◇ トスカーナな日々 ◇              トスカーナからMOがお届けする **おうちごはん&お外ごはん** **イタリアン・カントリーライフ**
by mo1968
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 :::参加しているランキングです:::
ポチッ☆としてくださったらうれしいです
        ^-^♪
Blog Ranking

くる天 ブログランキング


    :::お気に入りHP:::

無添加トリフ製品がここで買えます♪
Rossa Passione

イラストレーターMameちゃんのHP♪
まめよし

ChihoさんのFirenze旅情報HP♪
La Casa Mia



    :::Giappone:::
■Baci da NONNA-イタリア知恵袋■
キッチン大好き 本館 
キッチン大好き レシピ館
ハスキーのイタリア散歩道
KICHI-KITCHEN
十一郎10歳
のびたけおブログ
かよさんの日記~ちゃお!
イタリアマニアの気になることは?
横須賀Life
Anatra Mandarina
すべての道はローマに通じるのか?!
のんびり生活
生きのびましょ
ひびの暮らばやし
D☆D大好き!
Doctor's Cafe
午後のお茶会
"Gattoparda"のサロン
    :::Itaia:::
カップチーノを飲みながら
自転車娘フィレンツェを行く
Ciccia ricciaのイタリア
きっこ式イタリアdall' A alla Z
伊・独・私の三角関係
MIKAのBLOG Dolcissima Vita
にんにくローマ
La Dolce Vita
日々の小さな幸せ
〟☆...Bel fior di Loto...☆″
『5月のうた』という名のレストラン
    :::Inghilterra:::
***My things...***
    :::Francia:::
マルセイユ食堂 chez FUJIMARU
    :::Spagna:::
オリーブのALMERIA脱出
    :::Germania:::
いいことあるよ!@ドイツ
    :::Austria:::
愛・祈り・そして音楽
Fantasy Mari Kurata
    :::Stati Uniti:::
SMILE CAFE ららら
"everyday italian" in Japanese♪
    ::::Thailandia:::
Cookie's diary




記事と関係ないリンク・TBは
   即! 削除させていただきます。
攻撃的なコメントも、即!!削除します。
あしからず ^^



写真の無断使用はお断りします。
Copyright(c)2005-2008
     Mo All rights reserved




*La Vita Toscana*
      English Here

          



美食結社WONDERKITCHEN






フォロー中のブログ
ほんの日常(北イタリアにて)
♪♪♪yuricoz c...
gyuのバルセロナ便り ...
Bellissimo S...
空*食~くうくう~
ルーマニアへ行こう! L...
NEWS of My Life
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
暮らしの模様がえ
◆ Mamma ho f...
つれづれなるままに
つれづれなるままに
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
きままなクラウディア
photo-column...
食いしん坊の日記
幸せの味探し
Caccolina日記
オリーヴオイルを追いかけて
Afternoon Cafe
塵も積もれば山となる
パンダ通信
子育てinニュージーラン...
KazのNY庭生活
まめころりやおき
新パンダごはんの窓
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
月桂樹~Laurus-n...
ワルツな日々
代官山だより♪
Salt and Pepper
Non c'e` male
ロッタのひなたぼっこ
 ボンと ピッピと Da...
Yukiの部屋*Bonj...
食卓の風・・・
paris-kyoto ...
イギリスその日暮らし。
楽子の小さなことが楽しい毎日
What's going...
ロボコップの水彩画・我廊です
now and then
オリーブとブドウ畑のあいだで
ギターと写真で息抜きです
ふとした一言が英語で言え...
パッチワークな日々
ミズタマ模様
てっチャリ
*イタリア料理紀行
イタリア家庭生活
トスカーナ 「進行中」 ...
シチリア時間Blog
London Calli...
フィレンツェ田舎生活便り2
**銀飾屋カプリス**
KazのNY庭生活 2
暮らしのエッセンス   ...
Le Perline ビ...
麦畑のむこう
時々つばらつばら
パリの我が家
Life can be ...
おいしい田舎から...d...
Piano piano-...
桃青窯696
mitate magazine
デザインのおやつ
Wild Flower ...
ラグーザに流れるもの
blog da LUCIANO
北イタリア自然派生活
tama &sciarp...
イタリア嫁入り日記 Pi...
☆ Bueno Gust...
flavor of my...
海外出張-喜怒哀楽-
リトルリーガー日記
KICHI,KITCHEN 2
オンナの力コブ。
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
最新のトラックバック
ストレス解消法
from mitate magazine
パンチェッタ・アフミカー..
from イタリア料理紀行 dal ガ..
オリーブオイルソムリエ
from イタリア料理紀行 dal G..
■ イタリアワイン と ..
from ■ Baci da NONN..
くるまえび(車海老)クル..
from ブログでCookin'!(料..
イタリア大好き♪「イタリ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Il Primo( 99 )
おなべひとつで♪ホタテのクリームスープ

