0058148_19452995.jpg

アンチョビの頭とはらわたそして骨を取り除き、さっと冷水で洗いざるに上げ水気を取る。 ちなみに私は全部ハサミでチョキチョキと、豪快にやってしまいます。


a0058148_19531569.jpg


そして、ワインヴィネガーもしくはレモン汁がこのように⇒ヒタヒタになるくらいまで入れ、ラップをかけ一晩冷蔵庫の中へ!!
表面が白っぽくなっていれば、アンチョビは柔らかくなって食べごろ☆


a0058148_206112.jpg


ここで、ひと手間☆ 冷水でさっと洗って、水分をキッチンペーパーで取る。 ひと洗いすることで、すっぱさを抑え、味が落ち着くんです☆



a0058148_2014191.jpgにんにくとイタリアンパセリをみじん切りにして、お塩を加えたオイルでドレッシングを作る。
そして、ドレッシング、アンチョビ、ドレッシング、アンチョビと重ねていく。
食べる前、最低2時間はマリネしれてください。
見た目はきれいじゃないけど、重ねずに混ぜても全然OK☆

            Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-24 20:12 | L'Antipasto
フィレンツェ風りんごのタルト☆  ジョーたん君と作る、の巻
Torta di Mele alla Fiorentina

a0058148_2259894.jpg

りんごをたくさん近所の農家の方に頂きました。 
見た目は悪いし、傷はいっぱいあるけど、とっても美味しいりんご達... 
お菓子に向いている、甘味と酸味があるゴールデンという種類☆
そこで ジョーたん君と一緒に、クリームを使って無いのにとってもクリーミーなフィレンツェ風の Torta di Mele をつくりました。 ☆ ほんとう!美味 ☆

材料 23cm型
りんご 4-5個、 強力粉 150g、 砂糖 250g、 松の実 50g、 干しぶどう 100g、 バター 70g、 卵 3個、 牛乳 1/2カップ、 レモン 1個、 ベーキングパウダー 小さじ1、 塩少々

a0058148_23174887.jpgりんごを剥き(剥き方はお好きなように☆)、薄切りにし、切ったりんごの上からレモン一個分を絞る。



a0058148_23403042.jpg







⇒のように!? 計りで、材料を用意♪
柔らかく室温に戻したバターと砂糖を泡だて器で
よーく♪混ぜ合わせる。


a0058148_23462448.jpg
クリーム状になったら、小麦粉、卵、牛乳、ヴィンサント (デザートワイン) 少々、 塩ひとつまみ、レモンの皮をおろし金で削り、全てをバターと砂糖のボウルに入れて、さらによーく混ぜてください。




a0058148_23515138.jpg




ふわふわのクリーム状になったら、松の実と水で戻しておいた干しぶどうと、ヴィンサント、ベーキングパウダーを加えて混ぜる。
そしてお味見☆ ⇒


a0058148_23564829.jpgこんな感じになったら、型に入れ、りんごを上に並べ(二、三重になってOK)、前もって温めておいた180度のオーブンで約45分焼く。

a0058148_013625.jpg





☆空になった、ボウルの後片付けも忘れずに♪ ⇒
        ◇味見の顔も真剣、ん?◇






               Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
   甘い物にうるさいパパのシモチャンも、御満悦、 「Buonissima!!」 だって ♪ 
                 よかったネ、 ジョーたん君☆
a0058148_092927.jpg
シナモン好きの私としては、シナモンをいれたいっ...でもフィレンツェ風じゃなくなるし...♪

a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇  Un Click, Grazie!⇒
ブログランキングに参加中、今日もワンクリックお願いします☆

a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-22 23:29 | Il Dolce
生シラスのトマトスパゲッティ
Spaghetti con i bianchetti

今日からイタリアも暦では、春♪  でも小雨が降っています...
a0058148_22382562.jpg
今日は、Buongustaiaさんのレシピ◆ホタルイカと菜の花のリングイネ◆を作ろうと思い、魚屋さんに行ったところ、内陸部のフィレンツェではなかなか手に入らない生シラスを見つけました。
鮮度のいいうちに食べてしまいましょぉ♪

材料は、
生シラス、エシャロット、にんにく、トマト水煮缶、白ワイン
◇今日は、息子のジョーたん君も定期健診があって幼稚園を休んだので、3人分を用意。
生シラスは250gで作りましたが、十分でした◇