あ~、せっかく投稿したレシピ・・・・
全部消えてしまいました!
再度トライ・・・・^~^; 消えないことを願うばかりです!!!



今日は、雨模様のトスカーナ。
改築工事も当然のごとく来週に延期・・・
Permesso・許可書が一枚が不足していて、工事に手を付けることが出来ません 泣)

こんなじめじめした天気と、じめじめとした気分を、温かいスープで温めることにしましょ~*
おなべ一つで作る、簡単・美味しい クリームスープです♪


La Crema di Capezante

材料3-4人分
ホタテ6-8個・ ジャガイモ大1個・ たまねぎ小1個・ にんじん1/2本・ バター大匙1・ 牛乳800ml・ イタリアンパセリ少々

たまねぎ・にんじんのみじん切りをバターで焦げが少しつくくらいまで炒めます。(ここ、けっこう重要ポイントです)
ジャガイモを加え、ひたひたに具が隠れるくらいまでの水を加えて煮込みます。
ジャガイモが柔らかくなったら、ブレンダー(バーミックス・ミキサー)でピュレ状にします。
一口大にカットしたホタテを加え、5分ほど中火にかけ、ホタテのエキスをスープに出します。
牛乳を加え、塩で味を調え、沸騰させないようにスープを温めます。
イタリアンパセリのみじん切りを加えて・・・


                      Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_12717100.jpg
ホタテの甘味が凝縮した、スープの出来上がり♪
凝り性のジョーたん君のお気に入り♥
「明日もまた作ってね♪」 と言われましたが・・・・  毎日同じメニューはねぇ・・・・^~^;




気に入って下さったら、クリック⇒お願いします♥ Grazie☆人気Blogランキング・Blog Ranking
[PR]
by mo1968 | 2008-06-06 01:29 | Il Primo
カルチョッフィと生ハムのパスタ♪


我が家のOrto・畑のカルチョッフィ・・・
これでもかぁ~* というくらいたくさんの実をつけています (*^-^*)

いろいろと調理法を変えて、毎日のように食卓に登場♪

今日は、アイロンがけをしているときに何気なくつけたTV(Rai Uno^^)で、カルチョッフィを使った美味しそうなレシピを紹介していたので早速作ってみることにしました。



Le Penne con Carciofi e Prosciutto Crudo

材料3人分
たまねぎ1/2個・ カルチョッフィ(アンティーチョーク)2-3個・ 生ハム3切れ・ オレガノ少々・ 小麦粉小さじ1・ 白ワイン100cc・ パルメザンチーズ適量・ レモン1切れ

カルチョッフィは、1cm角にカットして、レモン水に浸した後、水を切っておきます。
たまねぎをみじん切りにして、オリーブオイル大匙1で透明になるまで炒めます。
カルチョッフィを加え、しんなりするまで炒め、小麦粉を加えさらに2分ほど炒めます。
白ワインを加え、よくかき混ぜながらクリーム状になるまで、弱火で10分ほど煮込みます。
火を止めて、オレガノを加え、細長くカットした生ハムを加えてソースになじませます。
アル・デンテに茹で上げたパスタをソースにしっかりと混ぜ、パルメザンチーズをたっぷりかけてください。


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_1834117.jpg
フレッシュなカルチョッフィが手に入らない場合でも、冷凍のカルチョッフィ・オイル漬のカルチョッフィなどを利用しても美味しく出来そうですね♪
・・・といっても日本では、冷凍のカルチョッフィって・・・手に入るのかなぁ????

カルチョッフィ・アンティーチョーク・アンティチョークのほかのレシピも・・・よかったらご覧ください(*^-^*)
↓レシピ名クリックで、レシピにリンクします。
白いんげんとカルチョッフィのサラダ仕立て
カルチョフィとバジルのパスタ
カルチョッフィのグリル*
アンティーチョークのカルパッチョ*
カルチョッフィのスパゲッティ *バーニャカウダ*風味
アンティーチョークのスパゲッティ などなど・・・

楽しい週末をお過ごしください♪




気に入って下さったら、クリック⇒お願いします♥ Grazie☆人気Blogランキング・Blog Ranking
[PR]
by mo1968 | 2008-05-16 18:56 | Il Primo
からすみのスパゲッティ*


いつもお世話になっているお魚屋さんで、「小さいけど、サルデニア産のいいからすみが入ったよ♪」 と言われ、買わないはずが無いわたし・・・
台湾生まれのわたしは、からすみに目がないんですから・・・・笑)
a0058148_16361050.jpg


台湾では「烏魚子・オーヒーチー」と呼ばれ、薄皮をはがして酒を塗り、軽く火で表面を炙って、薄切りにして、薄切りにした大根と一緒に食べます。
所謂、オードブル・・・酒の肴なんでしょう・・・♥
幼かった頃のわたしは、からすみをほぐしたものとお醤油と焼き海苔をご飯にかけ、「からすみご飯」にして食べていた記憶が・・・笑)

三つ子の魂百まで・・・ですね☆


イタリアでは、からすみを 「Bottarga・ボッタルガ」 と言いますが、語源はアラブ語の 「Butarikh (بطارخ)」 塩漬けの魚の卵 が由来していると言う説があるようです。
この事からわかるように、からすみは古くからギリシャ・エジプト・アラブで、塩漬けにして食膳に上がっていたようです。 なんとも贅沢な・・・・♥
どんな食べ方をしていたのかまでは、記されていませんが、調べて見る価値はありそうです ^-^♪



Gli Spaghetti alla Bottarga

材料 からすみ・ バター・ EVオリーヴオイル・ バジリコの葉

からすみは、薄皮を剥がずにそのまま表面をお酒かワインできれいにふき取ります。
バターは、一人分ずつ(5gくらい)カットしておきます。
バジリコの葉は洗って、水分を切っておきます。
スパゲッティをアル・デンテに茹で上げ、よくお湯を切り、熱いうちにお皿に盛り付け、EVオリーヴオイルを回しがけして、バターを中心部にのせます。
手早く、からすみをパルメザンチーズを削る要領で、Grattugia・チーズ削りの目の粗い部分でパスタの上に適量を削り落とします。
からすみは、削る間に、薄皮が自然と剥がれて、からすみ側に付いたまま残るので、一緒に削り取ってしまう心配はありません^^。
最後にバジリコの葉を添えて・・・・
 


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_16522068.jpg
素材の美味しさだけで頂く、このスパゲッティ・・・
あとは、手早く ササッ☆ っと準備すれば、最高の一品となります。



  気に入って下さったら、ワン・クリック♪お願いします♥ ☆人気Blogランキング・Blog Ranking
[PR]
by mo1968 | 2008-04-22 16:56 | Il Primo
え、餃子?


ジョーたん君を朝8時に学校へ送ってから、ジョーたんのクラスメイトのママ達と、近くのBarで朝のEspresso・エスプレッソ。 (日々の情報交換はここで行われます 笑)
そして、いつものCoop・スーパーマーケットへお買い物。

そこで目にしたものは・・・(*^-^*)/
a0058148_196513.jpg

                   「え??? もしかして餃子???? ♥♥♥」 ←ドキドキッ♥

って思わせるものを発見!
パスタの皮の閉じた部分の*ひだひだ*が、餃子の雰囲気を醸し出しています♥
よく見てみると、 Ravioli Sardi・サルデニア産のラビオリ って・・・
しかも Gusto/Finghi Porcini・ポルチーニ茸味 と・・・ある・・・・
これはこれは・・・♥  ラビオリ・きのこ類が大好きなジョーたん君が、喜びそう♪

早速購入して、パッケージにあったレシピに沿って作ってみました。 
                              (レシピってほどのものではないのですが・・・笑)



Ravioli Sardi al Burro di Salvia


材料 ラビオリ・ バター・ サルビア 以上! 笑)