にんにくとエシャロットをみじん切りにして、オリーブオイルで炒める。 辛い物好きは、ここでぺペロンチーノを!!
色がついたところで、水洗いし、水切りした生シラスを加えオイルをからめ、シラスの色が白っぽくなったら、白ワインを豪快に♪ アルコールが飛んだところで、トマトを加え温めます。 塩で味を整えてください。 煮込んでしまわないように注意しながら、全体に火が通ったら、茹で上がったスパゲッティにからめてエクストラバージンオリーブオイルをかけて☆

★オリーブオイルを火を通さずに食べることをOlio crudo(生のオイル)を食べる、とイタリアでは言いますが、生のオイルダイエットをしている人にもお医者さんまで勧めている食べ物です。 その代わり、、火の通ったオイルはカロリーが高くなってしまうので、にんにく等を炒める際はごく少量のオイルで、最後に仕上げで生のオイルをかけてオリーブオイルの香りも楽しんでください★

a0058148_22511153.jpg
今日は特売だった、生シラス、1kg 19.50ユーロ (約2800円)、普段だと25ユーロ位します。 日本では幾らくらいだっか...?、思い出せません☆  

a0058148_23284388.jpg



Ecco, gia' fatto♪  ハイ、出来上がり♪
      Buon appetito♪   いただきまぁーす♪




a0058148_18403971.gif◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ Un Click, Grazie!⇒


a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-21 23:31 | Il Secondo
オーガニック大麦のリゾット
Risotto di Orzo biologico

a0058148_2227433.jpg
鉄分、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維が豊富な大麦を使ったヘルシーなリゾット☆
便秘予防 食欲増進 消化補助 健胃作用という作用があるそうです。
我が家では、この大麦のプチプチッ♪とした食感が大人気。 健康にもいいし、お通じの悪い息子のジョーたん君にもいいし、よく作るメニューです。
最近のヘルシーブームで、フィレンツェのトラットリアでもよく見かけるようになりました。
夏には、夏バージョンがあるのですが、またその時期になったらUpしますので、楽しみにしていてください♪

a0058148_22375576.jpg
材料は大麦、ポロねぎ、にんじん、セロリの葉の部分、たまねぎ、ホワイトマッシュルーム(他のきのこでも、無くても可)、にんにく、イタリアンパセリそして、野菜のスープまたは固形のスープを溶かしたものを用意しておく。
いつものよう、簡単にそろうものばかり☆
a0058148_22415334.jpg
このように材料を小さくカットして、つぶしたにんにくをオリーブオイルで色をつける。 色がつき始めたところで、カットした素材を全て入れ、しんなりするまで炒める。
そこに、汚れを落とすために洗っておいた大麦 (イタリアのお米はリゾットにする際、絶対洗いませんが、大麦は雑穀なので必ず水洗いしてください!) を入れ、3分ほど更に炒める。
大麦にオリーブオイルがしみたところで、スープをヒタヒタニなるくらいまで入れ、蓋をして弱火で10分放置。 10分後、スープが足りないようであればスープを足して、もう10分。
◆お米のリゾットではないので、スープを何回にも分けて入れることなく蒸らして大麦に火を通すので蓋は必ず忘れないで◆

生ホワイトマッシュルーム (をのせるのはきのこ好きの私の勝手なアレンジです♪)  とイタリアンパセリを盛り、エクストラヴァージンオリーブオイルとブラックペッパーをかけて。

Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪


a0058148_2335697.jpg今日は、一緒にCaciocavallo Affumicato カーショカヴァッロという燻製チーズ⇒を、prosciutto 生ハムで巻いてグリルしたものを隣に添え、お皿に盛りました☆

a0058148_23495012.jpg











P.S.: serendipityさんとbuongustaiaさんに手抜き料理では無いみたい! という私としては嬉しい御指摘♪ でも、本当に手抜きなんです! ブレンダーでザーッとするとか、無精者なので、大きな買い物は節約も兼ねて1週間に1回、と決めているし... 
そんな、簡単手抜き料理なので、ぜひ作ってみてください♪
a0058148_18403971.gif


a0058148_18401996.gif
[PR]
by mo1968 | 2006-03-20 23:09 | Il Secondo