ラビオリを茹であげます。
バターを溶かして、サルビアを入れて1分くらい火にかけ風味を出しサルビアバターにします。
ラビオリをサルビアバターにからめ、フレッシュサルビアを飾り付けます。


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_19223192.jpg
ラビオリの中身は、もちろん通常のラビオリのようにポテト・ベース。
Ingridienti・原材料から想像すると・・・ジャガイモをマッシュして、生クリームでポルチーニ茸のソースを作ったものを混ぜ合わせる。 ・・・かな?^-^?
材料は至ってシンプルですね~*

そのうち・・・作ってみようかなぁ・・・・♥ いつになるかなぁ・・・笑


追記 4月13日
南イタリア料理を家庭でささっと作ってしまうBuongustaiaさんが、このラビオリが日本で食べれるレストランを教えてくださいました・・オホホッ♥
渋谷にある サルデニア料理・タロス
新鮮なお魚や季節の野菜をふんだんに使ったサルデニア料理を、提供してくれるそうです。
私も、オープンしたてのときに伺ったのですが、カフェを頂いただけで、お食事は頂きませんでしたので・・・
次回の帰国時には、ぜひお食事をさせていただきたいと思っています♪
あっ、イタリアのBar感覚で、Espresso・エスプレッソだけをカウンターで頂ことも出来るのも♥最高です♪


南イタリア サルデニア料理 タロス
渋谷区道玄坂1-5-2
渋谷セーデビル1F
03-5489-8989

                           ☆人気Blogランキング・Blog Ranking
[PR]
by mo1968 | 2008-04-10 19:36 | Il Primo
外科医・男のパスタ♪


ジョーたん君の仲良しAlessandro・アレッサンドロのお父さんは、外科医。
毎日、ハードな手術スケジュールをこなし、家に帰ってくるとグッタリしてしまうとか・・・・(u_u*)

彼の、ストレス解消法は・・・ 「料理♪」

この日も、新鮮な魚介類が手に入ったので、この家族と一緒に食べようと思い電話したところ・・・
「あー、今日は帰りが早いから、僕が作るよ! 7時に行くから、魚介類の下準備だけしておいて!! じゃ、後で!」 ・・・って ^^ 

彼の料理の腕は、プロ級。
「男の料理」 の、ワイルドさと繊細さを兼ね備えて・・・
「女」の私には真似できない、なんとも説明しがたい 「凄み」 があるんです。

7時に我が家に着いた彼は、なんと既に自宅でパスタの生地を用意してきて、
「あ、これ冷蔵庫で休ませておいて!」 と・・・・(あっぱれ♪ です・・・^^)

あっという間に、海老・オマール海老・エシャロット・にんじん・セロリ・トマトでパスタソースを作り上げ、フレッシュパスタを慣れた手つきで打っていきます。
a0058148_16582847.jpg
Toscano・トスカーノという葉巻をくわえながら (火は、ついていません・・・ご安心を! 笑) 打つパスタ・・・
いやぁ~、なんとも ワイルド です♪ 
a0058148_1711729.jpg
手際よく伸ばして、カットできる状態にあっという間になりました。 
私の場合、この作業・・・パスタマシーンで時間をかけてする肯定なのですが・・・ (さすがです・・・^^;)
a0058148_1752575.jpg
外科医の、この繊細な包丁さばき! 笑) あっという間に、フレッシュパスタの出来上がり♪ (完敗です・・・^^lll)

フレッシュパスタをたっぷりのお湯で茹であげて、海老のトマトソースをたっぷりかけて・・・


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_1712885.jpg
        ↑Pasta Frascaと書き込んでしまいましたが・・・ Pasta Frescaの間違いです^~^; おはずかシィ・・・       
わぁーーー♪
これはこれは・・・・♥
なかなかレストランでも味わえない、やさしくて底力のある味の海老のソースにフレッシュパスタ。
うん、「男の料理」はやっぱりいいものだ! と心底感じた瞬間でした♥ 
 

そして・・・
                 Buona pasqua a tutti!!! Happy Easter!!!


                              ☆人気Blogランキング・Blog Ranking
[PR]
by mo1968 | 2008-03-21 17:21 | Il Primo
季節野菜で、簡単パスタ♪

この時期の私の大好きな野菜が、この ラディッキョ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ Radiccho Rosso di Treviso♪
a0058148_1284527.jpg

このラディッキョには、Tardivo・タルディーヴォ(晩生種)とPrecoce・プレコーチェ(早生種)という2種があります。 ほのかな苦味の有る、ちょっと子供には苦手な大人向きの野菜です。
IGP(保護指定地域表示)の指定を受けている野菜で、Fiore di Inverno・冬の花 とも呼ばれ、生産には厳しい条件がつけられています。
今日、ご紹介するのは、葉がすらっと細長いTardivo・タルディーヴォの方。
フレッシュでサラダにしてももちろんいただけますが、火を加えることによって甘味を増し、一味違った味で楽しみます♪ (これなら、子供にだって大丈夫 ^-^*)



L'Elicoidale al Radicchio Rosso e Caviale

材料2人分 ラディッキョ1束・ 海草キャビア(海ぶどう)・ トリフバターもしくは普通のバター大匙1

ラディッキョを洗い、水分を残したまま縦に2等分して、切り口を上にして油をひかないフライパンで中火で焼きます。
3分経った時点で、裏返しにして更に3分焼き、軽く塩をし、EVオリーヴオイルをかけます。
a0058148_1595466.jpg
このくらい↑しっとりしたらまな板に取り出し、1cmほどにカットしてください。
パスタ(今回は、GarofaloのElicoidaleというショートパスタを使いました)をアル・デンテに茹で上げ、トリフバター(もしくはバター)・ラディッキョ・キャビアをアツアツのうちによく混ぜて、最後にEVオリーヴオイルを上からたらしてください♪


                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_291253.jpg


フライパンで、焦げ目が付くくらいまで焼くことによって、甘味を増すラディッキョ・ロッソ。
通常は、Secondo Piatto・メインディッシュのContorno・サイドディッシュとしてこの焼きラディッキョを楽しみますが、パスタに和えて食べるのも、パスタ派の我が家はお気に入りです。

そしてそして・・・・
イタリアのスーパーでも簡単に手に入る・・・・この偽キャビア!
Cavi-Artというネーミングで売られています。
コレステロール・フリーなので、健康にはいいのでしょうけど・・・・
やっぱりあの本物の味の深みは、全く感じられません。 
でも、いくら・たらこ系のものに餓えている私にとっては、これでも嬉しい食感! それに・・・安いしねッ☆


今日から、やっとジョーたん君が学校へ復帰。
今年のインフルエンザには、本当に痛めつけられました・・・・・^~^;
とりあえず、一安心です。

たくさんのお見舞いコメント、ありがとうございました (*^-^*)/
[PR]
by mo1968 | 2008-02-27 02:24 | Il Primo
Bolgが書けない理由・・・インゲン豆のスープ*


イタリアの医療は、基本的には無料。 
薬も、病気のカテゴリーによっては、無料なものも多くあります。
外国人にも、滞在許可書を元に Documento per l'assistenza sanitaria いわゆる日本で言うところの健康保険証のようなものが交付されます。
そこには、主治医の名前が記されていて(主治医を自分で選ぶことも可能)、何をするにもその主治医の「一筆」がないと、レントゲン検査のようなものまでも無料で受けることができません。
ただ、無料の特別な医療を受ける場合は、よっぽど有力な知り合いが仲介しない限り、3ヶ月、4ヶ月待たされるのは当たり前・・・・
病気もどんどん悪くなってしまうような、気の遠くなる話です。

すぐに、診療してほしい場合は、もちろん「有料」の病院にいけばすぐに予約も取れるシステム。
どこの国でも、結局こういう現実があるのが実状のようです。


わたしとジョーたん君、先週の金曜日から高熱を伴うインフルエンザにかかってしまいました。
ジョーたん君は、39.5℃まで熱が上がりとってもつらそう・・・
そこで、もちろんジョーたん君の主治医に往診してもらおうと電話したところ・・・

「あ、明日になったらきっとのどが痛くなって、咳が出るようになりますよ。 後5日は安静にしていれば治ります。 薬はTachipirina(解熱剤)を飲んでください。 はい、それではお大事に・・・!」

って・・・・・ ^~^;

日本のお医者さんだったら、抗生物質に風邪薬、咽の薬にビタミン剤等々、処方してくれるはずなのに・・・
やっぱり、ここはイタリアです。 (ρ゚∩゚) グスン

というわけで、ここはMammaの出番♪
体が温まり栄養の有る*パワースープ♪*で、状況を奪回するしか・・・無いようです。 (*^-^*)/




Zuppa di Fagioli


材料 
白いんげん豆の水煮缶詰1缶・ たまねぎ小1個・ にんにく1片・ トマトペースト大匙1・ ローズマリー/セージ少々

いんげん豆の水煮の半量をペースト状に濾しておきます。(面倒なときはブレンダーでザーッとしてください)
たまねぎの千切りと軽く潰したにんにくを、大匙1のオリーブオイルでしんなりするまで炒めます。
ローズマリー・セージの細切れを加え、香りだしのため軽く1分ほどさらに炒めます。
いんげん豆の粒状のものと、ペースト状のもの、そして水1L・トマトペーストを加え、弱火で30分ほど煮込んでください。
塩で味を調えて・・・最後にEVオリーブオイルをたっぷりかけてください♪


                   Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_23141261.jpg
これに、ショートパスタを加えて一緒に煮込んだものもとってもおいしいです♪
残ってしまったときは、パスタを加えてボリュームUPさせるエコ・クッキングで2度楽しんでください(*^-^*)

P.S.:
あ~、久しぶりのBlogの更新・・・結構、体力消耗してしまいました・・・^~^;
ベットへ、逆戻りしまぁーす!
東京は雪が降ったとか・・・・皆様も、お風邪など召しませんように・・・・♥

[PR]
by mo1968 | 2008-02-06 23:21 | Il Primo
*最高級とよばれる・・・黒トリフ*とアンチョビのスパゲッティ
a0058148_20175912.jpg
久しぶりの「レシピ」は・・・・
やっぱり、コレ♪ トリフでしょう♥

実はこのノルチアの黒トリフの存在は、トリフ狩り集団のボスである友人に出会うまで、口にしたことがなかった、イタリアの黒トリフの中でも最高級品。
クリスマスの時期には、イタリアのレストラン卸価格で大粒の最良品の値段が1kg/6500ユーロ(100万円以上!!)にまで達してしまったという、まさに最高級品!
(特に今年は、白トリフが不作だったので、この黒トリフに日の目が当たり、値段が通年よりも上がってしまったという裏話もあるのですが・・・)

このトリフ。
イタリアの高級レストランからは、注文が集中して、納品が100%できなかったくらい需要のあるトリフ。

ただ・・・・
トリフ慣れしていない私たちにとっては、ちょっともったいない食べ方をしなくてはならないのです。
というのも、ほかのトリフと違い、火を通して食すのがセオリー。

高級トリフといえば、フレッシュトリフをトリフカッターでガッガッ*と豪快に削り、頂くのが最高の贅沢のように思っていた当時の私の目からもうろこ! でした。




Gli Spaghetti al Tarfuro Nero di Norcia

材料 オイル付けのアンチョビ・ にんにく・ ノルチア黒トリフ

アンチョビを細かくたたき、にんにくの細切れと一緒にオリーブオイルで軽く弱火でいためます。
そこに、ノルチアの黒トリフの極細短冊切りを加え、4~5分弱火で香りを出します。
アル・デンテに茹で上げたスパゲッティに絡めながら、塩で味を調えます。
お皿に盛ってから、フレッシュ・EVオリーブオイルをたっぷりかけて・・・



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_22381973.jpg
「Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪」 も久しぶりで・・・・ 笑)
ずいぶんご無沙汰してしまったことを実感しました ^~^;


ところで、もちろん日本では、このフレッシュ・トリフを手に入れることはなかなか大変なことだと思います。
が・・・・・・
もう、皆さんもご存知だと思いますけど、 ◆Mamma ho fame!!◆の Buongustaiaさんが運営するネットショッピング Rossa Passione (青い文字クリックでリンクします♪) で扱っていらっしゃるタルトゥファータをフレッシュトリフの代用にしても最高においしい、シンプルで香り高い逸品が楽しめます♪
[PR]
by mo1968 | 2008-01-15 22:48 | Il Primo
海老とズッキーネのスパゲッティ *タイム風味*


ハーブの中でも、なかなか使いこなすのが難しい 「タイム」。
香りが結構強いので、使用量も気をつけないと Troppo!・多過ぎ!! になってしまうことも・・・
a0058148_5243375.jpg


でも、デトックス (Detox) として、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法が有効と認識され始め、日本でも使われることが多くなってきたのではないでしょうか?。


でも・・・
ヨーロッパではギリシャ神話にだって、登場してきます。

ギリシャ神話に登場する、かの「スパルタ王」の王妃へレーネは、あまりの美しさの故、全ての男性を惑わせて、トロイア戦争を引き起こし、たくさんの涙を流した、とされています。
その彼女の涙が流れ落ちた場所から、生えてきたのがタイムといわれる伝説があります。

そして・・・
中世に於いては、旅や修行や戦いに出発する恋人や夫を見送る際に、一枝のタイムとミツバチの刺繍の施された白いシルクの布を持たせたとか。
タイムといえば、「勇気・行動力」の象徴でもあり、「タイムの香りがする」とは男性に対する最高の褒め言葉だったようです。
殺菌効果を利用して肉・魚料理に加えると食中毒予防の効果があるため、中世の都市でペストが大流行した際には、タイムを始めたくさんのハーブが大活躍したそうです。


そんなタイムのたくましくって、スガスガシクッテ、でも優雅なその香りが大好きです。
今日は、私の作る 「おうちごはん」 にもその力を貸してもらいましょ~* (*^-^*)



Gli Spaghetti con Gamberi e Zucchine al Profumo di Timo


材料 海老・ズッキーネ・にんにく・タイム(ドライでもOK)・粒コショウ・オリーブオイル・白ワイン 各適量


海老は、皮を剥き、背わたを取って一口大に切って、にんにくのみじん切り・オリーブオイル大匙2と一緒に和えておきます。
パスタを茹でる間に、小さいダイス状にカットしたズッキーネを一緒に茹でます。
海老をさっと軽くフライパンで色が変わるくらい炒め、白ワイン大匙2を加え、強火でアルコール分を飛ばし、タイムを細かく砕いたものをほんの少し加えます。
パスタが茹で上がったら、海老のソースと一緒によく和えます。
最後に、一筋のEVオリーブオイルを♪



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_5153879.jpg

この、不思議な香り・・・
食べ慣れるまでは、なんだか香りにばかり気を取られて、味わうことができなかったけど、ちゃんと味がある・・・と判ってから、病み付き♥
リゾットにもよく合うし、お魚料理にも、お肉料理にも・・・万能ハーブです♪






ランキングに参加しています♥ 
ポチッ☆っと、クリック♪ ありがとうございます (*^-^*)/  
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-10-24 05:20 | Il Primo
黒トリフとカリフラワーのスパゲッティ



9月ごろの予報では・・・
「2007年の白トリフは大量」 と予測されていました。

10月に入って、本格的な白トリフのシーズンになりましたが、どうやら・・・不作のようです。
あったとしても、とんでもない値段がついていて、そしてクオリティーが相当悲惨なものだとか・・・

ただ、幸いなことに、まだ黒トリフが取れるので、イタリアの市場では黒トリフが大活躍しているようです。
「白トリフ」・・・今年は少し待たなくってはいけないようです。 
Non mi fare patire!!!! (*^-^*)/




Gli Spaghetti al Cavolofiore e Tartufo Nero Fresco


材料2人分 カリフラワー1/4個・ EVオリーブオイル・ バター10g・ フレッシュ黒トリフ1個


カリフラワーは、よく洗い、小さくカットしておきます。
パスタを茹で始める10分ほど前から、塩を加えたパスタ鍋でカリフラワーを煮込みます。
10分後、カリフラワーと一緒にパスタを入れ、パスタを茹で上げ、お湯を切ります。
パスタ鍋にパスタを戻し、バターでよく絡めてください。 塩加減をここで調節してください。
お皿にパスタを盛り、EVオリーブオイル、黒トリフをカットして・・・



                    Ecco, gia' fatto♪ ハイ、出来上がり♪
a0058148_21192937.jpg







ランキングに参加しています♥ 
ポチッ☆っと、クリック♪ ありがとうございます (*^-^*)/  
     1ポチッ☆レシピブログランキング・Recipe-Blog Ranking☆                
     2ポチッ☆人気Blogランキング・Blog Ranking☆   
[PR]
by mo1968 | 2007-10-10 21:19 | Il Primo